MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
鮨あさづま(寿司/目白)|駅徒歩2分♪一級品の魚で握る寿司は絶品!コース料理がオススメ!

鮨あさづま(寿司/目白)|駅徒歩2分♪一級品の魚で握る寿司は絶品!コース料理がオススメ!

『ザ・リッツ・カールトン東京』の寿司店で料理長としてカウンターに立ち、国内外の客の舌を喜ばせてきた店主・朝妻さん。30年以上培った江戸前の技をさらに探求するため昨年11月に独立した。

perm_media 《画像ギャラリー》鮨あさづま(寿司/目白)|駅徒歩2分♪一級品の魚で握る寿司は絶品!コース料理がオススメ!の画像をチェック! navigate_next

鮨あさづま(最寄駅:目白駅)

江戸前握りと洗練された料理のお値打ちコース

魚は築地で選んだ一級品。粒感が心地いい北海道産ななつぼしを米酢で切った、おだやかな酸味のシャリがネタの風味をさりげなく引き立てる。まずは前菜や焼き物、煮物などを盛り込んだコースを。完成度の高い料理の数々は〆の握りへの期待をいっそう高めてくれる。

撫子(お椀、前菜、刺身、穴子、小肌、秋刀魚、漬け、コチ、中トロ、カンピョウ巻、煮物、焼き物、デザート)
6480円

前菜はアジの唐揚げと小松菜と油揚げのおひたし。盛りだくさんな刺身はカツオ、〆サバ、ヒラメ、エンガワが付く。焼き物はサンマのキモ醤油焼きで、身に絡んだ腹ワタのほろ苦さが酒のアテにぴったり。煮物は上品なダシを利かせたコチのみぞれ煮。握りはトロ火でじっくり炊いた穴子に、弾力ある食感のコチ、脂ののったサンマなど。巻物のカンピョウやガリも自家製で丁寧な仕事を感じさせる

玉子焼き
324円

芝エビのすり身入りで豊かな甘みが広がる

お店からの一言

店主 朝妻吉郎さん

「お子様さま連れも大歓迎です!」

鮨あさづまの店舗情報

[住所]東京都豊島区目白3-14-18 目白ヒカリハイツ102 [TEL]03-5906-5023 [営業時間]18時~22時、日のみ昼営業あり12時~14時※ランチタイム有 [休日]月 [席]カウンター6席(中学生以上)、テーブル8席、全14席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし・コース以外はお通し代864円別 [交通アクセス]JR山手線目白駅から徒歩2分


電話番号 03-5906-5023

撮影/鵜澤昭彦 取材/菜々山いく子

2018年11月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連するキーワード
関連記事
持ち帰り専門の「ちよだ鮨」が手がけている立ち喰い寿司屋で、握りたての新鮮な生ウニや活貝、江戸前の各種ネタをお手頃価格で味わえる。シャリは精米したての米を使用し、店内で炊き上げている。
地元・神奈川県の小田原や、全国各地の漁港からの直送ネタにこだわる。すし酢は酒粕だけの濃いめの赤酢と、米酢入りの赤酢の2種を混ぜたものを使用し、シャリへの色付きをあえて控えめに作っているのだとか。
この道55年、銀座で修業を重ねたのちに自らの店を構えて42年。店主の野崎さんが握る寿司は、ほんのり甘めのシャリに自ら豊洲で仕入れた新鮮なネタがのる。
昭和元年に屋台から始まった老舗で、現在は3代目の主人がカウンターに立つ。ヒラメやボタンエビなど地元で水揚げされたばかりの地物をふんだんに揃えており、握りやちらしで味わえる。
流線型に整えられた、美しい姿に惚れ惚れするような握りだ。六本木の名店で腕を磨いた店主・下津さん。
最新記事
洋食屋さんのカツレツはいつだって優しくてあったかい。それは単なる料理の温もりだけじゃない。
コロナ禍でも続々とオープンしているラーメン店。その中でも食べて納得の醤油ラーメンを提供する店を調査。今回は神奈川編。スープを飲み、麺を啜れば、ほっこり落ち着ける至福の一杯が楽しめるのはココだ!
ライター・菜々山いく子が、くすんだ日常生活に彩りと潤いを与えるYouTubeの魅力を紹介する本記事。今回紹介するのは「日本食冒険記」。これなんぞ?と思うでしょう。出演者は、訪日&在日外国人。飲食店で食事しながら日本食に対する思いを語っているのです。
コロナ禍でも続々とオープンしているラーメン店。その中でも食べて納得の醤油ラーメンを提供する店を調査。今回は東京編。スープを飲み、麺を啜れば、ほっこり落ち着ける至福の一杯が楽しめるのはココだ!
「素直に美味しいと思える野菜を扱いたい」と八百屋を開いた小松さん。小さな生産者から無農薬で化学肥料を使わない野菜を仕入れている。
get_app
ダウンロードする
キャンセル