MENU
ログイン
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
江戸前 三松(寿司/浅草)|創業60年の女性が営むお寿司屋さん。「光りものと穴子」は看板メニュー!

江戸前 三松(寿司/浅草)|創業60年の女性が営むお寿司屋さん。「光りものと穴子」は看板メニュー!

今年で創業60年。先代が一代で55年提供してきた味を、今は娘が引き継いで江戸前の味を握る。

江戸前 三松(最寄駅:浅草駅)

父親時代からの酢の生きた光りものも見逃せない

握りはやや小さめのシャリに気持ち大ぶりなネタのバランス。今も現役のお母さんが合わせるという酢飯が、いい塩梅でネタを引き立てる。江戸前とともに昔からあるのが大阪寿司で、お土産にもおすすめのバッテラ(鯖寿司)。要予約ながら穴子の押し寿司も人気だ。看板という「光りもの」と「穴子」はもちろん、しじみたっぷりのお椀もうれしい。

特上にぎり(中トロ、イカ、赤身、赤貝、ウニ、玉子、エビ、穴子、梅じそ巻き(お椀付))
3240円

握りはシャリとネタのバランスがよく、いい感じで胃袋に収まる

鯖寿司
1940円

塩気、酢の塩梅、旨み。ガリをのっけて食べても美味しい

小肌、サバ、アジ、イワシ
270円、480円、320円、210円

長年使い込まれたまろやかな酢で、さっぱりとした粋な味に仕上げられた光りもの。変わらぬ看板の味

お店からの一言

店主 奥隅由規子さん(右)、奥隅美智子さん

「お客さん同士気さくな雰囲気もうちらしさです」

江戸前 三松の店舗情報

[住所]東京都台東区浅草1-6-5 [TEL]03-3841-5717 [営業時間]17時~22時、土・日・祝12時~15時、17時~21時(LOはそれぞれ30分前)※ランチタイム有 [休日]水(祝の場合は営業) [席]カウンターあり、全16席/全席禁煙/予約可/カード不可/サ・お通し代なし [交通アクセス]地下鉄銀座線浅草駅1番出口から徒歩5分


電話番号 03-3841-5717

撮影/鵜澤昭彦 取材/池田一郎

2018年11月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
創業90年近い老舗の看板におごることなし。それは地道な仕込みのネタを見ればわかるはず。
にぎやかな酒場エリアからほんの少し離れた住宅街に佇むお店。靴を脱いで小上がりにあがるスタイルはまさに「お寿司屋さんの家」に遊びに来たかのよう。
「ご年配の方にも炙り寿司を気軽に召し上がっていただきたい」、そんな思いから誕生した「焼きバラちらし」。炙った大トロとサーモンハラス、そしてイカやエビをさいの目状にしてシャリに混ぜ、焦げ目をほどよく付けたウニをのせる。
三崎で水揚げされた南インドマグロやメバチマグロをはじめ、使用するネタはすべて天然モノ。さらに羽釜で炊いたご飯で切るシャリの旨さも光っている。
小田原漁港はじめ全国から仕入れる本物のネタを握っている。壁の黒板にびっしり書かれているのが、なんと本格的なフレンチやイタリアンのメニュー。
函館本線は函館駅と旭川駅を結ぶ路線です。 この路線の、長万部(おしゃまんべ)駅から小樽駅の間は、通称「山線」と呼ばれていて、名前の通り峠を越えながら山中を走る山岳路線。 この山線の撮影中によく立ち寄るお店で“きのこ王国”があります。 店内は、その名の通りきのこだらけです……。
旬の食材を生かした活気溢れる熊谷シェフの一皿ひと皿に、店主の赤星氏がピンポイントで合わせる日本酒のペアリングがキレキレだ。食材の食感や香り、旨みや酸味等々と日本酒がピタッと調和して響き合う。
しゃぶしゃぶを提供し続けて40年以上。肉問屋との長い付き合いから、上質な肉を低価格で仕入れられるのが強みだ。
創業90年近い老舗の看板におごることなし。それは地道な仕込みのネタを見ればわかるはず。
小学校以来の食パントラウマを生食パンで癒し、食パンを食べ散らかしているおっさん女子ですが、最近は、あん食(144回)の暴力的なカロリーと美味しさにハマリ、あんこトーストを自宅で自作しているおっさん女子である。 そこで今回は、あんこトーストのお手本にしたい吉祥寺のお店をご紹介だ!

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt