MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
鮨処なかの(寿司/磯子)|江戸前寿司の伝統×独自のアレンジで地元で人気☆

鮨処なかの(寿司/磯子)|江戸前寿司の伝統×独自のアレンジで地元で人気☆

東京の寿司店で修業を積み、約10年前に地元・横浜で独立。「わざわざ足を運んでもらうような場所なので、握りもひと工夫しています。

perm_media 《画像ギャラリー》鮨処なかの(寿司/磯子)|江戸前寿司の伝統×独自のアレンジで地元で人気☆の画像をチェック! navigate_next

鮨処なかの(最寄駅:磯子駅)

江戸前の伝統に取り入れたサプライズの演出でテンションが上がる!

新しい発見をしてもらえたら」と店主の中野満博さん。その言葉通り、江戸前寿司の伝統は守りつつ、独自のアレンジを加えている。例えば、カワハギはポン酢のジュレをのせることで見た目も楽しく、ポン酢の酸味がじんわりと馴染んでいく。ジュレの下に肝をしのばせ、ほんの少しコクをプラスするという心憎い演出も。ズワイガニはカニ味噌を混ぜ合わせたインパクトのあるシャリだが、柚子胡椒の香りで味がひとつにまとまっている。北海道・昆布森産真ガキを軽く蒸した前菜の一品は濃厚な味に感動! 「食感や香りも大切にしています」という中野さんの言葉を実感した。再訪するのが待ち遠しい店だ。

季節のオススメ握りコース(前菜3点、茶碗蒸し、握り9貫、お椀、デザート)※握りのネタは、仕入れによって変わる。
5000円

スミイカ、シマエビ昆布締め、カワハギ、ズワイガニ、本マグロ中トロ、本マグロ赤身、ノドグロ炙り、赤貝、穴子:「損をしてでもいいものを揃えたい」と、ネタの仕入れは横浜の魚市場に足を運ぶほか、近海本マグロなどは築地へ。北海道や島根、愛媛などから直送してもらうこともある。新ショウガをそのまま漬け込んだガリも好評

前菜は生いくらの醤油漬けの小丼、玉子焼、真ガキの3品。真ガキはお造りになることも。茶碗蒸しは湯葉入り。デザートのわらび餅は、わらび粉から手作り

鮨処なかのの店舗情報

[住所]神奈川県横浜市磯子区磯子3-4-29 [TEL]045-342-4723 [営業時間]11時半~14時、17時~22時(LO)※ランチタイム有 [休日]月 [席]カウンターあり、全36席/全席禁煙/予約可/カード可/サ5%(ランチメニュー以外)・お通し代540円別(夜のみ) [交通アクセス]京浜東北根岸線磯子駅西口から徒歩6分


電話番号 045-342-4723

撮影/貝塚隆 取材/井島加恵

2018年11月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
持ち帰り専門の「ちよだ鮨」が手がけている立ち喰い寿司屋で、握りたての新鮮な生ウニや活貝、江戸前の各種ネタをお手頃価格で味わえる。シャリは精米したての米を使用し、店内で炊き上げている。
地元・神奈川県の小田原や、全国各地の漁港からの直送ネタにこだわる。すし酢は酒粕だけの濃いめの赤酢と、米酢入りの赤酢の2種を混ぜたものを使用し、シャリへの色付きをあえて控えめに作っているのだとか。
この道55年、銀座で修業を重ねたのちに自らの店を構えて42年。店主の野崎さんが握る寿司は、ほんのり甘めのシャリに自ら豊洲で仕入れた新鮮なネタがのる。
昭和元年に屋台から始まった老舗で、現在は3代目の主人がカウンターに立つ。ヒラメやボタンエビなど地元で水揚げされたばかりの地物をふんだんに揃えており、握りやちらしで味わえる。
流線型に整えられた、美しい姿に惚れ惚れするような握りだ。六本木の名店で腕を磨いた店主・下津さん。
最新記事
昔懐かしいサンプルケースや、歴史を感じる窓の木枠が、ザ・洋食屋らしい佇まい。昭和11年から守り続けるきちんとした仕事は、ポークカツレツの端正な姿を見れば一目瞭然。
思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えする本記事。レタスの続編です!
昨年末にオープンしたばかりのお店。春の新作のこちらは、クリームチーズのムースをベースにしたタルトに季節のフルーツと色鮮やかなゼリーを重ねたもの。
コロナ禍でなかなか温泉にも行けない状況です。せめて、記事の中だけでも行った気分になりませんか? 本誌で料理写真を撮影しているカメラマン・鵜澤昭彦氏による温泉コラム。温泉好きに馴染み深い3つの格言にあてはまらない会津若松の極上の温泉宿をご紹介します。
みなさま、野菜食べてますか? 本誌の調査内容によって、思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えします。今回は「萵苣」!
get_app
ダウンロードする
キャンセル