MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
TRUNK(BAR)(バー/渋谷)|開放的なホテルのラウンジバーで愉しむオリジナルカクテルは絶品!

TRUNK(BAR)(バー/渋谷)|開放的なホテルのラウンジバーで愉しむオリジナルカクテルは絶品!

話題のブティックホテルの1階ラウンジにあるバーは、従来のホテルバーとは全く異なる開放的な空間。オリジナルカクテルはチーフバーテンダー・齋藤隆一さんと水岸直也さんによるもので、環境への配慮や地元貢献など、ホテルの5つのコンセプトに沿ってデザインされている。

TRUNK(BAR)(最寄駅:渋谷駅)

開放的な空間で、ストーリーのあるクラフトカクテルを

自由な発想と確かなテクニックで今の東京らしさを表現したクラフトカクテルを提案する。そこに秘められたストーリーにも注目したい。

ゴシック&ロリータ
1600円

原宿のカルチャーからインスパイアされた、ジンベースの大人のチョコミルク的一杯

ゲッティングトランク
1600円

ホテル名を冠したシグネチャーカクテルは、再生坏土を使用したホテルのマグカップ入り。小笠原産ラムとほうじ茶が絶妙

フローティングインザエアー
1600円

空に浮かぶ雲をイメージし、環境への配慮を喚起。バーボン、クラフトビール、自家製ポップコーンシロップなどで

お店からの一言

右/チーフバーテンダー 水岸直也さん、左/チーフバーテンダー 齋藤隆一さん

「ここから新しいバーカルチャーを発信中!」

TRUNK(BAR)の店舗情報

[住所]東京都渋谷区神宮前5-31 トランクホテル1階 [TEL]03-5766-3210 [営業時間]カクテル17時~23時半(23時LO)、金・土~24時(24時LO) [休日]不定休 [席]カウンター10席、全70席/全席禁煙/カード可/チャージなし [交通アクセス]地下鉄千代田線ほか明治神宮前駅7番出口から徒歩7分


電話番号 03-5766-3210

撮影/貝塚 隆 取材/岡本ジュン

2018年11月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
日本酒の聖地と称される大塚。でもワインの店だって、続々と誕生しているのだ。
カウンター7席のナチュラルワインバー。店をひとりで切り盛りする女性店主は元パティシエール。
天然水の強炭酸ソーダと溶けにくい特製氷で作った、冴えた飲み口のハイボールがなんと30種類以上! 
シードルとウイスキーを愛する店主・藤井さんが2015年に開いたバー。午後3時から営業しているのも魅力で、シードルはグラスでも楽しめるほか、料理も充実。
バックバーに並ぶのは山椒、コーヒー、ラベンダーなどを漬け込んだ約50種の自家製リキュール。これをベースにソーダやトニックウォーター、はたまたリクエストに応えて、とフレキシブルに飲ませてくれる。
三鷹の人気焼鳥店『焼鳥 山もと』が、火・水・金・土曜の昼限定で鶏そば専門店をスタート。プロの目利きに叶った大山鶏のガラや丸鶏、手羽先、手羽元、串打ちの際に生じる端材肉などを使い、上品な無化調清湯に仕立てている。
豊富な資源を持つ山形県河北町と、三軒茶屋界隈で6店舗経営する和音人が強力タッグを結成! 和と洋を融合した“出汁フレンチ&ビストロ割烹”をオープンした。
世は低糖質が花盛り。でも……、いやだからこそ、炭水化物という名の背徳の美味に、より心惹かれてしまうのだ(と思う)。
「海が育てたものが旨いんだからさ」、そう言って天然ものにこだわるご主人の気風のよさが心地いい。プリプリの大きなエビがポンとのり、見るからに新鮮、ピカピカの魚介が並ぶちらしは、いいんかい? ってくらい上等だ。
サバジェンヌ的に、なんだか足りてないなあ、と思うジャンルがあった。 それは「サバチャイニーズ」。 中国ではサバを食べるにも関わらず……残念だなあと思っていたジェンヌのもとに、ビッグニュースが届いた。 「『サバの焼売』を提供している店があるらしい」 キャー!! 喜び勇んで向かったのは「Tokyo焼売マニア」。 なんと焼売の専門店だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt