MENU
ログイン
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
あまからくまから(和食/人形町)|猪ってこんなに旨いの?と驚くこと間違いなし!食べたら力がみなぎる♪

あまからくまから(和食/人形町)|猪ってこんなに旨いの?と驚くこと間違いなし!食べたら力がみなぎる♪

「この猪肉との出会いは衝撃的でした」と語るのが店長の林さん。それがきっかけとなり、5年前にやきとんの店からジビエの店へとシフトチェンジした。

あまからくまから(最寄駅:人形町駅)

猪の旨さに開眼!噛みしめるごとにあふれる上品な甘み

件の猪肉は、その身に分厚い脂をたたえる、厳冬期にのみ狩猟された広島産。2種類の味噌や山椒をブレンドしたカツオと昆布のダシでくつくつ煮込めば、野性的なイメージを覆す、たおやかな甘みとコクがほとばしる。鍋ものは他に、秋~冬限定で入荷する穴熊を使ったすき焼きや、ヒグマ鍋も。山から届く自然の恵みに、食べたそばから力がみなぎってくる。

ぼたん鍋(写真は2人前)
3218円

サッと火を通せば、身の甘みが際立ち、じっくり煮込めば味噌の風味が繊維の奥まで行き渡る。どちらの食べ方もおすすめだ

猪肉のトマトソース
1296円

ラーメンでおなじみの製麺会社「浅草開化楼」から届く低加水のパスタを使用。力強い小麦の風味とモチモチ感に、存在感抜群の猪肉のラグーが、見事にマッチ!

〆の雑炊セット(写真は2人前)
432円

根菜を中心とした、たっぷりの野菜の甘みや、猪肉から溶け出したコクを、米粒があますところなく吸い込み、もう絶品! まろやかな味噌と山椒の爽やかな香りが食欲をガンガン刺激し、満腹でも完食必至

お店からの一言

店長 林 育夫さん

「国産クラフトビールも揃えてます」

あまからくまからの店舗情報

[住所]東京都中央区日本橋人形町3-7-11 大川ビル2階 [TEL]03-5640-2121 [営業時間]17時半~23時半(フード22時半、ドリンク23時LO) [休日]日・祝 [席]全18席/全席喫煙可/予約可/カード可/サなし、コース以外はお通し代421円別 [交通アクセス]地下鉄日比谷線ほか人形町駅A5出口から徒歩1分


電話番号 03-5640-2121

撮影/西﨑進也 取材/菜々山いく子

2018年12月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
深川飯を出すお店が多い江東区エリアでも、抜群の“アサリ度”を誇る同店。「深川丼ぶり」は、アサリのダシが溶け込んだ味噌汁を白飯にかけたもの。
“明太子おかわり自由”そんなパワーワードに誘われて、東京のはずれまでやってきた。ここは福岡で創業から百余年続く「山口油屋福太郎」の関東唯一の直営店だ。
納豆が書物に登場したのが平安中期のこと。一説には弥生時代にはすでに食べられていたとも言われている。
瑞江の駅前で22年、夫妻で切り盛りする和食店。「焼きごはん」は、しっとりと焼き上げて特製の和風醤油ダレの旨みを存分に活かす。
そうめんと言えば夏の定番中の定番メニュー。普段は自宅で食べることが多いけど、わざわざ足を運びたくなるのがこちらの店。
函館本線は函館駅と旭川駅を結ぶ路線です。 この路線の、長万部(おしゃまんべ)駅から小樽駅の間は、通称「山線」と呼ばれていて、名前の通り峠を越えながら山中を走る山岳路線。 この山線の撮影中によく立ち寄るお店で“きのこ王国”があります。 店内は、その名の通りきのこだらけです……。
旬の食材を生かした活気溢れる熊谷シェフの一皿ひと皿に、店主の赤星氏がピンポイントで合わせる日本酒のペアリングがキレキレだ。食材の食感や香り、旨みや酸味等々と日本酒がピタッと調和して響き合う。
しゃぶしゃぶを提供し続けて40年以上。肉問屋との長い付き合いから、上質な肉を低価格で仕入れられるのが強みだ。
創業90年近い老舗の看板におごることなし。それは地道な仕込みのネタを見ればわかるはず。
小学校以来の食パントラウマを生食パンで癒し、食パンを食べ散らかしているおっさん女子ですが、最近は、あん食(144回)の暴力的なカロリーと美味しさにハマリ、あんこトーストを自宅で自作しているおっさん女子である。 そこで今回は、あんこトーストのお手本にしたい吉祥寺のお店をご紹介だ!

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt