MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
和牛創作 四一一(すき焼き・しゃぶしゃぶ/恵比寿)|贅沢で豪華なしゃぶしゃぶを食べたい人にオススメ!

和牛創作 四一一(すき焼き・しゃぶしゃぶ/恵比寿)|贅沢で豪華なしゃぶしゃぶを食べたい人にオススメ!

鍋に入るのは白濁の濃厚スープ。何のダシだと思います?

和牛創作 四一一(最寄駅:恵比寿駅)

恍惚の牛テールのスープで黒毛和牛の各種部位を食べ比べ

答えは牛テール。そう、煮込んだ牛テールと香味野菜に鰹ダシを加えたスープで味わうレアな牛しゃぶがコレなのだ。淡路の玉ネギをどっさり入れ、その甘みと共に楽しむ肉の旨さといったらもう絶句。しかもイチボやブリスケなどA4・A5ランクの黒毛和牛の希少部位を食べ比べできると聞けば、がぜん胃袋も興奮する。次第にとろみが増すスープは一滴残さず飲み干したくなるほど溺愛必至だ。てことでお替わりする客続出。普通の牛しゃぶに飽きたら恵比寿へ急げ!

牛テールスープしゃぶしゃぶ上(写真は2人前)
1人前 2980円

牛テールスープは約10種類の野菜と共に10時間以上煮込んだもの。牛肉に軽く火を通し、スープと一緒に味わう。味変で「パクチーだれ」などのせダレも

炙り牛といくらの肉寿司
1貫 600円

軽く炙ったイチボでイクラと酢飯を巻く人気の品

牛肉ぎょうざ
500円

牛モモ肉を使う餡には牛テールスープのジュレを入れてジューシーに仕上げる

〆の麺

500円

定番の〆はラーメン。ちぢれの太麺でスープがよく絡む

お店からの一言

総料理長 大堀悟さん(右)、スタッフ 中園健一さん

「同じ恵比寿に昨年オープンしたはなれもあります」

和牛創作 四一一の店舗情報

[住所]東京都渋谷区恵比寿3-29-16 ABC ANNEXビル5階 [TEL]03-6277-4429 [営業時間]17時~翌2時(1時LO) [休日]無休(年末年始は休み) [席]カウンターあり、個室あり、全40席/喫煙可/予約可/カード可/サなし、お通し代500円別 [交通アクセス]JR山手線ほか恵比寿駅東口から徒歩8分


電話番号 03-6277-4429

撮影/鵜澤昭彦 取材/肥田木奈々

2018年12月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
客はそれをネギのタワーともチョモランマとも呼ぶ。看板「葱豚しゃぶしゃぶ」のネギのことである。
牛タンの花に心も浮き立つ。均一の見事な薄さに手切りした"花びら"は1頭からわずかしか取れないタン元を使う贅沢なひと皿だ。
赤々と炭を熾した囲炉裏がこの店の舞台。その周りに置かれた席に腰をかければ“三九劇場”の幕が上がる。
ラム肉も豚肉もしゃぶしゃぶに程よい厚みにカットされ、食べ応えがあるのがうれしい。「北海道」だからか、ダシに入っている昆布が立派だった。
世界700店以上で愛されている「本格薬膳蒙古火鍋しゃぶしゃぶ」が楽しめる。スープがとにかく秀逸で、看板メニューでもある「麻辣紅湯」は花椒が利いていて、旨みが深くクセになる味。
夏到来! 今年はマスク必須でこれまで以上に厳しい暑さとの戦いになること必至です。そんなときはつるつるっといただける爽快感抜群の冷やし麺が一番!! 冷やし中華や冷麺、ラーメンに、蕎麦、うどん。すすりにすすって見つけた三ツ星麺をご覧あれ。ほか、夏に効く「辛くて旨いもの」、この夏食べたい「アイス&ソフトクリーム」特集もあります。
138views 本誌紹介
赤羽屈指の行列店で、言わずと知れた讃岐うどんの名店だ。一番人気は、ジューシーな鶏もも肉の天ぷらが3つと大根おろしがのる「かしわおろしぶっかけ」。
自粛期間中、“日本中が、もーやってらんない”となった期間、私が最もやってらんない気分になったのは、スーパーでおやつ関係が品薄になっていたことである。 そんな私を支えてくれたのは、フルーツゼリー。近所のスーパーではフルーツゼリーが品薄になることはなかった(苦笑)。 そこで今回は、私が大好きなレモンゼリーについて語ろうと思う……!
2011年3月12日に博多駅~鹿児島中央駅間の、全区間で開業しました。 九州新幹線の開業で、終点鹿児島中央駅で買える駅弁も充実です。 もちろん、南九州らしいメニューです。 そしてもう一つ。 鹿児島に行ったら、ぜひ食べたいと思っていたのが白熊です。 もう、全国区になったカキ氷です。 鹿児島で有名なアーケード天文館にある名店むじゃきに向かいました……。
リンゴを食べて育つ「津軽どり」を使ったチキンカツは、甘みがありプリッとジューシー。自家製のタルタルとすりおろしたリンゴを入れて煮込まれた濃厚なソースを合わせているため、カツに負けない味わいの「胚芽入りパン・ド・ミ」をセレクトしている。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt