MENU
ログイン
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
いちりん(すき焼き・しゃぶしゃぶ/新宿三丁目)|「雲丹しゃぶしゃぶ」は美食家も唸る旨さ!一度ご賞味あれ!

いちりん(すき焼き・しゃぶしゃぶ/新宿三丁目)|「雲丹しゃぶしゃぶ」は美食家も唸る旨さ!一度ご賞味あれ!

8年ほど前から提供しているという名物の「雲丹しゃぶしゃぶ」は今も変わらずこの店の代名詞。目にも鮮やかなオレンジ色のウニスープで、鯛やホタテなど海鮮を味わう鍋。

perm_media 《画像ギャラリー》いちりん(すき焼き・しゃぶしゃぶ/新宿三丁目)|「雲丹しゃぶしゃぶ」は美食家も唸る旨さ!一度ご賞味あれ!の画像をチェック! navigate_next

いちりん(最寄駅:新宿三丁目駅)

ウニスープで味わう海鮮のしゃぶしゃぶがお値打ち価格

この数年で味は改良したが、基本スタイルは変わらないとか。2種の練りウニをブレンドしたスープは独特の甘みと香りが印象的。若い人にも気軽に味わってほしいと、生ウニも添えて1人前2000円ほどに抑えた安さも自慢だ。〆はスープを余すところなく楽しめる雑炊がおすすめ。寿司店でも経験を積んだ料理人による創作モダン寿司も人気。

名物雲丹しゃぶしゃぶ(写真は2人前)
1人前1980円

甘みの強いウニスープに合わせるのは白身魚など淡泊な味わいがいいという。スープは2種の練りウニをベースに酒や醤油などで味を調えている

雑炊飯
1人前 500円

〆はウニスープを使う雑炊がダントツ人気

炙り和牛と炙り雲丹仕立て
1980円

黒毛和牛で包むのは大根。北海道産生ウニをのせて炙る

お店からの一言

店長 館山雄二さん

「お得な
飲み放題コースも
用意しています」

いちりんの店舗情報

[住所]東京都新宿区新宿5-12-1 [TEL]03-3358-9774 [営業時間]18時~23時(22時半LO) [休日]無休 [席]カウンターあり、個室あり、全61席/分煙/予約可/カード可/サ10% [交通アクセス]地下鉄副都心線ほか新宿三丁目駅E2出口から徒歩3分・C7出口から徒歩5分


電話番号 03-3358-9774

撮影/西㟢進也 取材/肥田木奈々

2018年12月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
ラムへの愛に満ちている、代表の越坂部さん。「日本各地や世界中でラム料理を食べまくった」と言う彼がいちばん美味しいと思う食べ方を追求した結果が「焼き」と「しゃぶしゃぶ」。
しゃぶしゃぶを提供し続けて40年以上。肉問屋との長い付き合いから、上質な肉を低価格で仕入れられるのが強みだ。
銀座ですき焼きならこの店を置いて他になし! 肉皿に乗るのはびっしりサシの入った黒毛和牛の大判リブロース。
客はそれをネギのタワーともチョモランマとも呼ぶ。看板「葱豚しゃぶしゃぶ」のネギのことである。
厚削りの本枯節をじっくり煮出したダシに、醤油のまろやかな風味が立つかえし。どっしりとした風合いのつゆは、これぞ江戸蕎麦と言わんばかりの伝統的な味わいだ。
キャラメリゼした表面のカリッとした食感とシナモンの香りと甘さ。それも食べやすいサイズに切ってあるのでついパクリと食べてしまいます。
ラーメン。中でも醤油ラーメンは日本人にとって原点の味だ。様々なラーメンに携わり、最終的に「醤油だ!」と戻ってくる店主も少なくない。今回はその醤油に特化。研ぎ澄まされた進化系から、昔ながらの懐かし系まで、唸る一杯の三ツ星店を集めました。ほか、東京の「コの字酒場」、自宅で温泉気分に浸れる「入浴剤」も特集しています!
1039views 本誌紹介
道を究めた一流の料理人と、日本を代表する美容業界社長という、異業種の組み合わせで語り合う本企画。第3回目となる今回は、天ぷら界随一の理論派でもある近藤文夫さんをフォーカス。対する高級化粧品会社社長・小林章一さん、実は“天ぷらNG”の前情報もあり、ビジネス談義以外も見所満載。 果たしてふたりの会話の行方は如何に、そして小林社長は天ぷら開眼なるか!?
231views まとめ記事

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル