MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
大阪穴場グルメ_釜ヶ崎の三角公園前にできた噂の立ち呑み屋『成り屋』に潜入! こんな安くてホンマにええの!?/大阪ローカル穴場メシ情報[62]

大阪穴場グルメ_釜ヶ崎の三角公園前にできた噂の立ち呑み屋『成り屋』に潜入! こんな安くてホンマにええの!?/大阪ローカル穴場メシ情報[62]

新規オープンの飲食店が相次ぐ西成は、街全体が大きく変貌を遂げようとしている。 あいりん地区を代表するエリア、三角公園の前にはなんと立ち呑み屋まで出現……。 そんな噂を聞きつけ、いざ潜入してみた!

釜ヶ崎の三角公園前にできた噂の立ち呑み屋『成り屋』に潜入! こんな安くてホンマにええの!?


新規オープンの飲食店が相次ぐ西成は、街全体が大きく変貌を遂げようとしている。

あいりん地区を代表するエリア、三角公園の前にはなんと立ち呑み屋まで出現……。

そんな噂を聞きつけ、いざ潜入してみた!

屋号は『成り屋』。

実はこのお店、西成では2店舗目ながら1号店も約2年前にできたばかり。

「実は僕が成り屋の常連客やったんです。板前やったりしてたんで2号店をやらしてもらったんです」

8月13日にオープンしたばかり。

大将の田中正志さん(38歳)はこう教えてくれた。



とにかくこのお店、飲み物が安い。

生ビールやサワー、ハイボールが280円。

ハイボールに至っては2杯目になると230円、3杯目で180円となる。


注文を迷っていると大将が「刺身の盛り合わせをしましょうか?」

お言葉に甘えて「お造りの盛り合わせ」(480円)を注文。

いわし、まぐろ、タコ、かつおのたたきが入ってこの値段。

薬味もニンニクと生姜まで付いて、実にお値打ちだ。


西成は、もう安いだけの立ち呑みでは通用しない。

客層も劇的に変化し、成り屋のように味も保証できなければ客は入らへん!

「最近は、お客さんで若い子も増えてますね」

4、5年前では考えられなかった客層が西成に訪れるようになっているのだ。

若者に人気といえば「からあげ」(380円)。

こちらも冗談抜きで美味だ。


続けて限定メニューにも食指を。

「金玉」(280円)と「やみつきつくね」(380円)をオーダー。


このつくね、単なるダンゴとは大違い。

軟骨入りで歯ごたえがあって噛みしめるほどに旨みがジュワ~。

そして金玉は、見た目も超豪華。


こちらも限定で、売切れたらオシマイのメニュー。

金玉は、通常の玉子よりも旨みが満載。

カラを割ると、おでんの玉子のような濃い肌色をしていた。

これが旨みで、ひと口噛めばその美味しさの違いがすぐにわかる。

今宵も西成のはしご酒でグデングデン。

またしてもええお店、発見したわ~。


立ち飲み西成酒場 成り屋
[住所]大阪市西成区萩之茶屋3丁目2-5
[TEL]06-6648-8186
[営業時間]8:00~20:00
[定休日]水曜









加藤 慶(かとうけい)
大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。

このグルメ記事のライター
加藤慶@まとメシ

加藤慶(かとうけい) 大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
いま最も注目されている飲み屋街、西成。 そのなかでも昔から西成通に愛されている角打ちがある。 それが、17年前にオープンした「山口酒店」。 「立ち呑みの部分だけ間借りしてます。お酒は隣の酒屋から選んでもってきてくださいね」 という名物ママが仕切る、居心地の良い店なのだ。
ソウルミュージックバー「P-FUNK」のオーナー渡邉玲さんは、バーテンダーという顔以外にもこの町祇園では別の顔でも有名だ。 ダンサーという顔のほかに、ラジオDJやクラブディスコのイベントの司会など、その顔は多岐にわたる。 ムーディーな店内はソウルミュージックでフィーバー、ファンクな夜がやって来るのだ!
京都は祇園といえば敷居が高いと思われる人も多いだろう。 「MagicTable」は祇園でオープンして23年の老舗マジックバー。 オーナーの喜多充さんは、この世界では知らない人がいない有名人。 普段は一見お断りだが、このサイトを見た人なら今回は特別に入店可となった……。
京都は西大路。この地に日本酒専門店があるのをご存じか。 その店とは、国道171号線に面する酒場「まさよし」。 このお店、幅広い人脈やツテがないと入手できない銘酒が各種そろっているのだ……。 このお店を知らずして京都グルメを語ることなかれ。
ふらっと立ち寄ったお店で心がときめく瞬間がこれまで何度かある。 「ホテルの1階にこんなお店ができたんや。立ち飲み屋で日本酒も豊富そうやし、変わったお店やな……」 こう感じた店が、今回紹介する「ぽん酒マニア」。 確かオープン初日、もしくは翌日だったはずだ……。
モツ好きでこの店の味に唸らない人はいまい。備長炭で焼く芳しい串に奥深き味噌味の煮込み、加えてワイワイ陽気な喧騒にハマったら最後、ヤエチカに通うことになる。
東京の寿司店で修業を積み、約10年前に地元・横浜で独立。「わざわざ足を運んでもらうような場所なので、握りもひと工夫しています。
全日本さば連合会が4月末よりスタートした「サバレシピリレー~サバトンをわたそう!~」。 その後も「サバトン」(バトンです……)は、北は北海道、南は鹿児島、さらになんとオーストラリアまで! サバレシピが続々と投稿されている。その数は、現在150を超えた。 和洋中、エスニックと、「サバラエティー」にあふれる多彩なレシピが大集合!
“食堂”をコンセプトとする新ブランドの看板は、ゲンコツと背脂、 バラ肉でとった豚100%の清湯ラーメン。スープは、超クリアな“あっさり”と背脂たっぷりの“こってり”から選択できるが、お店の推しは断然“こってり”だそう。
いま最も注目されている飲み屋街、西成。 そのなかでも昔から西成通に愛されている角打ちがある。 それが、17年前にオープンした「山口酒店」。 「立ち呑みの部分だけ間借りしてます。お酒は隣の酒屋から選んでもってきてくださいね」 という名物ママが仕切る、居心地の良い店なのだ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt