MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
【閉店】築地ナカシマルシェ(魚介・海鮮料理/東京)|八重地下にある卸問屋直営ならではの新鮮で上質な海鮮料理店

【閉店】築地ナカシマルシェ(魚介・海鮮料理/東京)|八重地下にある卸問屋直営ならではの新鮮で上質な海鮮料理店

カルパッチョが2段のスタンド仕立てで登場するなんて初体験だ。それも濃厚な甘エビからフレッシュオレンジを添えた真鯛まで、味も見栄えも華やかなあれこれに目がランラン&心ウキウキ。

perm_media 《画像ギャラリー》【閉店】築地ナカシマルシェ(魚介・海鮮料理/東京)|八重地下にある卸問屋直営ならではの新鮮で上質な海鮮料理店の画像をチェック! navigate_next

【閉店】築地ナカシマルシェ(最寄駅:東京駅)

ひとりでも◎魚介の旨さが際立つおしゃれな洋バル

聞けば経営が水産会社ゆえ、新鮮な魚介が独自ルートで毎日届けられるのだそう。なるほどメニューはほぼ魚尽くし。中でも定番のガーリックシュリンプはエビのサイズも見事で、噛めば歯を跳ね返すようにプリップリ。今後はひとり客向きの料理も増える予定で、進化する味にますます目が離せない!


カルパッチョスタンド
980円

プレート2段にはその日のおすすめの5~7種を盛り付け。写真は柚子胡椒ベースのドレッシングをかけたマグロ中落ちやジェノベーゼソースを添えた水タコなど、魚によって味を変えている

スパイシーガーリックシュリンプ
780円

エビの旨みを生かすようニンニク、塩コショウ、白ワインでシンプルに味付け

お店からの一言

店長代理 南雲章宏さん

「水産会社経営ならではの魚介の旨さを味わってください」

【閉店】築地ナカシマルシェの店舗情報

[住所]東京都中央区八重洲2-1 外堀地下2番通り [TEL]03-6265-1717 [営業時間]11時~23時(ランチは15時まで)、土・日・祝11時~22時半(ランチは14時まで)※ランチタイム有 [休日]1月1日 [席]カウンターあり、全53席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし、お通し300円別 [交通アクセス]八重洲地下南口改札から徒歩2分※『築地ナカシマルシェ』の値段は税抜きです


電話番号 03-6265-1717

撮影/大西尚明 取材/肥田木奈々

2019年1月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
横須賀沖に浮かぶ猿島を望む新安浦港に水揚げされた海産物のみを扱う直売所。
 店頭にはイスとテーブルがあり、買ったばかりの刺身などを、なんともうれしい買い食い感覚で味わえ、常連さんはオニギリなどを持ち込んで東京湾の海の幸に舌鼓を打っているという。
漁協が運営する食堂のパイオニア!
もはやここで食事をすることだけを目的に南房総へ訪れる人も後を絶たない、内房を代表する集客スポットでもあるのが、ここ『ばんや』だ。
横浜シーパラダイスのすぐ横に佇む“柴漁港”。そのかたわらに鎮座する、人気の漁協直営食堂だ。
最新記事
マレー半島を旅しているような気分にどっぷり浸れる店だ。数年前、酷暑のクアラルンプールを歩き、汗だくになりながら有名な肉骨茶専門店を訪ねたことがある。
串焼きされた状態で提供されることの多い焼きとん。が、焼肉のように自分で焼いて楽しませる店も。職人の匠の味には及ばないかもしれないが、火を囲み、好みの焼き加減に仕上げるのは、魅惑の食時間なのだ。
コロナ騒動から始まった2021年は、全国に広がる緊急事態宣言やワクチン接種の開始、東京オリンピック・パラリンピック開催に自民党総裁交代など、1年を通じてどこか落ち着きがなかったかも。そんな2021年を締めくくる12月は、「整える」エネルギーを持つ四緑木星が司る。さあ、心も体も環境もすべて整えて、2022年を迎えよう!
コロッケ大好きな店主が開いたコロッケ専門店。潰したものと角切りのものの合わせ技で、ジャガイモの甘みをしっかり表現したコロッケは、イカスミをはじめとするオリジナル味も楽しい。
野外で楽しむバーベキューといえば夏のイメージですが、寒い季節も人気を集めていることはご存知でしょうか。焚き火や炭火で、グリルに肉を豪快にのせて焼くだけでなく、冬は魚介など旬の食材で鍋料理も魅力です。そんな冬レジャーの新たなトレンド「ウインターバーベキュー(BBQ)」が楽しめる東京都内のBBQ会場で、焚き火の使用が解禁されました(一部会場では12月11日から)。会場は、都内なのでアクセスも便利、しかも手ぶらで行ってもOK!ゆらめく炎を前にゆったりした時間を過ごせば、みんなの心の距離もグッと縮まります。本格的な冬BBQのシーズン到来です。
get_app
ダウンロードする
キャンセル