MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
TurnTable(郷土料理/神泉)|駅徒歩2分☆徳島の絶品料理を存分に堪能できる隠れ家レストラン♪

TurnTable(郷土料理/神泉)|駅徒歩2分☆徳島の絶品料理を存分に堪能できる隠れ家レストラン♪

2018年2月、徳島県が情報発信拠点として開業。レストラン、バー、マルシェ、宿泊施設が揃うなど、充実の内容だ。

perm_media 《画像ギャラリー》TurnTable(郷土料理/神泉)|駅徒歩2分☆徳島の絶品料理を存分に堪能できる隠れ家レストラン♪の画像をチェック! navigate_next

TurnTable(最寄駅:神泉駅)

ホステル利用で手軽に徳島尽くしの一泊二日

チェックインした後は、徳島産一枚板のテーブルやカウンターも立派な、天井の高い2階レストランで食事。
メニューも徳島尽くしで、鳴門の漁師で『情熱大陸』に登場した村公一さんの釣った鯛を、カルパッチョに。イカのコンフィのサラダ、自家製ニョッキ、阿波牛の薪火グリルと、徳島の幸を思う存分堪能できる。聞けば徳島食材に惚れ込んだオーストラリア人のマクラウド氏がヘッドシェフなのだとか。

また、徳島県のクラフトビール『RISE & WIN Brewing』や、特産のすだちサワー、グラスワインはロゼや泡など含め、自然派を中心に約10種が揃う。そして、1階のバーでもこれらドリンクは楽しめる。


客室はドミトリーでもタオルなどのアメニティ込み。枕元にセーフティボックスがあるのも便利だ。洗面所などの共有スペースも清潔そのもの。加えて徳島食材満載の朝食ブッフェも無料!1泊5000円以上と高めだが、その価値は十分にある。

村さんの釣った鮮魚のカルパッチョなど、徳島の豊かな魚種を堪能できるメニュー。ディナーはアラカルトとコース(6500円~)を用意

RISE & WIN KAMIKATZ IPA
1200円

朝食ブッフェから徳島豚と大根の煮付け、フィッシュカツを選択。徳島茶もいただける

TurnTableの店舗情報

[住所]東京都渋谷区神泉町10-3 [TEL]03-3461-7733 チェックイン:15時~24時/チェックアウト:11時 料金:ドミトリー5400円~ [交通アクセス]京王井の頭線神泉駅から徒歩2分 https://turn-table-hostel-jp.book.direct/ja-jp


電話番号 03-3461-7733

撮影・文/岡野孝次

2019年2月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
関連記事
海外はもちろん、国内への旅もなかなか難しい昨今。旅へ行きたい! という気分を満たすべく、都内で楽しめる全国の郷土料理店をご紹介! ここでは、北海道、広島、沖縄の店が登場。郷土の味と酒を楽しみながら、少しでも旅気分を味わってみては?
生産者から直送の新鮮な馬刺しに、オーダーが入ってから衣を付けて揚げた熱々の辛子蓮根、歯触りしゃっきりの一文字ぐるぐるなど、熊本が誇る旨いものが一挙に集結。そんな心魅かれる郷土料理に加えて、カウンター内にある焼き場で煙を上げるのが、日本最大級の地鶏「天草大王」の串だ。
炭火で丁寧に焼かれた名物の「銀鯖串焼き」をひと口含めば、パリッと焼かれた皮の食感の後にジュワリと脂が溢れ出す。そのあと繊細な旨みが押し寄せるが、脂はむしろサラリとしていることに驚く。
店を切り盛りするのは那覇出身の女将さん。ホワイトボードに書かれたメニューもあるけれど、旬の食材を使ったその日の「おまかせ」ですべてを委ねるのが吉。
鎌倉・大町にある山形郷土料理『ふくや』の2号店。蔵を改装したホステルの1階という、異色の立地が面白い。
最新記事
写真のランチセットのサラダを見てほしい。つい笑みが出てしまうであろう、豪快な盛りだがこれで普通サイズ。
最近“進化系”が急増中の「サバ缶」。前回の「バターチキン風サバカレー缶」に続き、今回は明太子との夢の競演。しかも手掛けるのは、日本で初めて明太子を売り出した福岡県の老舗店。一体どんな缶詰なのか、どんな味なのか! サバジェンヌが実食レポートです。
ロシア人の祖母から母に受け注がれた、ボルシチやペリメニといった家庭の味に加え、アヒージョ、コンフィといった他国の家庭料理をアレンジした一品も提供。ワインだけでなくウォッカも10数種と充実しているので、気軽に本場の魅力を満喫できると人気を呼んでいる。
9月中旬、東京・目黒の祐天寺前にちょっと異色のフード&リカーショップがオープンした。「Longfellows TOKYO」は、大阪でオーストラリアやニュージーランドのワイン、ハードリカー、食材の輸入業を営む唄淳二(ばい・しゅんじ)さんが「自分が本当においしいと思うものを売る」食のセレクトショップだ。
インドの高級レストランで研鑽を重ねたダスさんが、2011年に開店。以来、気軽に楽しめる本格インド料理店として近隣の人に愛され続けている。
get_app
ダウンロードする
キャンセル