MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
名古屋グルメ_人気の単品料理を組み合わせたセットが人気! 名古屋駅前の町中華『中国料理 千龍』/名古屋エリア限定情報(91)

名古屋グルメ_人気の単品料理を組み合わせたセットが人気! 名古屋駅前の町中華『中国料理 千龍』/名古屋エリア限定情報(91)

リニア開通に向けて再開発がすすむ名古屋駅界隈。東側には名古屋エリアに初出店した東京の有名店やチェーン店が建ち並ぶ。一方、西側はというと、昔ながらの安い居酒屋や焼肉店、食堂など庶民的な店が軒を連ねている。 今回紹介する『中国料理 千龍』も名古屋駅の西側。創業は平成7(1995年)の、安くて旨い店だ。

人気の単品料理を組み合わせたセットが人気! 名古屋駅前の町中華『中国料理 千龍』


リニア開通に向けて再開発がすすむ名古屋駅界隈。

東側には名古屋エリアに初出店した東京の有名店やチェーン店が建ち並ぶ。

一方、西側はというと、昔ながらの安い居酒屋や焼肉店、食堂など庶民的な店が軒を連ねている。

線路を隔てているだけで、これほど表情が変わる街も珍しい。


私はどちらかというと、後者の方が好きだ。

今回紹介する『中国料理 千龍』も名古屋駅の西側。

創業は平成7(1995年)。

当時、覚王山や池下、東山、栄に4店舗展開していた『眞弓苑』で料理長を務めた先代が開店させた。


「私も中学校を卒業後、父が働く『眞弓苑』に就職しました。
私は4人兄弟の末っ子ですが、当時は兄たちや母も働いていました。
『眞弓苑』で父は人気の単品メニューとミニラーメン、ご飯を組み合わせた定食や生ビールが付くセットを考案しました。
これがすごく人気で、店は夜のみの営業でしたがいつも賑わっていました」と、二代目店主の渡邉司さんは振り返る。


『中国料理 千龍』もまたセットメニューが人気。

というか、客の大半がセットメニューを注文する。

まずは、メイン料理にミニラーメンとご飯、漬物が付く定食セットから紹介しよう。


メイン料理は、酢豚や肉団子、唐揚げなど6種類から選べ、いずれも値段は820円。

写真はメイン料理にジンギスカンが付くいちばん人気の「千龍定食」。

醤油ベースの甘辛い自家製だれに漬け込んだ肉はくさみもなく、ご飯がすすむ。

ご飯の大盛やおかわりも自由だ。

これで820円はかなりお得。


続いて、人気の単品料理に生中が付く「生ビールセット」(850円)。

写真は「ニラ玉」だが、ほかにも餃子(8個)やシューマイ(5個)、青菜炒め、手羽辛、春巻から好きなものが選べる。

「セットでも1人前のボリュームがありますから、満足されると思います。
ちなみにそれぞれを単品で注文すると、ニラ玉が600円で、生中が450円ですから、いかにお得なのかわかるでしょう(笑)」(渡邉さん)


夜に訪れる客の多くは、この「生ビールセット」で喉を潤して、〆に「台湾ラーメン」(700円)を注文するという。

「台湾ラーメン」も、先代がいろんな店を食べ歩いて考案した店の名物とか。


「80年代後半から90年代にかけて、今池の『味仙』さんがすごく流行っていたんですよ。
『眞弓苑』でも台湾ラーメンなどのメニューを採り入れようということになって、味を研究していました。
いろんな店を食べ歩く中で、父は覚王山にあった屋台の台湾ラーメンを参考にしたそうです」


台湾ラーメンといえば、麺の上にのるピリ辛の「台湾ミンチ」が特徴。発祥の店『味仙』も、巷の中華料理店も豚挽き肉を使っているが、ここの台湾ラーメンには鶏ミンチで作った台湾ミンチがのるのが特徴だ。

また、ベースとなるスープは鶏と豚骨。ていねいに下処理をしているので、それぞれの旨みがしっかりと抽出されている。

辛みもあるが、その奥にある旨みも強く感じる。


宴会コースも用意していて、餃子や酢豚、青菜炒め、麻婆豆腐など全7品、しかも120分の飲み放題付きで3000円~。

食事もお酒も、宴会もとことんリーズナブルに楽しめる。


中国料理 千龍
[住所]愛知県名古屋市中村区太閤1-5-26
[TEL]052-452-9691
[営業時間]11時~14時(13時半L.O.)、17時~24時(23時L.O.)
[定休日]土・日・祝










永谷正樹(ながや・まさき)
1969年生まれのアラフィフライター兼カメラマン。名古屋めしをこよなく愛し、『おとなの週末』をはじめとする全国誌に発信。名古屋めしの専門家としてテレビ出演や講演会もこなす。

このグルメ記事のライター
永谷正樹@まとメシ

名古屋メシの専門家として、実際に食べてみて本当に美味しかったものや、名古屋のグルメ事情について、好き勝手に書き綴る。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
「ひつまぶし」の激戦区、名古屋駅前にオープンした『ひつまぶし う家』は、通常の1.6倍の大サイズの鰻を使った「大ひつまぶし」が名物。 今年2月末以降、新型コロナウイルスの感染が拡大しつつある中で『ひつまぶし う家』はテイクアウトメニューに力を入れてきた。 そして、系列店で同じ建物内にある『札幌 かに家』のテイクアウトも、かにを存分に堪能できるものばかりなのだ。
安くて、旨くて、ボリューム満点の三拍子揃った愛知県の、喫茶店のモーニング。その発祥の地とされる尾張地方西部の街、一宮市にある人気店『カフェ メールネージュ』は、テイクアウトモーニングに力を入れている。そして、新型コロナウィルスの広がりを防止する動きのなかで、その需要はより高くなった……。
名古屋市昭和区にある『炭焼 うな富士』。地元では知らない人はいないうなぎの名店である。 全30席の店内は常に満席で、平日でも店の前に行列ができるほどの人気ぶり。 そんな『うな富士』が今年4月、新型コロナウイルスの影響もあり、出前とテイクアウト、そしてついに通販も開始した。
名古屋めしが食べられる居酒屋が数多く建ち並ぶ名古屋駅周辺で、専門店にも負けないと評判なのが、『名駅宴処 花かるた』だ。 緊急事態宣言の発令を受けて、現在は月~金曜日のランチ営業(11時~14時L.O.)のみ営業(土、日、祝日は臨時休業)しているほか、14時半(L.O.)まで店の入り口でテイクアウトメニューの販売を行っている……。
新型コロナウイルスの影響で今、飲食店は危機に瀕している。 とはいえ、自粛生活の中でも美味しいものを食べたい。そこで、これまで『まとメシ』にて紹介した店を中心に、私、永谷正樹がオススメするテイクアウトメニューやお取り寄せグルメを集中的に紹介しよう。 まずは、名古屋市緑区にある和食店『花ごころ 緑苑』から、始めようと思う。
「ひつまぶし」の激戦区、名古屋駅前にオープンした『ひつまぶし う家』は、通常の1.6倍の大サイズの鰻を使った「大ひつまぶし」が名物。 今年2月末以降、新型コロナウイルスの感染が拡大しつつある中で『ひつまぶし う家』はテイクアウトメニューに力を入れてきた。 そして、系列店で同じ建物内にある『札幌 かに家』のテイクアウトも、かにを存分に堪能できるものばかりなのだ。
松戸を中心に店舗展開する超人気店『中華蕎麦 とみ田』が、満を持して東京に上陸。同店の代名詞である超濃厚な豚骨魚介つけ麺と、富田店主が業界入りするきっかけにもなった名店『東池袋大勝軒』のクラシカルなつけ麺を二枚看板で提供する。
ホテルオークラの懐石料理店『山里』での修業を経て、2013年に独立。「食べた後に、物足りないと思ってほしい」と店主の山岸忍さんが言う通り、油をほとんど感じさせない天ぷらで、とにかく軽い。
 かつて三田にあった中華料理店『味一番』。少年時代、この店のタンメンと炒飯が大好物だった店主・今野さんは、それを再現するため植木職人から料理の世界に飛び込んだ。
東京で緊急事態宣言がなされて以降、飲食店は多大なるダメージを受けている。 そんな飲食店を応援すべく立ち上がったのが「さきめしSupported by SUNTORY」。 飲食店へ“先払い”する「さきめしチケット」と、さきめしに登録した飲食店全店へ均等に分配する「寄付」で応援するというプロジェクトだ。その考えに、おとなの週末編集部も賛同。実際に利用することで応援してみた。
227views F&D 最新情報

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt