MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
喰呑をかし(居酒屋/新橋)|御成門駅徒歩5分、京の町家のようなお店で頂く女将が作る和洋折衷料理はまさに絶品

喰呑をかし(居酒屋/新橋)|御成門駅徒歩5分、京の町家のようなお店で頂く女将が作る和洋折衷料理はまさに絶品

「新虎通り」開通以前の2015年2月オープン。京の町家を思わせる外観が目を惹く。

喰呑をかし(最寄駅:新橋駅)

ひとりでもコースの注文OK!女将が作る和洋折衷料理に感動

吟味された食材を使い「身体によく美味しい料理を」と女将が腕をふるう。アラカルトもいいが、はじめてなら、まずはコースをいただくべし。1品目のポタージュにぎゅっと心をつかまれる。有機豆乳ベースに本ズワイガニとジャガイモ、数滴垂らしたEXVオリーブオイルなど素材が溶け合う豊かな味わいだ。驚きと意外性のある料理を一品ごとに満喫したい。

皿鍋(4800円コースのメイン)
4800円

黒毛和牛の内ハラミをすりおろしリンゴの甘辛ベースで。深いコクと牛肉の旨みが口中であふれる

牡蠣りぞっと~つくね芋とろろのっけ~
2200円

カキとエシレバター、つくね芋の食感が調和。ソムリエである女将セレクトのワインと

4800円コースの前菜3品(本ズワイ蟹と馬鈴薯の有機豆乳ポタージュ、真鯖きづし、自家製ツナとオーガニック野菜サラダ)

コースの前菜3品

焼き雑炊(4800円コース〆)

皿鍋から作る〆の焼き雑炊。黒オリーブとトマトがアクセント

をかしのデザート(ガトーショコラと有機アッサム茶)

カカオ56%のチョコレート使用、グルテンフリー

お店からの一言

女将さん

「おひとりでも気軽にお立ち寄りください」

喰呑をかしの店舗情報

[住所]東京都港区西新橋2-21-6 [TEL]03-5473-3800 [営業時間]11時半~13時半、17時半~23時(22時LO)※ランチタイム有 [休日]土・日・祝 [席]カウンターあり、全16席/全席禁煙/予約可/カード可/サディナーのみ5%(2階個室は10%)、お通し代500円別 [交通アクセス]都営三田線御成門駅A5出口から徒歩5分、JR山手線ほか新橋駅烏森口から徒歩10分



電話番号 03-5473-3800

撮影/小島 昇 取材/本郷明美

2019年3月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
赤と白、アナタはどちら?いえ紅白歌合戦ではありません、煮込みの味の種類のこと。
巷では中国茶ブームだが、極上の烏龍茶でお茶割りを作ろうというのはナイスなアイデア! ここはそんなお茶割りの専門店。
小町通り脇の小路に佇むナチュラルワインと野菜料理の店。店主はレストランの厨房で働いた経験があり、サラダなど野菜の惣菜はもちろん、鶏レバームースや鴨のコンフィといった肉料理までレストランクオリティだ。
神保町の路地裏で、午後3時の開店から続々とお客さんがやって来る。しかも皆さんお勤め人風だから、昼飲みとはいえ雰囲気はなごやか。
鉄板で焼きつけるクワ焼きは大阪大衆酒場の花形。それをモダンに取り入れ、ワインや日本酒と合わせた話題の新店。
東京の寿司店で修業を積み、約10年前に地元・横浜で独立。「わざわざ足を運んでもらうような場所なので、握りもひと工夫しています。
全日本さば連合会が4月末よりスタートした「サバレシピリレー~サバトンをわたそう!~」。 その後も「サバトン」(バトンです……)は、北は北海道、南は鹿児島、さらになんとオーストラリアまで! サバレシピが続々と投稿されている。その数は、現在150を超えた。 和洋中、エスニックと、「サバラエティー」にあふれる多彩なレシピが大集合!
“食堂”をコンセプトとする新ブランドの看板は、ゲンコツと背脂、 バラ肉でとった豚100%の清湯ラーメン。スープは、超クリアな“あっさり”と背脂たっぷりの“こってり”から選択できるが、お店の推しは断然“こってり”だそう。
いま最も注目されている飲み屋街、西成。 そのなかでも昔から西成通に愛されている角打ちがある。 それが、17年前にオープンした「山口酒店」。 「立ち呑みの部分だけ間借りしてます。お酒は隣の酒屋から選んでもってきてくださいね」 という名物ママが仕切る、居心地の良い店なのだ。
大正14年(1925)創業。代々続くメニューがずらりと並ぶなかでも、このグラタンはいたってシンプル。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt