MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
大衆酒場 コグマヤ(居酒屋/中野)│駅徒歩2分、串煮込みが名物の大衆居酒屋♪

大衆酒場 コグマヤ(居酒屋/中野)│駅徒歩2分、串煮込みが名物の大衆居酒屋♪

カウンター酒場の名物なら煮込みがテッパンだ。この店のそれは串スタイル。

perm_media 《画像ギャラリー》大衆酒場 コグマヤ(居酒屋/中野)│駅徒歩2分、串煮込みが名物の大衆居酒屋♪の画像をチェック! navigate_next

大衆酒場 コグマヤ(最寄駅:中野駅)

名物煮込みは名古屋のどて煮と関東おでんのいいとこ取り

マルチョウなど牛モツを中心に、日によって豚モツ類も登場すればもう目移り必至。おまけに大鍋の中から豆腐や大根が黒光りするほど染みた姿を覗かせてくるもんだから、エエイ全部頼んじゃえ~的な気分でゴキゲンになれるのです。

赤味噌ベースの味は名古屋のどて煮を思わせる甘さと関東おでんのようなダシの旨みを両方備える。クセが微塵もないモツは見た目とは裏腹に濃過ぎずいい塩梅だ。それも部位別に処理や煮る時間を変えるなど丁寧な仕込みを施すからこそ。とぅるんと弾む豆腐めしで〆れば幸せの酔人、一丁上がりです!

てっぽう串、牛ホルモン串、牛すじ串、うずら串、大根、名物豆腐
120円、180円、180円、120円、160円、140円

串打ちしたホルモンは部位別に仕込み、個々の脂の量などを見ながら味を調える。客が必ず注文するという定番の豆腐は、30分~1時間ほど水抜きして2時間以上煮込まれる。店は2016年に開店。池袋などに焼肉の姉妹店も

肉刺しハラミユッケ、男のポテサラ、こぐまハイボール
380円、380円、480円

男のポテサラはお好み焼き味。ハラミユッケは低温調理で柔らかく仕上げた人気料理。ウイスキーをジンジャーエールで割ったオリジナルハイボールもある

豆腐めし
380円

味が染みた煮込みの豆腐をご飯の上に。〆におすすめ

お店からの一言

責任者 水野洋介さん(左)、スタッフ 朝比奈梨菜さん、木村賢治さん

「串煮込みは定番以外にシロなど日替わりでも用意しています」

大衆酒場 コグマヤの店舗情報

[住所]東京都中野区中野3-36-4 2階 [TEL]03-6304-8655 [営業時間]17時~23時45分(23時20分LO) [休日]不定休 [席]カウンターのみ、全20席/全席喫煙可/予約可/カード不可/サなし、お通し300円別 [交通アクセス]JR中央線ほか中野駅南口から徒歩2分 ※コグマヤの値段は税抜です


電話番号 03-6304-8655

撮影/鵜澤昭彦 取材/肥田木奈々

2019年3月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
「酒」の提灯、その奥に垣間見える楽し気なカウンターに、まずノックアウトだ。しかし、ここ『洒落者』の本領は、そのカウンター奥から次々と繰り出される、「ほんとにこの値段?」と思わせる素晴らしいつまみの数々だ。
使い込まれた渋い暖簾、開け放たれた大きなガラス戸から中に入ると、ふたつのコの字カウンターはすでにいっぱい。ワイワイガヤガヤ、思い思いに一杯やっている。
店長の後藤さんは宮崎県出身。東京で日本酒に出合ってすっかり日本酒の虜になったとか。
「ほっとしたい」「気分を上げたい」――日本酒のこんな注文も大歓迎、の店だ。たとえば猪肉のローストに合わせて、「力が湧くお酒を」とリクエスト。
店を構えて35年の居酒屋。魚介を中心にほとんどのメニューが500円前後で揃い、中でも塩焼き、味噌煮、竜田揚げなど、多彩な金華さばのメニューが目を引く。
最新記事
「また食べたいと思ってもらえるものを。何度口にしても感動してもらえる味を」。そのためにフランス人シェフのサントスさんが徹底しているのが改良を重ねて作り上げたレシピと、全工程へのこだわりだ。
大手メーカーと違い、各ブルワリーの個性溢れるクラフトビール。飲んでみたいけど、ちょっと高い。では、何を飲めばいいのか? 本誌飲み比べ隊がスーパーやコンビニで買えるビールを薄張りグラスで都度洗浄して試飲しました!
みなさんは“チャーラー”をご存じでしょうか。チャーハンとラーメンのセットの略語なのです。愛知で親しまれるこのセットメニューを愛してやまない現地在住のライター・永谷正樹が、地元はもちろん、全国各地で出合ったチャーラーをご紹介します!
築約70年の木造日本家屋で営業を続けるお好み焼き屋。芸人で染太郎の妻・崎本はるが、戦争で染太郎を亡くしたあとに始めたお店で、屋号は後から付けたもの。
リモートワークで毎朝通勤しなくていいのはうれしいけれど、どうも気持ちが仕事モードに切り替わらない。そんな時は甘いものを食べて脳に糖分を注入! 実際に食べて美味しかった朝スイーツをご紹介します。
get_app
ダウンロードする
キャンセル