MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
ル モンド グルマン(フレンチ/自由が丘)|普段使いもできる!手間暇掛けた煮込み料理にうっとり♪

ル モンド グルマン(フレンチ/自由が丘)|普段使いもできる!手間暇掛けた煮込み料理にうっとり♪

煮込み料理は地味かもしれない。けれど地道な仕込みの手間がかけられたその味には、真の美しさが宿るのだと思う。

ル モンド グルマン(最寄駅:自由が丘駅)

美しさ宿る煮込みの技が“食いしん坊”を唸らせる

艶やかに輝くご覧の王道のひと皿からも、感じてもらえるのではなかろうか。肉はナイフでスッと抵抗なく切れるほど柔らかく、頬張ればふっくら優しい奇跡の食感。牛骨やスジで仕込む芳醇な赤ワインソースと、さりげなく添えたマッシュポテトが味にアクセントを与え、全体をビシッとまとめている。まさに非の打ち所がない完成度。

これが日仏の名店で修業した一流の腕から生み出されると聞けば襟を正すところだが、そんな経歴を自慢することなど一切ない温かさに満ちているのがここ、食いしん坊の世界を意味する『ル モンド グルマン』なのだ。
「肩肘張らず楽しめる店をやりたかった」と店主の嘉藤さんは言う。

目指すのは伝統のフランス料理をベースに少しの驚きと独自のエッセンスを加えた身近な美味しさ。先の煮込みは店の定番で、和牛ほほ肉にこだわり20年来の信頼関係がある肉屋から上質なものを仕入れているそう。心を砕くのは形を崩さずふかふかに仕上げる肉の火入れ。個々の質を見極め、煮込む時間を微調整している。


で、食いしん坊の皆さん、今一度視線を写真のひと皿へ。ほら食べに行かずにいられないでしょう?

和牛ほほ肉の赤ワイン煮込み
2100円

和牛ほほ肉は適度に細かい脂身が入っており、まるで上質なクッションのようにふかふかの食感。赤ワインソースで数時間煮込み、完成までに3日かける逸品。ランチでも提供

豚足のクロケット
1200円

豚足を使ったコロッケ風の料理。柔らかく煮て骨を丁寧に取り、ミンチにした肉の部分を皮で巻いて揚げる。表面はカリッと中はプリッとした歯応え

ポロネギとイワシのマリネ
1200円

とろとろのポロネギは濃厚な甘みがあり、ドレッシングの酸味と相性抜群。イワシのマリネも添える。季節で食材は変わる。店主の嘉藤さんは『タイユバン・ロブション』『タテルヨシノ銀座』『ステラマリス パリ』など日仏の数々の名店で修業し2015年に独立

お店からの一言

オーナーシェフ 嘉藤貴士さん

「心地良い空間で気軽に料理を楽しんでほしいと思っています」

ル モンド グルマンの店舗情報

[住所]東京都目黒区緑が丘2-17-15 [TEL]03-5726-8657 [営業時間]11時半~15時(13時半LO)、18時~23時(21時LO)※ランチタイム有 [休日]月、第2・4火(祝の場合は営業で翌休) [席]カウンターあり、全20席/全席禁煙/予約可/カード可/サ・お通し代なし [交通アクセス]東急東横線ほか自由が丘駅北口から徒歩5分 ※ル モンド グルマンの値段は税抜です


電話番号 03-5726-8657

撮影/貝塚 隆 取材/肥田木奈々

2019年3月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
滋賀の食材をメインにしたビストロで、記憶に刻まれるひと皿に出合った。それが近江牛の炭火焼き。中心温度を45℃前後に保ちつつ、炭火に乗せて、休ませてを繰り返すこと3~4回。
ワインでお肉。言うまでもなくシアワセな組み合わせだが、それをリーズナブルに満喫してもらいたいという明快さがいい。
熱々の韓国石鍋の中で湯気を立てているのは、和牛のすじ肉を2時間煮込み、ひと晩寝かせてとったスープで作るポトフだ。中には玉ネギ、ニンジン、大根、ゴボウと有機農法の根菜がたっぷり入り、塩味のコクあるスープに野菜の甘みが溶け出している。
笑っちゃうほどトリュフ山盛りのトーストに度肝を抜かれたかと思えば、これまたウニどっさりの野菜ムースの旨さに絶句。とそこへ酒場の定番、ハムカツだ。
 昨年11月に神田から神楽坂へ移転。フランスの一流レストランで腕を磨いた大谷大三郎シェフの伝統的かつオリジナリティあふれる料理が楽しめる。
 1970年創業のイタリアン。当時は、パスタをアルデンテで出すと「麺が固い!」と怒られた時代。
まず供されるシンプルな茶碗蒸しがあまりに美味しくて夢中で平らげてしまった。期待が高まったところで、にぎりを口にすると、シャリがふんわりとほどけた。
今回ご紹介するのは、2019年7月にオープンした『cafe&bar d●●●●●』だよ。 入れ替わりの激しい吉祥寺で1周年を迎えた&世界中を巻き込んだ“もーやってらんない”現象にも耐えていた(涙)。ということで、個人的に「おめでとう」の気持ちをこめてのご紹介です。店名はイニシャルだけどな……。
夏本番を目前にした今。湿度や気温の高さに負けないよう、元気になれる食べ物をお取り寄せしませんか?夏バテ対策や食欲のないときにオススメな逸品揃いです!カレー、うなぎ、冷たい麺、ホルモンや肉、といった人気ジャンル別に、厳選してご紹介します!
202views お取り寄せ
江戸幕府第五代将軍・徳川綱吉に仕えた川越藩藩主・柳澤吉保による大名庭園。吉保自らが設計し、元禄15年(1702)に完成させた。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt