MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
酎ハイスタンド 練屋(居酒屋/練馬)|駅から徒歩5分にあるお茶割り専門店!別次元の美味しさにウットリ♪

酎ハイスタンド 練屋(居酒屋/練馬)|駅から徒歩5分にあるお茶割り専門店!別次元の美味しさにウットリ♪

巷では中国茶ブームだが、極上の烏龍茶でお茶割りを作ろうというのはナイスなアイデア! ここはそんなお茶割りの専門店。

酎ハイスタンド 練屋(最寄駅:練馬駅)

透き通る美味しさ!烏龍ハイはここまで進化した

店主・水野さんは開店にあたって、まずお茶を極めたという。
同じお茶割りでも台湾の「凍頂烏龍茶」は驚くほどクリアでフルーティ、「東方美人茶」はまろやかなコクがあり、日本の「屋久島産有機無農薬烏龍茶」は優しい甘みがふんわり。お茶によってこれほど違うのかとビックリ! 烏龍茶で煮た鶏肉やうずらの卵など、ヘルシーかつお茶に合う絶妙なつまみも個性的で、ちょいと一杯のつもりが水野さんの話に引き込まれ、気付けば何杯も飲んでしまうのだ。

パクチー辛奴、グリーンジン
300円、500円

ジンと緑茶が見事に調和。ピリリと辛い冷奴と

うずら卵の煮込みタレ漬け、鶏の烏龍茶煮込み、屋久島烏龍ハイ
200円、200円、500円

烏龍茶とスパイスで煮込こまれた鶏肉とうずらの卵はあとひく旨さ

右から「東方美人ハイ」、「屋久島烏龍ハイ」、「凍頂烏龍ハイ」各500円。大は各600円で量は1.5倍。お茶割りにした時に美味しくなるよう、それぞれ淹れ方を変えている

お店からの一言

店主 水野功一さん

「お茶の美味しさを引き出した烏龍ハイをぜひ!」

酎ハイスタンド 練屋の店舗情報

[住所]東京都練馬区豊玉北6-14-2 [TEL]03-6875-6539 [営業時間]17時~23時(22時半LO) [休日]日、祝の月 [席]スタンディング約8席/全席禁煙/予約可/カード不可/サ・お通し代なし [交通アクセス]西武池袋線練馬駅西口から徒歩5分


電話番号 03-6875-6539

撮影/大西尚明 取材/岡本ジュン

2019年4月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
次から次へと運ばれる小さなつまみに、酒飲みならば誰しもぐっとくるはず。気取りのない下町の居酒屋だけれど、洗練された料理の味わいと盛り付けの美しさは割烹かそれ以上。
カウンターに集う皆の目当てはレモンサワーをはじめとした焼酎割り。中でもウーロンハイをはじめとしたお茶割りが人気だ。
木々に覆われた外観に、一見入りづらく思うかもしれない。しかし中へ入ると、スタッフの対応や明るい雰囲気に、ガラリと印象が変わるはず。
それが運ばれてきた瞬間、ピンク色に輝く美しいサシに心がときめいた。刺身? いいえ、「トロ焼きしゃぶ」。
なんと、ここは向かいにある酵素浴サロンがやっている立ち飲み店。酵素浴と酒場という組み合わせは意表を突くが、そもそもは酵素浴帰りに「体にいいものを食べられたらいいね」から始まったとか。
1925年に創業した老舗レストラン。当代の祖父にあたる2代目が考案して以来の看板メニューがこの「ヤキメシ」だ。
次から次へと運ばれる小さなつまみに、酒飲みならば誰しもぐっとくるはず。気取りのない下町の居酒屋だけれど、洗練された料理の味わいと盛り付けの美しさは割烹かそれ以上。
予約必須の食パンが有名な超超人気店。けれど魅力はそれだけではない! 
文政6年(1823)年から続く酒蔵『木内酒造』が経営。クリアで味わい深い「常陸野ネストビール」と清酒「菊盛」、石臼自家製粉の常陸秋そば。
大正3年に日本橋浜町で創業。スーラーメンなど名物料理は多いが、今回はザ・王道と呼びたくなるラーメンに注目したい。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt