MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
吉祥寺グルメ情報_吉祥寺で勢力拡大している注目の定食屋はココだ! の件/おっさん女子の吉祥寺パトロール(136)

吉祥寺グルメ情報_吉祥寺で勢力拡大している注目の定食屋はココだ! の件/おっさん女子の吉祥寺パトロール(136)

最近、吉祥寺で新しい店がオープンすると、それはコンビニか、タピオカティーか、ドラッグストアである。あと飲食店はチェーン店ね……。 やっぱり「吉祥寺ならでは」っていうのがほしいよね、と思っているおっさん女子は、いい感じに勢力を拡大している『M食堂』が気になっているのである……。

吉祥寺で勢力拡大している注目の定食屋はココだ! の件


最近、吉祥寺で新しい店がオープンすると、それはコンビニか、タピオカティーか、ドラッグストアである。

あと飲食店はチェーン店ね……。

なんかさ、もう足りてるよね、それ……。

個人経営が、ものすごいスピードで閉店していると感じる今日このごろ。

チェーン店でもいいんだけど、吉祥寺ならではっていうのがほしいよね、と思っているおっさん女子であった。


そんななか、吉祥寺でいい感じに勢力を拡大している店がある。『M食堂』である。

イラスト/小豆だるま



『M食堂』は連載17回で紹介したけど、終日定食があって、どのメニューも1000円前後で収まるコストパフォーマンス。

サンロードにある『M食堂』は、キッチンを囲むようにカウンターがある構造で、椅子もバーにある感じのスツールなので、ちょっと落ち着かないんだけどね。

でも、老若男女の胃袋を確実につかんで人気店に成長した印象だったのよ(超上から目線です、すみません)。

ちなみにここが本店ね! 


さらに2019年に西荻窪に支店ができたのよ。

『西荻 M食堂』ですよ。

ここは、メニューなどは本店を踏襲しているんだけど、店内は4人掛けのテーブル席も何席かあって、カウンターも奥行きがあって、混んできても窮屈に感じないのがいいんだよ。

おひとり様女子も堂々と定食&瓶ビールとか頼んじゃってる、まさにオアシス。

サンロードの本店は地下なのでちょっと入りにくいんだけど、こちらは1Fだし、明るくて中の様子も見えるので入りやすいよ。

でもさー、西荻に用事があったから食べて帰ろうかなぁと思ったら、休日だったのに4~5人並んでたよ……。

アッという間に人気店に成長していました……。

あーあ、と思って、すぐ近くにある『U正』という魚の定食が美味しい店に入ろうとしたら、こっちも5~6人並んでるんだよ。

最近の西荻は、休日はうっかりしているとランチ難民になっちゃうから、気をつけろ!
 
それで『西荻 M食堂』の並びにある『Nの手書店』という、品ぞろえのいい古本屋で散財したおっさん女子でした……。


私は西荻でも並ばないよ(キッパリ)。

っていうか中央線の店では絶対に並ばないから。


『M食堂』は、チェーン店というには小規模だが、吉祥寺&西荻では確実に支持されている味のある冷食屋という位置づけなんだけど、2020年になって攻めてきたよ。

1月の初頭に吉祥寺に2軒目がオープン!

場所は大正通りを1本入ったところで、『Gクレフ』という紅茶屋さんがあった場所。

長いこと吉祥寺でやってたけど、去年喫茶の方は閉店しちゃったんだよね。

でも、プチロードで茶葉販売は継続中! 

新しいM食堂の店内は明るくて、2人掛けのテーブル席&広いカウンターは西荻店を踏襲している感じ。

メニューも1000円前後の定食は顕在。

私は『M食堂』に来たら、唐揚げ定食がデフォルトです。

小鉢4品+メイン+サラダ+味噌汁+ごはんはおかわりOK。

ちなみに味噌汁が具沢山で、ちょっと塩分多めです。

でもさー、魚系定食も美味しそうなんだけど、お値段ちょっとお高いのよ(涙)。

まあここでは、ガッツリ肉系をチョイスするのが、賢いよね。

昼から夜まで通し営業なのもウレシイよ。
まあ文句があるとしたら、すごい混みそうだなっていうのと、税込みで1000円に収まるといいよねというのと、キャッシュレス対応にしてほしいな、という感じでしょうか?


私は、東急吉祥寺のデパサンに入っている『M珈琲店』は、吉祥寺にあと3軒くらいあってもいいと思っているんですが(連載68回101回参照)、『M食堂』も、吉祥寺にあと3軒くらいあってもいいんじゃね? と思っています(笑)。









天野七月/あまのななつき
ライター&ときどきエディター。吉祥寺在住、ざっくり30年くらい。基本おっさん女子、たま~に乙女マインド。いつも吉祥寺をふらふらしています。ちなみに無芸大食。




小豆だるま
高校の国語教員を経てイラストレーター・漫画家になる。ギャグとシリアスを行ったり来たりする作風で雑誌・書籍・webなどで活躍中。著書は「日々ズレズレ」(小学館)その他。好物はタイ料理と辛いもの。

このグルメ記事のライター
天野七月@まとメシ

吉祥寺に住んで、ざっくり30年。基本「おっさん女子」の筆者が、たまに乙女マインドをチラつかせながら、地元民目線で食事情を語る。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連するキーワード
関連記事
吉祥寺は飲食に関しては何でもある街と思われているが、実は意外にないものがある。今回は、意外にないもののひとつ、仕事帰りのおひとり様女子(乗り換えでいったん吉祥寺に降り立つ女子も含む)を癒す店をご紹介だ。
なんだかんだいって、地方名産品界のスターは、北海道だよね。 実は私は、北海道名産をどーんと集めたアンテナショップ『Dさんこプラザ』のヘビーユーザー……。 北海道のおやつは、美味しいものがありすぎて絞るのが大変なんだけど、おっさん女子的に最も愛する“北海道のじゃがいも”のおやつランキングを作ってみたよ。
世の中&吉祥寺も食パンブーム。 食パンに、野菜や果物、そのほか食材を練り込んで焼き上げた練り込み系食パン、ぶどうパンなんかが、スタンダードだけど、最近いろいろ増えてきてるよね。 私も調子に乗って、練り込み系食パンも食べ散らかしたので、その結果をご報告だ。
私は、ついつい鶏唐揚げ定食をデフォルトで選んでしまいがちな、脂っぽいおっさん女子。だが私にも魚が食べたいときがある(苦笑)。そして私は白飯至上主義。 今回は、基本脂っぽいおっさん女子がふと食べたくなる、海鮮丼系どんぶりが充実した居酒屋ランチを紹介してみるよ。
「ひつまぶし」の激戦区、名古屋駅前にオープンした『ひつまぶし う家』は、通常の1.6倍の大サイズの鰻を使った「大ひつまぶし」が名物。 今年2月末以降、新型コロナウイルスの感染が拡大しつつある中で『ひつまぶし う家』はテイクアウトメニューに力を入れてきた。 そして、系列店で同じ建物内にある『札幌 かに家』のテイクアウトも、かにを存分に堪能できるものばかりなのだ。
松戸を中心に店舗展開する超人気店『中華蕎麦 とみ田』が、満を持して東京に上陸。同店の代名詞である超濃厚な豚骨魚介つけ麺と、富田店主が業界入りするきっかけにもなった名店『東池袋大勝軒』のクラシカルなつけ麺を二枚看板で提供する。
ホテルオークラの懐石料理店『山里』での修業を経て、2013年に独立。「食べた後に、物足りないと思ってほしい」と店主の山岸忍さんが言う通り、油をほとんど感じさせない天ぷらで、とにかく軽い。
 かつて三田にあった中華料理店『味一番』。少年時代、この店のタンメンと炒飯が大好物だった店主・今野さんは、それを再現するため植木職人から料理の世界に飛び込んだ。
東京で緊急事態宣言がなされて以降、飲食店は多大なるダメージを受けている。 そんな飲食店を応援すべく立ち上がったのが「さきめしSupported by SUNTORY」。 飲食店へ“先払い”する「さきめしチケット」と、さきめしに登録した飲食店全店へ均等に分配する「寄付」で応援するというプロジェクトだ。その考えに、おとなの週末編集部も賛同。実際に利用することで応援してみた。
221views F&D 最新情報

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt