MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
コラム
まとめ記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
珞珈壹号(中華料理/銀座)|中華を食べるなら絶対ココ!中国の湖北料理を楽しめるチャイニーズバル☆

珞珈壹号(中華料理/銀座)|中華を食べるなら絶対ココ!中国の湖北料理を楽しめるチャイニーズバル☆

長江の中流に位置する湖北省。周囲にある各地域の食文化が混じり合う、まさに美食の宝庫なんだとか。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

※コロナ禍で外食が自粛・縮小されている状況ではありますが、ぜひ知っておいて欲しい飲食店を、ご紹介しております。

珞珈壹号(最寄駅:銀座駅)

美食の都・湖北省伝統料理とワインのモダンチャイニーズ

この湖北の伝統料理を引っさげ、昨年10月にオープンした。現地から招聘したシェフによって磨き上げられた料理は上品かつ繊細な味わい。名物の「黄州ドンポー肉」は、中華スパイスの香りが幾重にも広がる逸品だ。紹興酒もいいけれど、種類豊富なワインに手を伸ばしたくなる。ひとりでも味わえる小皿料理(324円~)もふんだんに揃え、チャイニーズバルとしても楽しめる。

黄州ドンポー肉
1490円

皮付きの豚バラ肉を蒸してからじっくり煮込んでとろとろの口当たりに。蒸しパンに挟んで頬張りたい

武漢もち米団子の蒸しもの
1058円

湖北省・武漢市で親しまれる点心で、豚挽き肉と餅米が相性抜群。餡に混ぜたクワイの食感がアクセントになっている

レッカン麺
1382円

中国語では「熱乾麺」と表記する、いわば温かい汁なし麺。特注の太麺をゴマとニンニクのソースで和えたパンチあふれる風味だ。中華風漬物や角切り焼豚の食感も楽しいひと皿となっている

お店からの一言

シェフ 華 金兵さん

「おつまみ1品、ワイン1杯から気軽にどうぞ」

珞珈壹号の店舗情報

[住所]東京都中央区銀座5-8-9 BINO銀座 4階 [TEL]050-3134-3858 [営業時間]11時半~15時(14時半LO)、17時~23時(22時LO)※ランチタイム有 [休日]無休 [席]カウンター、個室あり、全76席/全席禁煙/予約可/カード可/個室利用のみサ10%別、お通し代なし [交通アクセス]地下鉄銀座線ほか銀座駅A5出口から徒歩2分


電話番号 050-3134-3858

撮影/小澤晶子 取材/菜々山いく子

2019年5月号発売時点の情報です。

※全国での新型コロナウイルスの感染拡大等により、営業時間やメニュー等に変更が生じる可能性があるため、訪問の際は、事前に各お店に最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。また、各自治体の情報をご参照の上、充分な感染症対策を実施し、適切なご利用をお願いいたします。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
台湾の人気炒飯店『民生炒飯』の味に惚れ込んだ日本人スタッフが現地で修業をし、本場の味を習得。店主に認められ、国外初出店を果たした。
中国東北部出身の女性店主が丁寧に作る、本場そのままの点心が評判。皮から手作りの小籠包や水餃子はほっこりする家庭の味で、毎日でも食べられそう。
『筑紫樓』といえばフカヒレ専門店の重鎮。行ってみたいけど、恵比寿本店や銀座店の煌びやかなイメージに及び腰……。
中華は家族みんなで囲める料理。ならばどんな世代にも親しみやすく、なおかつ体に優しい方がいい。
ここでは何をさておいてもまずコレ、見事な焼き色、ボリュミーな姿にそそられる通称“ジャンボ餃子”だ。本店は1949年創業の老舗だが、そこで当時から変わらない手作りで半世紀以上愛されてきた味。
最新記事
自然派医師・本間真二郎さんの腸内細菌を元気にする日々の食卓。2回目は自作の「しょうゆ麹」を使った春のおかずです。しょうゆに米麹を加えて発酵させた調味料がしょうゆ麹。野菜や豆腐との相性も抜群です。
ガッツリ食べたいときも、年末年始でお疲
れ気味のときも、どんと来いなのがこちら。「大阪讃岐うどん」の旗手が提供するのは、茹で置きは一切しない、釜抜きでむっちりとした食感が魅力のうどん。
ここでいきなりクイズです。本記事で紹介する9つの丼はどこのものでしょうか? 正解は記事の最後をご覧ください。店名なんて先入観を捨て、まずは価格と写真を見よ!
美しい彩りに気分が高まる盛り合わせ丼。全体的に薄衣で軽いが、衣の味をしっかりと感じられ、サクッとした歯触りも小気味いい。
人気のサバ缶に新たな商品が登場。それも恐らく業界初という。以前紹介したチョコのサバ缶とはまた違う異色なもの。一体どんな味なのか、サバジェンヌが実食しました。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル