MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
スカイグリルブッフェ武藏|できたて にこだわるライブ感満点のブッフェ(ブッフェ/浅草)

スカイグリルブッフェ武藏|できたて にこだわるライブ感満点のブッフェ(ブッフェ/浅草)

店内に入ってまず目を引くのは窓からのこの絶景だ。浅草を一望するこちらのブッフェは、スカイツリーの開業に合わせてオープン。観光客を含め連日賑わいを見せるが、人気の理由はそのロケーションだけではない。他にはない独特なブッフェスタイルだ。スカイグリルブッフェ武藏[交]つくばエクスプレス「浅草駅」 直結 ※ランチタイム有

perm_media 《画像ギャラリー》スカイグリルブッフェ武藏|できたて にこだわるライブ感満点のブッフェ(ブッフェ/浅草)の画像をチェック! navigate_next

スカイグリルブッフェ武藏(最寄駅:浅草駅)

こちらではほぼすべての料理がライブキッチンで作られている。店内で立ち働く料理人は数十名。和・洋・中・スイーツのどのジャンルも専門の料理人が目の前で調理しているため、客側はまるで厨房にお邪魔しているような感覚だ。まさにライブ感満点。特に炎がたぎるグリル釜は一番の見どころで、数百℃の釜で肉が香ばしく焼かれるシーンを見ると、思わずテンションが上がってしまう。できたての味わいにとりわけこだわるこのブッフェは、食べ放題以上の刺激や満足感を与えてくれる。

ランチ
1人3480円 土・日・祝/3980円

手前はグリル釜で色よく焼かれた牛肉・魚介・野菜の盛り合わせ、奥はピッツァ・パスタ・マリネのイタリアン盛り合わせ。

白ワイン・グラス
850円

炒め物や焼きそばなどの中華料理もすぐ横の火元で調理

富士の溶岩石を使用した特注のグリル釜(内部は約400℃)で焼く牛肉は、釜の遠赤外線効果もあってふんわり柔らか。担当は依田卓也料理長

昔ながらのおばんざいが数々並ぶ和食ジャンルも人気

華やかに盛り付けられたスイーツ

スカイグリルブッフェ武藏

■『スカイグリルブッフェ武藏』
[住所]東京都台東区西浅草3-17-1 浅草ビューホテル26F
[TEL]03-3842-6341
[営業時間]ランチブッフェ 第1部:11時半~13時、第2部:13時15分~15時
[休日]無休
[座席]200席(プレミアムペアシート、半個室は有料席)/全席禁煙(喫煙ルームあり)/予約可/カード可/サ10%
[アクセス]つくばエクスプレス浅草駅に直結、東京メトロ田原町駅より徒歩7分

電話番号 03-3842-6341
2016年3月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
 ランチビュッフェといえば、まず思い浮かぶのが高級ホテルのそれ。しかし最近では、ビジネスホテルも手頃な価格帯を武器に参戦しはじめているのだ。
ホテル雅叙園東京 ニューアメリカングリル カナデテラスのランチブッフェに関するグルメ取材記事と写真のページ。店内のグリルで常時焼かれているのは、塩水に漬け込み、全体が均等な味になるよう下ごしらえされた牛肉、淡白さを青山椒の風味で包んだ鶏肉。さらに肉のショーキッチン前のブッフェ台にはスペアリブまで。
ホテル前の柘榴坂を店名に冠し、2017年4月に『グランドプリンスホテル新高輪』がニューオープン。シェフが切り分けるローストビーフ、ライブで焼かれる魚介と野菜の網焼きグリル、パティシエが盛り付けるジェラートと、ショーキッチンは圧巻だ。圧巻のショーキッチン
グルメライターが[アスコット丸の内東京 トリプルワン シンガポール&チャイニーズキュイジーヌ]を実食レポート。日本でのシンガポール料理の先鞭をつけた『シンガポール海南鶏飯』が手がける、2017年3月にオープンしたホテルの新店。[住所]東京都千代田区大手町1-1-1 22階
最新記事
“肉系さぬき”を謳う大門にある人気店の2店舗目がこちら。ここで肉好きが避けて通れないのが「スペシャル」だ。
9カ月にわたりシーズンが続く女子プロゴルファー。身体が資本のアスリートですが、個人競技のため食生活の管理は完全に個々に任せられています。旅から旅への遠征が基本で外食も多いため、食事の時間は心身どちらにも大切です。そんな心と身体を解きほぐす“ハートめし“を、女子プロの皆さんが教えてくれます。今回登場するのは”れいちぇる“こと臼井麗香さん。先日も、スタンレーレディスゴルフトーナメント(10月8日~10日、東名CC)で初日に首位に立つなど好調なプレーが目立ちます。れいちぇるが推す地元・栃木県鹿沼市のとっておきのお店を紹介します。
人気貝料理店でありながら、1日100食売れる弁当はバリバリの台湾料理! 系列店が台湾にあるため、本場仕込みの「ルーロー飯」(豚角煮飯)と「ジーロー飯」(鶏肉飯)を日本人の口にも合うように、丁寧に拵えてある。
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
今も昔も製麺所を営み、麺類の美味しさは中華街でも指折り。当然“冷やし”でもその旨さを堪能できる。
get_app
ダウンロードする
キャンセル