MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
the ringo marunouchi(スペイン料理/丸の内)|独創性とこだわりに溢れた逸品料理をご堪能下さい!

the ringo marunouchi(スペイン料理/丸の内)|独創性とこだわりに溢れた逸品料理をご堪能下さい!

昨年オープンした丸ビルの新鋭は既存のスペインバルとは一線を画す。テーマは日本の中心地・東京ならではの洗練されたモダンスパニッシュだ。

perm_media 《画像ギャラリー》the ringo marunouchi(スペイン料理/丸の内)|独創性とこだわりに溢れた逸品料理をご堪能下さい!の画像をチェック! navigate_next

the ringo marunouchi(最寄駅:東京駅)

アートな食と空間を演出する東京ならではのモダンスパニッシュ

それはスペイン料理の基本を軸としながら食材の組み合わせから調理法まで遊び心満載。アートな盛り付けにも見惚れてしまう。音楽や絵画で独自の世界観を演出した店内はまさに五感で楽しむ食空間といえるだろう。必食は前菜で人気の濃厚なフォアグラプリン、湯葉と共に味わうカルパッチョ。そして〆には魚介のパエリアを。オマール海老やマダイなどのダシで炊いた米は仕上げにオーブンで焼くことで表面カリッと中はふっくら。一粒ひと粒に含まれた海鮮の旨みが最後まで幸福感を満たしてくれる。

魚介のパエリア(1人分)
1780円(写真は2人分)

オマール海老やカニなど魚介ダシで炊く。ほかにイカスミ味など数種類がある。パエリアが入ったコースは4000円~とお得

生ハムのクリームコロッケ、フォアグラプリン
850円、890円

ベシャメルソースで作る生ハムのクリームコロッケは見た目もおしゃれ。フォアグラをふんだんに使うプリンは濃厚な舌触り。好みで赤ワイン塩などと共にいただく

長崎産石鯛のカルパッチョ(食材は日替わり)
1850円

アートなひと皿。カツオダシで下味を付けた湯葉と白身が意外なほど合う

お店からの一言

シェフ 村田洋祐さん

「器から音楽、絵画まで独創的な食空間を五感でお楽しみください」

the ringo marunouchiの店舗情報

[住所]東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング5階 [TEL]03-6551-2899 [営業時間]11時~15時(14時LO)、17時~23時(22時LO)※ランチタイム有 [休日]施設に準ずる [席]全32席/全席禁煙/予約可/カード可/サ・お通し代なし [交通アクセス]JR山手線ほか東京駅丸の内南口から徒歩3分


電話番号 03-6551-2899

撮影/西﨑進也 取材/肥田木奈々

2019年5月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
市場にはほぼ出回らない、価値ある肉がある。それは山口県阿武郡だけで飼育されている「無角牛」。
スペイン料理の代名詞といえば、やっぱりパエリア。こちらは何と、国際パエリアコンテストで優勝したパコ・ロドリゲス氏の専門店。
カジュアルな雰囲気のスペインバル。看板商品のパエリアは全5種類。
おとなの週末「三ツ星プレミアムビールを満喫できる店」特集掲載店舗。スペイン&メキシコ料理の店。
錦糸町で日本人オーナーシェフが腕をふるうスペイン料理『バル ポルテーニョ』。アルゼンチン料理を目当てに向かった。
最新記事
日本在住のロンドンっ子たちの間で話題になっているお店が表参道にオープン。その名は『リナストアズ』。ロンドンのソーホー地区で1944年に創業し、今もなお人気を誇るイタリアンデリカテッセン&レストランです。英国外初の出店となる1号店に伺いました。
琥珀色の米粒から、ぷぅ~んと匂い立つ醤油の香ばしさ。1929年の開業時から受け継がれた味だ。
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。第1回は、国民的バンドとなったサザンオールスターズの桑田佳祐です。
活躍中のカメラマン・鵜澤昭彦氏による、美味なるマグロ探訪記。第3回は新宿山吹町にある、小料理屋『ぐり』の「天然生マグロづけ丼」。極上の「マグロ丼」は人と人との不思議な巡り会いで誕生した。
並のロースは税込800円。しかも羽釜で炊いたご飯と丼にたっぷりの豚汁付きでってところもうれしくなる。
get_app
ダウンロードする
キャンセル