MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
オールデイダイニング「クロスダイン」|次々に繰り出される確かな味わいの料理をじっくりと堪能(バイキング/池袋)

オールデイダイニング「クロスダイン」|次々に繰り出される確かな味わいの料理をじっくりと堪能(バイキング/池袋)

シックなインテリアの中に、まるで舞台のように浮かび上がるブッフェカウンター。華やかな料理がずらりと並ぶその光景を見ると、俄然、食欲が沸いてしまう。オールデイダイニング「クロスダイン」[交]JR・東京メトロ池袋駅西口より徒歩3分 ※ランチタイム有

perm_media 《画像ギャラリー》オールデイダイニング「クロスダイン」|次々に繰り出される確かな味わいの料理をじっくりと堪能(バイキング/池袋)の画像をチェック! navigate_next

オールデイダイニング「クロスダイン」(最寄駅:池袋駅)

専門のシェフが肉や魚介をダイナミックに焼く鉄板焼のほか、熱々の釜焼きピッツァ、風味豊かなスープで仕上げる中華麺などライブ感も満載。さらに日替わりの特別メニュー(数量限定)が供されるタイムサービスもあって、楽しみは尽きない。多彩な料理を時間制限なく味わえるのも魅力で、ホテルならではの確かな味わいを心ゆくまで楽しめる。

ランチ
1人3100円 土・日・祝/3480円

手前は豚肉メンチや鶏肉トマト煮といった洋食、奥はエビ蒸し餃子、エビチリなどの中華料理の盛り合わせ

和の惣菜は種類こそ多くないものの、季節に沿った個性豊かな逸品を用意

オールデイダイニング「クロスダイン」

東京都豊島区西池袋1-6-1 ☎03-3980-1111 [営]6時~23時(ランチブッフェ:11時半~14時半(土・日・祝~15時)) [休]無休 [席]260席 分煙/カード可/予約可/サなし [交]JR・東京メトロ池袋駅西口より徒歩3分

電話番号 03-3980-1111
2016年3月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
 ランチビュッフェといえば、まず思い浮かぶのが高級ホテルのそれ。しかし最近では、ビジネスホテルも手頃な価格帯を武器に参戦しはじめているのだ。
ホテル雅叙園東京 ニューアメリカングリル カナデテラスのランチブッフェに関するグルメ取材記事と写真のページ。店内のグリルで常時焼かれているのは、塩水に漬け込み、全体が均等な味になるよう下ごしらえされた牛肉、淡白さを青山椒の風味で包んだ鶏肉。さらに肉のショーキッチン前のブッフェ台にはスペアリブまで。
ホテル前の柘榴坂を店名に冠し、2017年4月に『グランドプリンスホテル新高輪』がニューオープン。シェフが切り分けるローストビーフ、ライブで焼かれる魚介と野菜の網焼きグリル、パティシエが盛り付けるジェラートと、ショーキッチンは圧巻だ。圧巻のショーキッチン
グルメライターが[アスコット丸の内東京 トリプルワン シンガポール&チャイニーズキュイジーヌ]を実食レポート。日本でのシンガポール料理の先鞭をつけた『シンガポール海南鶏飯』が手がける、2017年3月にオープンしたホテルの新店。[住所]東京都千代田区大手町1-1-1 22階
最新記事
マレー半島を旅しているような気分にどっぷり浸れる店だ。数年前、酷暑のクアラルンプールを歩き、汗だくになりながら有名な肉骨茶専門店を訪ねたことがある。
串焼きされた状態で提供されることの多い焼きとん。が、焼肉のように自分で焼いて楽しませる店も。職人の匠の味には及ばないかもしれないが、火を囲み、好みの焼き加減に仕上げるのは、魅惑の食時間なのだ。
コロナ騒動から始まった2021年は、全国に広がる緊急事態宣言やワクチン接種の開始、東京オリンピック・パラリンピック開催に自民党総裁交代など、1年を通じてどこか落ち着きがなかったかも。そんな2021年を締めくくる12月は、「整える」エネルギーを持つ四緑木星が司る。さあ、心も体も環境もすべて整えて、2022年を迎えよう!
コロッケ大好きな店主が開いたコロッケ専門店。潰したものと角切りのものの合わせ技で、ジャガイモの甘みをしっかり表現したコロッケは、イカスミをはじめとするオリジナル味も楽しい。
野外で楽しむバーベキューといえば夏のイメージですが、寒い季節も人気を集めていることはご存知でしょうか。焚き火や炭火で、グリルに肉を豪快にのせて焼くだけでなく、冬は魚介など旬の食材で鍋料理も魅力です。そんな冬レジャーの新たなトレンド「ウインターバーベキュー(BBQ)」が楽しめる東京都内のBBQ会場で、焚き火の使用が解禁されました(一部会場では12月11日から)。会場は、都内なのでアクセスも便利、しかも手ぶらで行ってもOK!ゆらめく炎を前にゆったりした時間を過ごせば、みんなの心の距離もグッと縮まります。本格的な冬BBQのシーズン到来です。
get_app
ダウンロードする
キャンセル