MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
オールデイダイニング「クロスダイン」|次々に繰り出される確かな味わいの料理をじっくりと堪能(バイキング/池袋)

オールデイダイニング「クロスダイン」|次々に繰り出される確かな味わいの料理をじっくりと堪能(バイキング/池袋)

シックなインテリアの中に、まるで舞台のように浮かび上がるブッフェカウンター。華やかな料理がずらりと並ぶその光景を見ると、俄然、食欲が沸いてしまう。オールデイダイニング「クロスダイン」[交]JR・東京メトロ池袋駅西口より徒歩3分 ※ランチタイム有

オールデイダイニング「クロスダイン」(最寄駅:池袋駅)

専門のシェフが肉や魚介をダイナミックに焼く鉄板焼のほか、熱々の釜焼きピッツァ、風味豊かなスープで仕上げる中華麺などライブ感も満載。さらに日替わりの特別メニュー(数量限定)が供されるタイムサービスもあって、楽しみは尽きない。多彩な料理を時間制限なく味わえるのも魅力で、ホテルならではの確かな味わいを心ゆくまで楽しめる。

ランチ
1人3100円 土・日・祝/3480円

手前は豚肉メンチや鶏肉トマト煮といった洋食、奥はエビ蒸し餃子、エビチリなどの中華料理の盛り合わせ

和の惣菜は種類こそ多くないものの、季節に沿った個性豊かな逸品を用意

オールデイダイニング「クロスダイン」

東京都豊島区西池袋1-6-1 ☎03-3980-1111 [営]6時~23時(ランチブッフェ:11時半~14時半(土・日・祝~15時)) [休]無休 [席]260席 分煙/カード可/予約可/サなし [交]JR・東京メトロ池袋駅西口より徒歩3分

電話番号 03-3980-1111
2016年3月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
 ランチビュッフェといえば、まず思い浮かぶのが高級ホテルのそれ。しかし最近では、ビジネスホテルも手頃な価格帯を武器に参戦しはじめているのだ。
ホテル雅叙園東京 ニューアメリカングリル カナデテラスのランチブッフェに関するグルメ取材記事と写真のページ。店内のグリルで常時焼かれているのは、塩水に漬け込み、全体が均等な味になるよう下ごしらえされた牛肉、淡白さを青山椒の風味で包んだ鶏肉。さらに肉のショーキッチン前のブッフェ台にはスペアリブまで。
ホテル前の柘榴坂を店名に冠し、2017年4月に『グランドプリンスホテル新高輪』がニューオープン。シェフが切り分けるローストビーフ、ライブで焼かれる魚介と野菜の網焼きグリル、パティシエが盛り付けるジェラートと、ショーキッチンは圧巻だ。圧巻のショーキッチン
グルメライターが[アスコット丸の内東京 トリプルワン シンガポール&チャイニーズキュイジーヌ]を実食レポート。日本でのシンガポール料理の先鞭をつけた『シンガポール海南鶏飯』が手がける、2017年3月にオープンしたホテルの新店。[住所]東京都千代田区大手町1-1-1 22階
三井ガーデンホテル銀座プレミア レストラン スカイ|天井から床までの大きな窓から望める浜離宮恩賜庭園や銀座の街並み。ホテルの16階に店を構える眺望抜群のこちらは、2017年6月末に前菜のみだったブッフェを、すべてブッフェにしてリニューアルオープンした。
近隣の住民やビジネスマンが足繁く通う人気洋食店。メニューの豊富さと味へのこだわりが、その理由だ。例えば、このポークトマト。
誰でも利用できる都庁の職員食堂が昨年リニューアルし進化を遂げていた! 驚くのが豊富な品数。
最初に向かったのは大子町の『藤田観光りんご園』。ここには金賞を受賞した名物アップルパイがある。
パステルグリーンの外壁が目を引くメロン専門店。手がけているのは、青森県つがる市。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt