MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
ル・ジャングレ(洋食/飯田橋)|名物はホーロー鍋に山盛り入った国産の蒸し貝!

ル・ジャングレ(洋食/飯田橋)|名物はホーロー鍋に山盛り入った国産の蒸し貝!

「ちょっと一杯飲みに行こう」、という意味の店名には、気軽な雰囲気で最高のひと皿を味わってもらいたいという有沢シェフの想いがこもる。中でもホーロー鍋に山盛りで出てくる名物が、国産のムール貝と旬の貝を蒸したもの。

perm_media 《画像ギャラリー》ル・ジャングレ(洋食/飯田橋)|名物はホーロー鍋に山盛り入った国産の蒸し貝!の画像をチェック! navigate_next

ル・ジャングレ(最寄駅:飯田橋駅)

貝の旨みがたっぷり溶け込む11種の鍋に注目

「山椒」のほかに「ブイヤベース」、「トムヤムクン」など計11種類の味わいが用意されている。貝本来の自然な塩味とダシが、食卓でもおなじみの各種風味と混じり合い、より鮮烈に香り出す。残ったスープは定番のご飯やパスタの他、フォーでも楽しめる。日本酒とワインの品揃えが特に幅広いため、貝の旨みを引き出すお気に入りの一杯を見つけて楽しみたい。

国産山盛りの蒸し貝(和歌山産山椒)
2380円

貝が蒸しあがるタイミングで、和歌山産山椒を挽いて粉にしたものと、軒先から千切ったばかりの新鮮な木の芽を加える。和ダシを吸いふっくらした貝の身に、山椒の刺激が加わりやみつきに。オススメはコクがあるグリーンワインとの組み合わせ

名人松野さん えぞ鹿のカツレツ 
1380円

「松野さん」とは、北海道釧路市白糠町の名人猟師さんのこと。クセを残さない独自の狩猟方法で仕留められており、鹿肉本来の滋味をしっかりと感じることができる

生ハム盛り合わせハーフサイズ
1800円

花びらのフリルのような生ハムは、熟成期間の違いを楽しめる3種盛り。肉を特別に薄く切り出すことで、舌の上ですうっと溶けるような食感になる。そこに熱燗をキュッと合わせれば、赤みと脂肪の旨みが口の中でより広がっていく

お店からの一言

店主 有沢貴司さん

「和の肴もフレンチも、両方たっぷりお楽しみください」

ル・ジャングレの店舗情報

[住所]東京都千代田区飯田橋4-7-4 [TEL]03-3556-3202 [営業時間]17時~23時LO [休日]日(3連休の場合は末日) [席]カウンターあり、全50席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし・お通し代600円~別 [交通アクセス]地下鉄東西線ほか飯田橋駅A4出口から徒歩2分 ※「ル・ジャングレ」のメニュー価格は税別です


電話番号 03-3556-3202

撮影/小澤晶子 取材/赤谷まりえ

2019年6月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
戦後まもなく屋台の飴屋からスタートし、洋食に転向しておよそ半世紀。大塚っ子に愛される味は気取らず変わらず健在だ。
わずか6席のカウンター空間は店主の三浦さんが繰り広げる舞台だ。磨き上げられた厨房が美味の時間を予感させる。
洋食屋さんのカツレツはいつだって優しくてあったかい。それは単なる料理の温もりだけじゃない。
昔懐かしいサンプルケースや、歴史を感じる窓の木枠が、ザ・洋食屋らしい佇まい。昭和11年から守り続けるきちんとした仕事は、ポークカツレツの端正な姿を見れば一目瞭然。
もうもうと立ち上る煙の下に現れるはドカンと一枚肉の「特大生姜焼」。腕まくりで挑めばド直球の旨さにハッとする。
最新記事
酒田ラーメンの名店が、創業60年を機に姉妹都市の東京·三鷹市へ。スープは、煮干しとアゴの焼き干し、昆布でとった魚介ダシと、丸鶏とチャーシュー肉、野菜でとった動物スープを半量ずつ合わせたもので、澄んだ黄金色をしている。
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
丼の中にあったかいスープ、上には野菜がどっさり。それをどけて持ち上げた麺からは湯気がふわ~っ。ハフハフしながら食べるタンメンは、どこか昭和を感じさせます。そんなノスタルジックな気持ちにさせてくれる5杯をお届けします。
本誌でも! おと週WEBでも! 美味しいニュースで“日本を元気にします”宣言! 美味しいニュースを発信する「おとなの週末WEB」の注目度が高まっています。コロナ禍でも元気に過ごせるよう、ステイホームを楽しむためのステキなプレゼントをご用意! ふるってご応募ください。
創業130年以上の歴史におごることなく挑戦を惜しまない5代目の飯田さん。十数年前に考案した「かきあげあんかけ天丼」がじわじわ人気沸騰中だ。
get_app
ダウンロードする
キャンセル