MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
ル・ジャングレ(洋食/飯田橋)|名物はホーロー鍋に山盛り入った国産の蒸し貝!

ル・ジャングレ(洋食/飯田橋)|名物はホーロー鍋に山盛り入った国産の蒸し貝!

「ちょっと一杯飲みに行こう」、という意味の店名には、気軽な雰囲気で最高のひと皿を味わってもらいたいという有沢シェフの想いがこもる。中でもホーロー鍋に山盛りで出てくる名物が、国産のムール貝と旬の貝を蒸したもの。

perm_media 《画像ギャラリー》ル・ジャングレ(洋食/飯田橋)|名物はホーロー鍋に山盛り入った国産の蒸し貝!の画像をチェック! navigate_next

ル・ジャングレ(最寄駅:飯田橋駅)

貝の旨みがたっぷり溶け込む11種の鍋に注目

「山椒」のほかに「ブイヤベース」、「トムヤムクン」など計11種類の味わいが用意されている。貝本来の自然な塩味とダシが、食卓でもおなじみの各種風味と混じり合い、より鮮烈に香り出す。残ったスープは定番のご飯やパスタの他、フォーでも楽しめる。日本酒とワインの品揃えが特に幅広いため、貝の旨みを引き出すお気に入りの一杯を見つけて楽しみたい。

国産山盛りの蒸し貝(和歌山産山椒)
2380円

貝が蒸しあがるタイミングで、和歌山産山椒を挽いて粉にしたものと、軒先から千切ったばかりの新鮮な木の芽を加える。和ダシを吸いふっくらした貝の身に、山椒の刺激が加わりやみつきに。オススメはコクがあるグリーンワインとの組み合わせ

名人松野さん えぞ鹿のカツレツ 
1380円

「松野さん」とは、北海道釧路市白糠町の名人猟師さんのこと。クセを残さない独自の狩猟方法で仕留められており、鹿肉本来の滋味をしっかりと感じることができる

生ハム盛り合わせハーフサイズ
1800円

花びらのフリルのような生ハムは、熟成期間の違いを楽しめる3種盛り。肉を特別に薄く切り出すことで、舌の上ですうっと溶けるような食感になる。そこに熱燗をキュッと合わせれば、赤みと脂肪の旨みが口の中でより広がっていく

お店からの一言

店主 有沢貴司さん

「和の肴もフレンチも、両方たっぷりお楽しみください」

ル・ジャングレの店舗情報

[住所]東京都千代田区飯田橋4-7-4 [TEL]03-3556-3202 [営業時間]17時~23時LO [休日]日(3連休の場合は末日) [席]カウンターあり、全50席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし・お通し代600円~別 [交通アクセス]地下鉄東西線ほか飯田橋駅A4出口から徒歩2分 ※「ル・ジャングレ」のメニュー価格は税別です


電話番号 03-3556-3202

撮影/小澤晶子 取材/赤谷まりえ

2019年6月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
世界三大料理のひとつトルコ料理だが、その楽しさを知らない人は多いはず。そんな人は来ないと損だ。
1977年開業のカジュアルイタリアン。一度聞いたら忘れられない店名は、オランダにある実在の地名である。
容姿端麗なカツは着飾った憧れのお姉さんといった風情か。遠山シェフの故郷、熊本の天草ポークを使い、瑞々しさをキープするためオーダー後に塊肉から切り出して調理する。
清潔な調理場とコックの働きを見て、「(これなら、うまいだろう)と、おもい、私は入って見たわけだが、期待は裏切られなかった。」と著書に記したのが池波正太郎。まさにその通り、何を食べてもたいそう旨いのである。
戦後まもなく屋台の飴屋からスタートし、洋食に転向しておよそ半世紀。大塚っ子に愛される味は気取らず変わらず健在だ。
最新記事
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
みなさん、お正月におせちは召し上がっていますか? お重に詰まっているのは、一つひとつにその1年の幸せを込めた意味が付いた、日本の心であるお料理たち。大切に紡いでいきたい文化の一つです。そのおせち、デパートでは早くも来年の商品が予約開始。どうするか悩んでいる方、必読ですよ。
店主・本山さんが育った町名を冠した店のイチ押しは、郷里・北海道の白2種と赤1種をブレンドした味噌ラーメン。コクある甘みにラードで炒めたニンニクと玉ネギの香ばしさがふわり漂うスープは、濃厚そうな見た目とは裏腹に、実にやさしい味わいだ。
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。1970年代に「柳ジョージ&レイニーウッド」を結成し、「雨に泣いてる…」などのヒットで熱狂的な人気を誇ったロック歌手でギタリストの柳ジョージ(1948~2011年)の最終回。“夜聴き”にぴったりな世界の曲を集めた『レイト・ナイト・テイルズ』シリーズが人気です。海外の有名ミュージシャンが案内人となり、オススメの楽曲を選ぶコンピレーションアルバム。今回は、日本から柳ジョージの原点とも言うべき曲が収録されました。
get_app
ダウンロードする
キャンセル