MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
コラム
まとめ記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
道しるべ(日本料理/荒木町)|東京発祥の絶品ねぎま鍋が食べられるお店!予約必須の人気店☆

道しるべ(日本料理/荒木町)|東京発祥の絶品ねぎま鍋が食べられるお店!予約必須の人気店☆

東京が誇る江戸料理のひとつがねぎま鍋。7年前の開店当初から、この鍋を看板に据えたのが荒木町の路地裏にあるこちらの名割烹だ。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

※コロナ禍で外食が自粛・縮小されている状況ではありますが、ぜひ知っておいて欲しい飲食店を、ご紹介しております。

道しるべ(最寄駅:四谷三丁目駅)

路地裏の名割烹が生んだ現代風の江戸の鍋 旨さの相乗効果に頬緩む

一般的にはぶつ切りにするネギを同店では薄切りにして山のように盛り付ける。ちなみにネギは那須の“白美人葱”で、香り高く甘みも深い。マグロは腹ビレ周辺の“スナズリ”と呼ばれる部位。細かく入ったスジに火を通せばとろりと表情を一変させる。くつくつ煮込むうちに、マグロの旨みがネギに移って、ネギの風味がマグロを包んで、両者の出合いは必然だったと膝を打つ。鍋に行く前の旬のつまみも逸品揃いとくれば、もう通わずにはいられない。

ねぎま鍋
1人前2160円(写真は2人前)

鰹節と昆布でひいたダシに数種類の醤油をブレンドし奥深い風味を持たせている。脂ののりも抜群の身を煮込めば、芳醇な旨みがツユに溶け出し、ネギも一層美味しくなる。〆には雑炊か玄米を練りこんだ香ばしいうどんを召し上がれ

カマス塩焼きウニのせ
3024円

炙った旬のカマスに生ウニを乗せた華やかな一品。あっさりとした身とウニのコクが見事にマッチ

新生姜のかき揚げ
810円

辛さの少ない新生姜を三つ葉と合わせてかき揚げに。双方の爽やかな香りが鼻腔に広がり、サクサクの歯触りも心地良い

お店からの一言

店主 種市信広さん

「近くにある2号店の『はなれ 竜』でも、ねぎま鍋を用意しています」

道しるべの店舗情報

[住所]東京都新宿区荒木町3-1 [TEL]03-5357-7578 [営業時間]17時~22時頃 [休日]日・祝(不定休あり) [席]カウンターあり、全26席/分煙/予約可/カード可/サなし、お通し代756円別 [交通アクセス]地下鉄丸ノ内線四谷三丁目駅4番出口から徒歩3分


電話番号 03-5357-7578

撮影/西㟢進也 取材/菜々山いく子

2019年6月号発売時点の情報です。

※全国での新型コロナウイルスの感染拡大等により、営業時間やメニュー等に変更が生じる可能性があるため、訪問の際は、事前に各お店に最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。また、各自治体の情報をご参照の上、充分な感染症対策を実施し、適切なご利用をお願いいたします。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
日光連山の雪解け水で仕込む“日光豆冨”が主役のとうふ料理専門店。定番人気「青竹膳」の初見の感想は、「この量で足りるかな?」。
ミシュランで一ツ星を獲得している高級割烹。2代目・中嶋貞治氏が継いだときに、市場での長年の付き合いから通年新鮮なものを提供できるということで、イワシを使ったランチを始めたという。
曲げわっぱの蓋を開けた途端、湯気と共に磯の香りが立ち上る。これが大正13年に創業した老舗の自慢の深川めしだ。
ひとり用の釜に入れたご飯を供する、いわゆる「釜めし」の元祖。大正15年(1926)、初代・矢野テルが関東大震災の被災経験から炊きたてのご飯をふるまうことを思いつき、小さな釜を特注して生まれた。
新米の季節がやってきた!ならば20年以上ひたすら米の旨さを追求するこの店で今年の新穀を愛でたい。
最新記事
その名も「貴族」「平民」と名付けられたカツレツ。前者は香味ある高級イベリコ豚、後者はあっさりしたドイツ産白豚。
今、サバ界隈ではカツがアツい。一部ではとんかつを超えたとも。そのさばカツが、海苔弁当と最強タッグを結成したということでサバジェンヌが実食。その実力をガチンコ裁定します。記事の終盤には、プロレスファンには見逃せない情報も掲載。読んでみろ、とぶぞ!!
美しい色合いが目を引くボンボンショコラの「柚子」を食べると、口の中でパーンと弾けるユズの香りと果汁。そのすぐあとに感じるチョコレートはキレがよく軽やか。
長野県上田市にある『拉麺酒房 熊人』に、希少な味噌で作った“大人の味噌ラーメン”があると聞き、訪ねることにした。ここは、全国からラーメンファンが集う、知る人ぞ知る名店。
ラーメンは日々進化し続けています。その中でも、2020年にお目見えした醤油ラーメンはインパクト抜群。もちろん、味も絶品です。そんな、ココでしか食べられない一杯をご紹介します。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル