MENU
ログイン
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
パリセヴェイユ(スイーツ/自由が丘)|パティスリー激戦区で人気!上質なスイーツ、ヴィエノワズリーも絶品☆

パリセヴェイユ(スイーツ/自由が丘)|パティスリー激戦区で人気!上質なスイーツ、ヴィエノワズリーも絶品☆

上質なスイーツはもちろん、ヴィエノワズリーも頂上レベルのこちら。この「パン・オ・レザン」は、ブリオッシュ生地にラムの香り豊かなレーズンが巻かれ、噛んだ瞬間からその甘美な世界にうっとり。

パリセヴェイユ(最寄駅:自由が丘駅)

どうか神様、食べる手が止まらない私をお許しください

擦りガラスのように美しい砂糖がけやキャラメリゼされたクルミ……。思わずひざまずきたくなる罪深い味です。

パン・オ・レザン
275円

パリセヴェイユの店舗情報

[住所]東京都目黒区自由が丘2-14-5 館山ビル1階 [TEL]03-5731-3230 [営業時間]10時~20時 ※ランチタイム有 [休日]不定休 [交通アクセス]東急東横線ほか自由が丘駅正面口から徒歩3分


電話番号 03-5731-3230

撮影/小島 昇 取材/編集部

2019年6月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
身近な野菜をお菓子にして提供するお店。この時期限定の生菓子がこの「栗の浮島。」。
パステルグリーンの外壁が目を引くメロン専門店。手がけているのは、青森県つがる市。
紀伊國屋書店新宿本店の通路に店を構え、気軽に立ち寄りやすいこちら。夕方からはサラリーマンを中心ににぎわっている。
有楽町の人気アンテナショップ選りすぐりの国産素材を集結させた、珠玉のソフトクリーム。千葉県の牧場で搾乳・加工されて36時間以内に有楽町の店舗に届けられるソフトクリームは、“都内イチの鮮度”でミルク感が強いのが特徴だ。
2018年7月オープン。自然食を扱う会社が京都で立ち上げたジェラテリアの東京初進出店で、すべて合成乳化剤・安定剤フリー。
スパイシーなんだけどそれだけじゃない。エビならエビ、マトンキーマならマトンの風味がしっかり広がり、サクサクとスプーンが進む。
極太で真っ黒な見た目がインパクト大! 北海道で最も人口が少ない街、音威子府村で今からおよそ90年も前から親しまれてきた、なんとも荒々しい風情の蕎麦だ。
なんと今回は、牛乳です。 ある日、三鷹のパン屋さんで『パン好きの牛乳』という200mlのパック牛乳を発見し、ハマってしまった次第。 ほかにも。美味しい牛乳があった気が……、ということで吉祥寺のスペシャルな牛乳をご紹介したいと思います。
江戸時代から同じ場所で五代続く店のばらちらし。醤油をささずにすみ、時間が経ってもしっとり酢の頃合いがよいままなので、かつて料亭や置屋があった頃から芸者や商いのお客に好まれたという。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル