MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
とうふ家 ゑん重(日本料理/大塚)豆腐料理を創意工夫溢れるコースで堪能できるお店♪ランチもお値打ち☆

とうふ家 ゑん重(日本料理/大塚)豆腐料理を創意工夫溢れるコースで堪能できるお店♪ランチもお値打ち☆

店主の近藤喜一さんは、昭和7年創業の老舗豆腐店『ゑん重』の三代目。「本物の豆腐の美味しさを、料理を通して伝えたい」と、家業の傍らで“豆腐創作料理”の店を始めた。

perm_media 《画像ギャラリー》とうふ家 ゑん重(日本料理/大塚)豆腐料理を創意工夫溢れるコースで堪能できるお店♪ランチもお値打ち☆の画像をチェック! navigate_next

※コロナ禍で外食が自粛・縮小されている状況ではありますが、ぜひ知っておいて欲しい飲食店を、ご紹介しております。

とうふ家 ゑん重(最寄駅:大塚駅)

老舗とうふ店の心意気 豆腐の魅力を心底実感できる豆腐尽くしの創作料理

夜のコースも昼の弁当もとことん豆腐尽くし。いやぁ、お通しの「卯の花」から驚いた。「うちのおからは大豆を2回濾すので白くてきれい。豆腐の良し悪しは、おからを見ればわかります」と喜一さん。おぼろ豆腐、生湯葉と続き、豆乳や油揚げも見事に七変化。佐賀の大豆「フクユタカ」を、昔ながらの大釜直火焚き製法でつくる豆腐は、豆そのものの味が濃い。一品ずつじっくり味わい、豆乳デザートで〆れば満腹度も最高潮。本当にうまい豆腐は、一線級の主役にもなれるんだなあ。

昼のお献立 葵弁当
2200円

主役は豆腐。なのに「刺身にも手が抜けなくて」とご主人、この日は大間の本マグロ(しかも中トロ)を惜しげもなく出してしまう。焼き物は銀ダラだし、豆腐料理も手間をかけたものばかり。選べる豆腐デザートとコーヒーも付いて2200円はお値打ち

夜のお献立 豆の木(10品)
3675円

夜も一番手頃なコースでこの充実ぶり。豆乳を使った揚げ出しや茶碗蒸し、とうもろしと吉野葛でつくる豆腐など、昼夜とも内容は月ごとに替わる。豆腐製品は隣接の店舗で販売中

お店からの一言

店主 近藤喜一さん

「お酒のおすすめは焼酎の豆乳割り。豆乳がまろやかで美味しいと好評!」

とうふ家 ゑん重の店舗情報

[住所]東京都豊島区南大塚1-48-13 [TEL]03-3944-1007 [営業時間]12時~14時LO(日・祝は予約制)、17時半~20時半LO(予約制)、月は夜のみ ※ランチタイム有 [休日]不定休(要問合せ) [席]カウンターあり、全45席/全席禁煙/予約可/カード可/夜はサ10%別 [交通アクセス]JR山手線ほか大塚駅南口から徒歩5分


電話番号 03-3944-1007

撮影/大西尚明 取材/林 匠子

2019年7月号発売時点の情報です。

※全国での新型コロナウイルスの感染拡大等により、営業時間やメニュー等に変更が生じる可能性があるため、訪問の際は、事前に各お店に最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。また、各自治体の情報をご参照の上、充分な感染症対策を実施し、適切なご利用をお願いいたします。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
大阪や兵庫、銀座で板前として学んできた店主の星乃さん。11年前、四つ木で半世紀続く実父の和食屋を引き継いだ。
コロッケが旨い店はいい店だと勝手に確信しているのだが、北海道料理で知られるこの店のそれも定番の名物らしい。早速味わってみると想像の上の上を行く旨さに驚いた。
炭火が目を引く大きな囲炉裏。それをぐるりと囲むように配されたカウンターは予約必須の特等席だ。
料理が旨い店は山ほどある。けれどこの店でなければと思わせるのは意外と少ない。
日光連山の雪解け水で仕込む“日光豆冨”が主役のとうふ料理専門店。定番人気「青竹膳」の初見の感想は、「この量で足りるかな?」。
最新記事
九州、中・四国の美味しいものを気軽に楽しんでもらいたい。ゆえに魚、肉、ご当地の肴まで幅広く用意する。
12月7日(火)に数量限定で、ヱビス4種12缶オリジナルとんすい付き企画品、ヱビス24缶ケースそばちょこ小鉢付き企画品が発売されます。このとんすい、そばちょこ小鉢を使って食べたい、ヱビスにぴったりな蕎麦のレシピを紹介します。
12月7日(火)に数量限定で、ヱビス4種12缶オリジナルとんすい付き企画品、ヱビス24缶ケースそばちょこ小鉢付き企画品が発売されます。このとんすい、そばちょこ小鉢を使って食べたい、ヱビスにぴったりな鍋のレシピを紹介します。
ここ数年、植物性由来の食材を使い、肉や魚などに似せた「ヴィーガンフード」をよく耳にするようになった。いまや普通のスーパーでも、伊藤ハムや丸大食品などお馴染みのメーカーが作る植物性由来の大豆ミートを使用したハンバーグやハムなどが並ぶコーナーができるほど。しかし、それでもなお珍しいのは海産物系。植物性由来の食材だけで作ったヴィーガン海鮮丼を食べてきた!
親子丼の元祖として知られる『玉ひで』の姉妹店として、暖簾を掲げて今年でちょうど20年。熟練の職人が炭火で炙った端正な焼鳥はもちろんのこと、鶏を使った一品料理も申し分ない実力派。
get_app
ダウンロードする
キャンセル