MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
AKOMEYA茶屋(カフェ/神楽坂)|全国から吟味した茶葉使用のお茶ドリンク&名物アコメ焼きが楽しめるお店!

AKOMEYA茶屋(カフェ/神楽坂)|全国から吟味した茶葉使用のお茶ドリンク&名物アコメ焼きが楽しめるお店!

幸せを分かち合う “お福分けのこころ”というコンセプトを通し、全国から吟味された茶葉を使ったお茶ドリンクが楽しめる。抹茶は、鹿児島や京都・宇治以外にも名産地があることを伝えたいと、福岡の八女茶が選ばれた。

perm_media 《画像ギャラリー》AKOMEYA茶屋(カフェ/神楽坂)|全国から吟味した茶葉使用のお茶ドリンク&名物アコメ焼きが楽しめるお店!の画像をチェック! navigate_next

AKOMEYA茶屋(最寄駅:神楽坂駅)

個性派のお茶ドリンクが豊富に揃う

まろやかで強い甘みが特長だ。「抹茶あんこラテ」は、濃茶に近い抹茶を合わせることで苦みが利いて、さっぱりとした後味に。「抹茶ジンジャエール」も、クランベリーの甘酸っぱさと抹茶の苦みのハーモニーが絶妙だ。

抹茶あんこラテ(M)
464円

つぶあんを混ぜながら味わうと、甘味を食べているような満足感

米粉入りパンのホットサンド サヴァ缶の大葉ジェノベーゼ
626円

米粉入りパンのザクザクの歯ざわりが小気味いい。サバもたっぷり

抹茶ジンジャエール(M)、アコメ焼き
518円、302円

『AKOMEYA TOKYO』で買える芦屋のジンジャーシロップを使用。米粉を使ったアコメ焼きはサクサクもっちり

AKOMEYA茶屋の店舗情報

[住所]東京都新宿区矢来町67 [TEL]050-3627-8669 [営業時間]8時~22時 ※ランチタイム有 [休日]不定休 [席]カウンターあり、全6席/全席禁煙/予約不可/カード可 [交通アクセス]地下鉄東西線神楽坂駅2番出口から徒歩1分


電話番号 050-3627-8669

撮影/瀧澤晃一 取材/井島加恵

2019年7月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
鏡池の眺望がいいテラス付きカフェ。蕎麦好きも満足の味わい深い蕎麦粉のクレープが味わえる。
“浅草にあるブルックリンのカフェ”をイメージ。観光地から少し離れた場所のためか、地元客が多く、日常の延長にあるような気軽な雰囲気が何とも心地よい。
「素直に美味しいと思える野菜を扱いたい」と八百屋を開いた小松さん。小さな生産者から無農薬で化学肥料を使わない野菜を仕入れている。
隅田川沿いに立つビルの2・3階がカフェ。店内からは川を行き交う水上バス、アサヒビールのビルの金色のオブジェ、その向こうに東京スカイツリーと、浅草の王道の景色が見渡せ、時間を忘れてくつろいでしまう。
最新記事
ひと言で言えば、安心感があって美味しく寛げるお店。松澤農園の野菜やみやじ豚をはじめ、基本食材は国産で生産者が分かるもの。
夜はなかなか手が出ないけれど、ランチなら高級店の炊き込みご飯も楽しめる!贅を尽くし手を尽くした味わいを存分に満喫させてくれる2軒をご案内します。
1985年、名バーテンダー高橋弘行さんが開業した九州きっての名門バー。鹿児島の旬の柑橘やフルーツを使ったカクテルが人気で、嘉之助蒸溜所のニューボーンも様々な飲み方を提案する。
美味しいのに、単体だと不思議と軽視されがちな気がするワンタン。なんだか妙にいじらしいその味わいを求め、街を徘徊してみました。
代表兼ソムリエの岡田壮右さんは、オーストリアのワイン大使の肩書を持つスペシャリスト。その実力は、ワインと鮨の著書も手掛けるほど。
get_app
ダウンロードする
キャンセル