MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
南インド料理 ダクシン 八重洲店(カレー/東京)カレー、ビリヤニは勿論、ビシベレバットは未知の旨さ!

南インド料理 ダクシン 八重洲店(カレー/東京)カレー、ビリヤニは勿論、ビシベレバットは未知の旨さ!

南インド料理の人気店『ダクシン』のビリヤニはチェティナード風。チェティナードとは南インドの地方名で、リゾート地として知られる。

perm_media 《画像ギャラリー》南インド料理 ダクシン 八重洲店(カレー/東京)カレー、ビリヤニは勿論、ビシベレバットは未知の旨さ!の画像をチェック! navigate_next

※コロナ禍で外食が自粛・縮小されている状況ではありますが、ぜひ知っておいて欲しい飲食店を、ご紹介しております。

南インド料理 ダクシン 八重洲店(最寄駅:東京駅)

エキゾチックなスパイス香るリッチな野菜ビリヤニ

海外で仕事をした商人が多く住むことから、インドではあまり使わない八角などのエキゾチックなスパイスを取り入れるのも特徴。スパイスを贅沢に使うので香りも味わいも豊かで鮮やか。同じくチェティナード風のチキンカレーなどもおすすめだ。ビリヤニ以外の米料理も豊富で、なかでも珍しいバンガロール地方のおじや「ビシベレバット」は未知の米の美味しさ!

野菜ビリヤニ
1269円

ビシベレバット
1269円

チェティナード・チキンカリー
1458円

お店からの一言

シェフ アヤナールさん

「スパイスを贅沢に使った香り豊かなビリヤニです」

南インド料理 ダクシン 八重洲店の店舗情報

[住所]東京都中央区八重洲2-5-12 プレリービル地下1階 [TEL]03-6225-2640 [営業時間]11時~15時(14時半LO)、17時~23時(22時LO)、土・日・祝~22時(21時LO)※ランチタイム有 [休日]無休 [席]カウンターあり、全65席/全席禁煙/予約可/カード可/サ・お通し代なし [交通アクセス]JR中央線ほか東京駅八重洲南口から徒歩5分 ※木・金、ならびに混雑時は2時間制


電話番号 03-6225-2640

撮影/西﨑進也 取材/岡本ジュン

2019年8月号発売時点の情報です。

※全国での新型コロナウイルスの感染拡大等により、営業時間やメニュー等に変更が生じる可能性があるため、訪問の際は、事前に各お店に最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。また、各自治体の情報をご参照の上、充分な感染症対策を実施し、適切なご利用をお願いいたします。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
カレーの要であるスパイスをまとったご飯「ビリヤニ」は、スパイスカレーとはまた別次元の旨々メニュー! しかも最近、じわじわとファンが増殖中。注目&食べどきの、スパイスフード界のキラーメニューなのです!
巣ごもりの食生活で何かと便利なのがレトルト食品。中でも食べた満足感が特に高いのがカレーではないでしょうか。スーパーには多くの商品が並んでいますが、『おとなの週末』ではちょっとリッチな「無印良品」推し! 41種類から選んだ人気3品+1はコレだ。
ダシを使うことが多い大阪のスパイスカレー。だがこちらはあくまで現地の味にこだわる。
メニューの大半が南インド・ケララ州の料理というこちらの看板は、もちろんカレー。皿に副菜がのった「ミールス」で提供される。
裏路地、目の前に防波堤、ビル2階。なぜこの場所に?との問いに「市場に近いから」と田井中さん。
最新記事
昨年末にオープンしたばかりのお店。春の新作のこちらは、クリームチーズのムースをベースにしたタルトに季節のフルーツと色鮮やかなゼリーを重ねたもの。
コロナ禍でなかなか温泉にも行けない状況です。せめて、記事の中だけでも行った気分になりませんか? 本誌で料理写真を撮影しているカメラマン・鵜澤昭彦氏による温泉コラム。温泉好きに馴染み深い3つの格言にあてはまらない会津若松の極上の温泉宿をご紹介します。
みなさま、野菜食べてますか? 本誌の調査内容によって、思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えします。今回は「萵苣」!
その天ぷらひとつを供するまでに、一体どれほどの手間と心が注がれているか。店主自ら毎日豊洲に通う素材選び然り。
ライター・菜々山いく子が、くすんだ日常生活に彩りと潤いを与えるYouTubeの魅力を紹介する本記事。今回は全員巨漢のYouTuberユニット「ブチかまし」をレコメンド。メンバー・立山(たてやま)さんの1日のカロリー摂取量を追った動画「立山カロリー」を中心に熱く語ります。
get_app
ダウンロードする
キャンセル