MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
ニタカリバンチャ(カレー/天満橋)|スパイスにハマった店主が作るカレーが旨い!現地の味にこだわった逸品☆

ニタカリバンチャ(カレー/天満橋)|スパイスにハマった店主が作るカレーが旨い!現地の味にこだわった逸品☆

ダシを使うことが多い大阪のスパイスカレー。だがこちらはあくまで現地の味にこだわる。

perm_media 《画像ギャラリー》ニタカリバンチャ(カレー/天満橋)|スパイスにハマった店主が作るカレーが旨い!現地の味にこだわった逸品☆の画像をチェック! navigate_next

※コロナ禍で外食が自粛・縮小されている状況ではありますが、ぜひ知っておいて欲しい飲食店を、ご紹介しております。

ニタカリバンチャ(最寄駅:天満橋駅)

“まぜまぜ”すれば旨さ増し増し! 恐るべし、本場の底力

店主の小橋さんは、年に一度はインド、ネパールなどを訪れ、田舎の家庭に住み込み技を学んだり、旨い食堂あらば飛び込みで働くなど、恐るべきバイタリティの持ち主。各国で体得した巧みなスパイス使いを活かしつつ、ダシは使わず日本人も好む味に昇華している。「南アジアプレート」はガツンと香るスパイスに、素材の旨みや甘みが凝縮された奥深いカレーが特長。ライス、ダル、副菜も全てまぜまぜして食べると旨さがどんどん膨らむ!スパイス沼にハマった店主が作るカレーの行く末が楽しみすぎる一軒だ。

南アジアプレート(2種あいもり)(週替わりで提供)
1200円

定番のスパイシーキーマと週替わりのカサミアビーフカレーの2種あい盛り。両カレーとも肉肉しくややオイリー。副菜にはダル(豆カレー)、青菜スパイス炒め、南国サラダ、蓮根のスパイスオイル漬けなどが盛られ、全て混ぜると至福の味わいに。ライスはジャスミン、バスマティ、日本米のミックス

ネパールタカリ式ダルバートプレート(週替わりで提供)
1000円

ネパールのカレー。油少なめで優しい味わいが特徴。ヘルシーで女性にも人気だ

お店からの一言

店主 小橋大介さん

「火曜のみ夜営業も。スパイスチャージしに来てニタ!」

ニタカリバンチャの店舗情報

[住所]大阪市中央区内淡路町2-2-1木村ビル1階 [TEL]06-4792-7308 [営業時間]11時半~16時、火曜のみ18時半~22時も営業 ※ランチタイム有 [休日]日 [席]カウンターあり、全15席/14時まで禁煙/予約可/カード不可 [交通アクセス]地下鉄谷町線天満橋駅4番口から徒歩7分、地下鉄谷町線谷町四丁目駅4番口から徒歩8分


電話番号 06-4792-7308

撮影/松浦稔 取材/加藤エリコ

2019年8月号発売時点の情報です。

※全国での新型コロナウイルスの感染拡大等により、営業時間やメニュー等に変更が生じる可能性があるため、訪問の際は、事前に各お店に最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。また、各自治体の情報をご参照の上、充分な感染症対策を実施し、適切なご利用をお願いいたします。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
大阪でのブレイクをきっかけに東京でも広まったスパイスカレー。小麦粉不使用が基本であるものの、これといった決まりがないと言います。フリーダムな顔ぶれの中でも美味なる一杯をカテゴリ分けしてお届け!
カレーライスは専門店だけにあらず。喫茶店にも、蕎麦屋にも、店によってはラーメン屋でも、美味しいひと皿があります。しかも、メインメニューに負けない存在感を発揮しているのです。そんな、カレー“も”美味しい店をご紹介します。
日本で独自の進化を遂げて、愛されてきた「カレー」。その進化は様々で、日本で生まれた「蕎麦」と融合したり、中国で生まれた「チャーハン」と手を結んだり。それぞれを存分に楽しめる店をご紹介します。
ダイエットにもさまざまあるが、そのひとつに糖質制限ダイエットがある。気になりつつも、ご飯やあらゆる麺類、揚げ物などが大好きなので、見て見ぬフリをしてきたのが現状。しかし、カレーチェーン店『CoCo壱番屋』に低糖質メニューがあると聞き食べてきました。
アラビア海に面した南インド・マンガロールは日本と同じく魚を愛する地域。カレーだって魚介が充実なのだ。
最新記事
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
みなさん、お正月におせちは召し上がっていますか? お重に詰まっているのは、一つひとつにその1年の幸せを込めた意味が付いた、日本の心であるお料理たち。大切に紡いでいきたい文化の一つです。そのおせち、デパートでは早くも来年の商品が予約開始。どうするか悩んでいる方、必読ですよ。
店主・本山さんが育った町名を冠した店のイチ押しは、郷里・北海道の白2種と赤1種をブレンドした味噌ラーメン。コクある甘みにラードで炒めたニンニクと玉ネギの香ばしさがふわり漂うスープは、濃厚そうな見た目とは裏腹に、実にやさしい味わいだ。
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。1970年代に「柳ジョージ&レイニーウッド」を結成し、「雨に泣いてる…」などのヒットで熱狂的な人気を誇ったロック歌手でギタリストの柳ジョージ(1948~2011年)の最終回。“夜聴き”にぴったりな世界の曲を集めた『レイト・ナイト・テイルズ』シリーズが人気です。海外の有名ミュージシャンが案内人となり、オススメの楽曲を選ぶコンピレーションアルバム。今回は、日本から柳ジョージの原点とも言うべき曲が収録されました。
魚屋の女将でもあり、オリジナリティあふれるメニュー開発で人気の料理家・栗原 友さん。その栗原さんが築地で営む、鮮魚とお惣菜の店「クリトモ商店」から、今回は厳選お取り寄せメニューをご紹介します!
get_app
ダウンロードする
キャンセル