MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
南インドキッチン(カレー/月島)|本格南インド料理店☆バリエーション豊富で何を頼むか迷っちゃう♪

南インドキッチン(カレー/月島)|本格南インド料理店☆バリエーション豊富で何を頼むか迷っちゃう♪

名店『ダバインディア』で腕を振るったコックを迎えて、月島に今年3月オープン。本格的な南インド料理だが、辛さは3段階から選べるので辛いものが苦手という人にも安心。

perm_media 《画像ギャラリー》南インドキッチン(カレー/月島)|本格南インド料理店☆バリエーション豊富で何を頼むか迷っちゃう♪の画像をチェック! navigate_next

南インドキッチン(最寄駅:月島駅)

人気店出身のシェフが作る愛され系の優しいカレー

食の都・チェンナイ出身というコックの得意料理は「ブラックペッパーチキンカレー」。黒胡椒が利いた爽やかな辛さは夏にぴったり。カレーと一緒に食べたいのが、酸味がアクセントの「タマリンドライス」。揚げ玉ネギや香ばしい豆、カレーリーフなどを加えた彩り豊かな味わいのご飯だ。ほかにもココナッツを使ったさらりとしたカレーなど、ご飯に合う南インドのカレーが充実している。

ブラックペッパーチキンカレー、タマリンドライス
1260円、430円

骨付きチキンから旨みが溶け出す。胡椒が利いているが辛さは優しく味はまろやか。南インドのチェンナイやタミルナードでよく食べられるカレーだとか。タマリンドライスと

マトンコロンボカレー
1250円

トマトの旨みたっぷりの軽やかなマトンカレー。柔らかく煮込まれたラムがゴロゴロ

プレーンドーサ
1160円

米と豆の粉を合わせて作るクレープ状の南インドのスナック。香ばしい生地にココナッツ、サンバル、トマトチャツネをつけて食べる

お店からの一言

料理長 ラム・ウダヤクマールさん

「スパイスの香りを上手に引き出すのが美味しさの秘訣」

南インドキッチンの店舗情報

[住所]東京都中央区佃2-2-7 2階 [TEL]03-5144-3887 [営業時間]11時半~15時、17時~23時(22時LO)※ランチタイム有 [休日]無休 [席]全46席/ランチ禁煙/予約可/カード可/サ・お通し代なし [交通アクセス]地下鉄有楽町線・大江戸線月島駅6番出口から徒歩9分 


電話番号 03-5144-3887

撮影/西﨑進也 取材/岡本ジュン

2019年8月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
南インド料理の人気店『ダクシン』のビリヤニはチェティナード風。チェティナードとは南インドの地方名で、リゾート地として知られる。
カレーの要であるスパイスをまとったご飯「ビリヤニ」は、スパイスカレーとはまた別次元の旨々メニュー! しかも最近、じわじわとファンが増殖中。注目&食べどきの、スパイスフード界のキラーメニューなのです!
巣ごもりの食生活で何かと便利なのがレトルト食品。中でも食べた満足感が特に高いのがカレーではないでしょうか。スーパーには多くの商品が並んでいますが、『おとなの週末』ではちょっとリッチな「無印良品」推し! 41種類から選んだ人気3品+1はコレだ。
ダシを使うことが多い大阪のスパイスカレー。だがこちらはあくまで現地の味にこだわる。
メニューの大半が南インド・ケララ州の料理というこちらの看板は、もちろんカレー。皿に副菜がのった「ミールス」で提供される。
最新記事
「また食べたいと思ってもらえるものを。何度口にしても感動してもらえる味を」。そのためにフランス人シェフのサントスさんが徹底しているのが改良を重ねて作り上げたレシピと、全工程へのこだわりだ。
大手メーカーと違い、各ブルワリーの個性溢れるクラフトビール。飲んでみたいけど、ちょっと高い。では、何を飲めばいいのか? 本誌飲み比べ隊がスーパーやコンビニで買えるビールを薄張りグラスで都度洗浄して試飲しました!
みなさんは“チャーラー”をご存じでしょうか。チャーハンとラーメンのセットの略語なのです。愛知で親しまれるこのセットメニューを愛してやまない現地在住のライター・永谷正樹が、地元はもちろん、全国各地で出合ったチャーラーをご紹介します!
築約70年の木造日本家屋で営業を続けるお好み焼き屋。芸人で染太郎の妻・崎本はるが、戦争で染太郎を亡くしたあとに始めたお店で、屋号は後から付けたもの。
リモートワークで毎朝通勤しなくていいのはうれしいけれど、どうも気持ちが仕事モードに切り替わらない。そんな時は甘いものを食べて脳に糖分を注入! 実際に食べて美味しかった朝スイーツをご紹介します。
get_app
ダウンロードする
キャンセル