MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
おかわり必至の絶品7選!お取り寄せ「ご飯のお供2020」

おかわり必至の絶品7選!お取り寄せ「ご飯のお供2020」

これさえあればごはんが何膳でも食べられる!本場和歌山の梅干し、リピート多数の奈良漬け、昆布にちりめんじゃこなど、日本各地からとびきり美味しいご飯のお供を集めました。 自宅にあれば大助かり、ギフトにしても喜ばれるものばかりです。

はじめに

白飯をさらに美味しくしてくれるのがご飯のお供。おかずが少ないときにも大助かりです。
「奈良漬けが苦手な方にもおすすめしたいのが、『総本家きくや』の奈良漬け。奈良漬け独特の匂いがほとんどなくて、旨みやコクを味わえます」(小誌編集 担当)。
「『京昆布舗田なか ご飯のお供セット』の卵かけご飯昆布は、お醤油代わりに冷奴やお浸しに振りかけるのも◎。優れモノです」(担当スタイリスト)。
「『ちりめん八珍』は、おにぎりにするとご飯と馴染むし、冷めても美味しい!」(担当カメラマン)
ぜひ、一度ご賞味ください!

『ちりめん八珍』

国産ちりめん 混ぜご飯やおにぎりに!

▲『ちりめん八珍』通常価格:3,980円(税込・送料無料)

少量サイズで、全8種類が入った味付ちりめん。国産ちりめんに群馬県産の梅をプラスした「梅ちりめん」、広島菜を入れた「広島菜ちりめん」、日本海産の穴子を入れた「穴子ちりめん」など大充実のラインナップだ。
※パッケージは変更する場合もございます。

商品規格

■内容量: 梅ちりめん(30g)、鯛ちりめん(30g)、広島菜ちりめん(35g)、さけちりめん(35g)、穴子ちりめん(30g)、昆布ちりめん(35g)、えびちりめん(35g)、ひじきちりめん(35g)×各1袋
■配送形態:常温
■保存方法:直射日光を避け常温で保管
■賞味期限:製造より60日間
■販売者:【福利物産株式会社】

『紀州南高梅 梅満開』

控えめな酸味で食べやすい!肉厚な大粒サイズ!

▲『紀州南高梅 梅満開』通常価格:3,240円(税込・送料無料)

大粒肉厚のA 級品だけを厳選し、塩分約6%のうす塩味に仕上げた梅干し。酸っぱすぎず、旨みと酸味のバランスが絶妙だ。ひと粒ずつ丁寧に個包装され、木箱に入っているので、贈り物にもぴったりだ。

商品規格

■内容量:20g×12粒
■配送形態:常温
■保存方法:直射日光を避け常温で保管
■賞味期限:180日
■販売者:【株式会社ノームプラニング】

『総本家きくや 奈良漬 』

他とは一線を画す芳しい風味はリピート必至!

▲『総本家きくや 奈良漬 』通常価格:3,780円(税込・送料無料)

江戸時代初期創業の「総本家きくや」。慶長15年、興福寺に陣を構えた徳川家康に献上したのが始まりの伝統ある逸品。上品な風味と心地よい食感、あっさりとした後味で、もうひと切れ、とつい手を伸ばしたくなる。

商品規格

■内容量:約600g(瓜、胡瓜、西瓜、茄子)
■配送形態:常温
■保存方法:常温
■賞味期限:120日
■備考:水洗いはなるべくさけて、キッチンペーパー等で酒粕を抜きっとってからお召し上がり下さい。
■販売者:【株式会社総本家きくや】

『博多の名店「華ふくいち」辛子明太子(特選切子)1kg』

ほどよい辛さの明太子がお値打ちの1kg!

▲『博多の名店「華ふくいち」辛子明太子(特選切子)1kg』通常価格:4,500円(税込・送料無料)

塩気や唐辛子は控えめにし、マイルドな味付けに 仕上げた明太子。プチプチと粒が弾けるような食 感だ。型崩れや皮が破れた切子も入るが、1本 ものと比べても見た目に大きな違いはない、 ボリューム満点の特価品だ。

商品規格

■内容量:華ふくいち 辛子明太子(切れ子)(1kg)
■配送形態:冷凍
■保存方法:要冷凍(-18度以下)
■賞味期限:冷凍1年
■備考:解凍してお召し上がりください。
■販売者:【一幸】

『京昆布舗 田なか ご飯のお供セット』

毎日食べたい!京都の昆布専門店で人気の2品!

▲『京昆布舗 田なか ご飯のお供セット』通常価格:3,456円(税込・送料無料)

粒状に仕上げた昆布の佃煮に青のりと金ゴマを合わせた「卵かけご飯昆布」と、北海道道南の昆布とちりめんじゃこを山椒と共にあっさり炊き上げた「おじゃこさん」のセット。どちらも合成保存料などは不使用で、キリっとした佃煮の風味と昆布の旨みが感じられる。

商品規格

○■容量:卵かけご飯昆布(25g)×3袋、おじゃこさん(40g)×3袋
■配送形態:常温
■保存方法:常温
■賞味期限:卵かけご飯昆布180日 おじゃこさん90日
■販売者:【株式会社 田なか〈京昆布舗 田なか)】

『うにいか丼 10袋(20人前)セット』

ご飯にのせれば食欲そそる、贅沢丼の完成!

▲『うにいか丼 10袋(20人前)セット』通常価格:4,320円(税込・送料無料)

イカの風味とウニの甘みがたまらない美味しさの丼の素。卵黄と共にご飯にのせるほか、パスタや豆腐にのせたり、バゲットにのせてオーブンで焼いたり、とアレンジも利く。1袋に2人前入り。たっぷり濃厚な旨みを堪能したい。

商品規格

■内容量:110g×10袋
■配送形態:冷蔵
■保存方法:冷蔵
■賞味期限:60日
■備考:ご飯や豆腐、パスタに掛けてお召し上がりください
■販売者:【株式会社しいの食品】

『まぐろ酒盗ねぎ6瓶セット』

ピリリとした辛さがクセになる!お酒のアテや冷奴にも!

▲『まぐろ酒盗ねぎ6瓶セット』 通常価格:3,456円(税込・送料無料)

マグロの胃だけを長期塩蔵熟成で発酵させたメーカー独自の「まぐろ酒盗」に刻みネギをたっぷり加え、ピリッと豆板醤を利かせた珍味。ご飯やお酒のアテはもちろん、冷奴にのせれば薬味要らずで楽しめる。

商品規格

■内容量:80g×6瓶
■配送形態:常温
■保存方法:常温(高温・直射日光を避けて)
■賞味期限:180日
■備考:そのままご飯やお豆腐に。納豆のタレ代りに。
■販売者:【株式会社しいの食品】

おわりに

ここまで本当においしいご飯のお供を厳選してご紹介してきました!気になる商品は見つかりましたか?どれも家庭に常備しておきたいですね♪

『おとなの週末 お取り寄せ倶楽部』とは

講談社発行「おとなの週末」公式通販サイト。
グルメ雑誌「おとなの週末」のスタッフが全国各地から人気のグルメを実際に取り寄せて試食。味・外観・価格・サービス等厳しい審査を通過した商品だけを販売しています。

・商品は産地・生産メーカーから直送!(※一部メール便発送商品は倉庫出荷となります)
・納品書・明細書の同封なし!(※ご希望の場合は別途ご依頼頂ければ郵送させて頂きます)
・全国どこでも全品送料無料でお届け!(※一部商品は送料込みの金額設定にてご案内しています)

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連するキーワード
関連記事
新しい飲み会の形式が生まれた現在、欠かせないのが美味しいおつまみ。手作りや近所で買うのもいいけれど、お取り寄せなら他では見かけない逸品も味わえます。「温めるだけ」「解凍するだけ」と手軽なのも魅力!定番から珍味まで、厳選してまとました!
665views お取り寄せ
グルメ雑誌「おとなの週末」のグルメライターが実食して、ちょっと贅沢したいときや大切な人へのギフトにふさわしいとっておきの商品を集めました!味わいはお店レベル、いやそれ以上か!?お値段は張りますが、充分に納得できる美味揃いです。
1023views お取り寄せ
さっぱり味の冷麺からコシのあるうどん、痺れる辛さの担々麵、からだにやさしいヘルシー麺など、いま食べたい絶品の「冷たい麺」を、おとなの週末グルメライターが実食して厳選しました!まだまだ暑さが残る季節、たくさん食べてパワーチャージしましょう!
945views お取り寄せ
夏のスタミナ食としても人気の餃子。今回は、店や地域ごとにさまざまな個性を打ち出す餃子を集め、実食審査しました。皮と餡のバランスが絶妙な肉汁たっぷりの激ウマ餃子が勢揃い!正統派から個性派までこだわり餃子が目白押しです。
2749views お取り寄せ
暑さが増すと、つい手を伸ばしたくなるアイスクリーム。果物やミルクなど素材の良さを活かした逸品を集めました。どれも特別感のある味わいです。ご自宅でくつろぎながら楽しみませんか。ギフトとしてもおすすめです。
2218views お取り寄せ
「とにかくお肉は厚いほうが美味しい」というスタッフの意見からレシピを考案。棒状で届く豚ヒレ肉を丁寧に筋切りし、揚げたあとに余熱で火を通すというカツはすっとかみ切れるほど柔らかく、中に挟み込まれたモッツァレラチーズと口の中で一体に。
駅からほど近くの路地裏に建つ風情漂う一軒家。純和風の空間で、落ち着いて鶏料理が食べられる大人の店だ。
食べ物屋なら何でもある街、吉祥寺ですが、その時々で流行の“食べ物バブル”が登場します。 新しい食べ物バブルの萌芽を感じたので、ここでご紹介しようと思います。 はい、それはケバブだ!  ケバブバブル……。呪文のようです……。
秋といえばフルーツ。 さすがにフルーツ大国の信州。JRのホームにも、実のなる駅があるんです。ものすごくおいしそうなのですが、ホームの果実を食べるわけにもいきません。  そこで昨年取材で訪れた、信州の鉄道とアルピコ交通撮影時に出会ったフルーツのお話です。
京橋の「ダバ インディア」と三軒茶屋の「シバカリーワラ」、東京の東西を代表する名店で腕を振るった兄のスレンダジーさんと弟のラムジーさんの兄弟が、タッグを組んで独立したのが一昨年のこと。インパクト抜群の店名は、もはやカレー好きの間で知られた存在だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt