MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
吉祥寺グルメ情報_番外★食パトロール編 三鷹はおにぎり上等! の街だよ、の件/おっさん女子の吉祥寺パトロール(147)

吉祥寺グルメ情報_番外★食パトロール編 三鷹はおにぎり上等! の街だよ、の件/おっさん女子の吉祥寺パトロール(147)

ステイホーム期間中に限らず、おっさん女子的に、三鷹周辺は“おにぎりの街”だと思っています。おにぎりといえば、テイクアウトグルメの王道。 私が白飯至上主義なのもありますが、いい機会なので、三鷹のおにぎりの店を皆さんに覚えてほしいです……。

番外★食パトロール編 三鷹はおにぎり上等! の街だよ、の件


GW中のステイホーム期間中に人出が多すぎて全国ニュースにもなってしまった吉祥寺……。

そんな吉祥寺から、近隣の駅にパトロールエリアを拡大しているおっさん女子です。

そこで三鷹です(キッパリ)。

三鷹といえば、自粛前からおっさん女子的には“おにぎりの街”です。

私が白飯至上主義なのもありますが、三鷹をふらつくと、ついおにぎりをテイクアウトしている私……。

いい機会なので、三鷹のおにぎりの店を皆さんに覚えてほしいです。

イラスト/小豆だるま

1軒目は、おっさん女子にもうれしい!? 『S茶苑』の酵素玄米のおにぎり


まず、玉川上水沿いを吉祥寺方面に歩きつつ、ちょっと1本通りを内側に入った住宅街にある『S茶苑』。

ここは中国茶とヘルシーフーズの店なんですが、店の作りがゆったりとしていて、中国茶も本格的。

ぼんやり考え事をしたり本を読んだりするのに最適の店なんですが、ここには酵素玄米おにぎりがあるんです。

雑にいうと雑穀米のおにぎりなんだけど、すごい食べ応えがあって、塩気もちょうどいいし、こんなおにぎりは他では見たことがないので、私はお茶した後にテイクアウトして家でおやつに食べたりしているのであった……。

おにぎりがおやつって……という、もっともなツッコミは受け付けません(キッパリ)。


2軒目は、ベーシックな梅、明太子、鮭などは、この『C箱』で!


いやー、マニアックすぎない? という女子の皆さん、じゃあメジャーな三鷹南口の『C箱』でしょう。

ここの店名は非常にかわいらしく、さらにいうとオシャレ雑貨なども扱っているんですよ。

吉祥寺に移転した『S』(連載71回)跡地で、そこのスタッフさんが独立して新しく始めた店ですね。

ここはお弁当やおかずのテイクアウト(イートインもOK)の店ですけど、やっぱりおにぎりでしょう! 

やや小さめですがベーシックな梅、明太子、鮭などがそろっていて、非常に美味しいです。

コンビニのおにぎりを買うなら、三鷹地元民は『C箱』で買うべきです。

ちなみに、お惣菜の唐揚げとセットで買うのがおっさん女子流です。

3軒目は、三鷹のおにぎり専門店『Y子』の「攻めた」日替わりでキマリ!


そして、三鷹のおにぎり隠し玉は、八丁通りにある『Y子』。

おにぎり専門店です。

テイクアウト&イートインもOK。

朝7時30分からやってます&ウレシイよね。

ここは、特A級ランクのあきたこまち&羽釜かまど炊き&有明海苔という、おにぎり界のエリートをそろえています。

ベーシックな、梅干し、鮭、たらこなど20種くらいそろっている天国のような店。

ツナマヨとかマヨラー(死語)対応おにぎりもあります。

しかし、注目すべきは“日替わり”。

この店の日替わりおにぎりは、超攻めている! 

季節のものを炊き込んだ系のものが多いんですけど、それ以外にドライカレーとか、コンビーフエッグとか、なかなか刺激的なラインナップのときもある。

おにぎりの可能性を追求している感があって、非常に好感が持てます。

わりとボリューミーなおにぎりなので、食べ盛りの男子にもおすすめ。

もちろん唐揚げのおかずもあるよ! 

ここ、大事! 


米には唐揚げだろ!








天野七月/あまのななつき
ライター&ときどきエディター。吉祥寺在住、ざっくり30年くらい。基本おっさん女子、たま~に乙女マインド。いつも吉祥寺をふらふらしています。ちなみに無芸大食。




小豆だるま
高校の国語教員を経てイラストレーター・漫画家になる。ギャグとシリアスを行ったり来たりする作風で雑誌・書籍・webなどで活躍中。著書は「日々ズレズレ」(小学館)その他。好物はタイ料理と辛いもの。

このグルメ記事のライター
天野七月@まとメシ

吉祥寺に住んで、ざっくり30年。基本「おっさん女子」の筆者が、たまに乙女マインドをチラつかせながら、地元民目線で食事情を語る。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
今回ご紹介するのは、2019年7月にオープンした『cafe&bar d●●●●●』だよ。 入れ替わりの激しい吉祥寺で1周年を迎えた&世界中を巻き込んだ“もーやってらんない”現象にも耐えていた(涙)。ということで、個人的に「おめでとう」の気持ちをこめてのご紹介です。店名はイニシャルだけどな……。
梅雨時のスッキリしない天気&気分を盛り上げるには、やっぱり肉だろ!と思うワケです。 そこで今回は、カツだよ! 揚げ物だよ! テンション上がるよね。もちろんカロリーも……。 吉祥寺の、カツ事情について考えてみたぞ〜!
ある日、都会のカフェで“フラットホワイト”という珍しいコーヒーを飲みました。フラットホワイトとは、エスプレッソにスチームミルクを入れたもの。フラットホワイトは都会にしかないのか? グーグル先生に聞いたところ、吉祥寺もあることを発見……! さっそくチェキってみました〜。 
梅雨時の高温多湿の日本で今食べるなら、ベトナム料理だろ! というワケで、今回は、私が勝手に吉祥寺“新興ベトナム三角地帯”と呼んでいる、吉祥寺の丸井周辺地域のベトナム料理屋を紹介したいと思います……。
吉祥寺は飲食に関しては何でもある街と思われているが、実は意外にないものがある。今回は、意外にないもののひとつ、仕事帰りのおひとり様女子(乗り換えでいったん吉祥寺に降り立つ女子も含む)を癒す店をご紹介だ。
東京の寿司店で修業を積み、約10年前に地元・横浜で独立。「わざわざ足を運んでもらうような場所なので、握りもひと工夫しています。
全日本さば連合会が4月末よりスタートした「サバレシピリレー~サバトンをわたそう!~」。 その後も「サバトン」(バトンです……)は、北は北海道、南は鹿児島、さらになんとオーストラリアまで! サバレシピが続々と投稿されている。その数は、現在150を超えた。 和洋中、エスニックと、「サバラエティー」にあふれる多彩なレシピが大集合!
“食堂”をコンセプトとする新ブランドの看板は、ゲンコツと背脂、 バラ肉でとった豚100%の清湯ラーメン。スープは、超クリアな“あっさり”と背脂たっぷりの“こってり”から選択できるが、お店の推しは断然“こってり”だそう。
いま最も注目されている飲み屋街、西成。 そのなかでも昔から西成通に愛されている角打ちがある。 それが、17年前にオープンした「山口酒店」。 「立ち呑みの部分だけ間借りしてます。お酒は隣の酒屋から選んでもってきてくださいね」 という名物ママが仕切る、居心地の良い店なのだ。
大正14年(1925)創業。代々続くメニューがずらりと並ぶなかでも、このグラタンはいたってシンプル。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt