MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
厳選した24種のワインと本格シンガポール料理をカジュアルにいただく(シンガポール料理/三軒茶屋)

厳選した24種のワインと本格シンガポール料理をカジュアルにいただく(シンガポール料理/三軒茶屋)

「CLARK JACK PARLOR」はシンガポールで2年半滞在したオーナーが、当時一緒に働いていた料理人と2016年1月に開店した。現地のシェフと一緒に食べ、教えてもらった本格シンガポール料理がいただける。店の看板メニューは「ハイナンチキンライス」[交]三軒茶屋駅三茶パティオ口から徒歩5分 ※ランチタイム有

CLARK JACK PARLOR(最寄駅:三軒茶屋駅)

 シンガポールで2年半滞在したオーナーが、当時一緒に働いていた料理人と2016年1月に開店。現地のシェフと一緒に食べ、教えてもらった本格シンガポール料理がいただける。 カジュアルな店内には、テーブル席のほか、2人掛けのソファ席を用意。カウンター席もあり、女性ひとりで来る人も多いそう。 定番メニューのほか、皮目がパリパリで美味しい「クリスピーポーク」(700円)や、鶏モモ肉を紙で包んだまま揚げる「ペーパーチキン」(600円)など、おつまみも多数。 ワインは、ボトルで2800円〜提供。中にはタイやイスラエルといった珍しいものも取り揃えている。 2月よりランチも開始。シンガポール料理ってよくわからない……という方は、まず昼からどうぞ。

シンガポール チリクラブ
時価

写真はタラバだが、仕入れ状況によって変わる。エビのダシがほんのりと香るピリ辛味のチリソースと、甘みのあるカニの身が相性抜群! パクチーをのせて食べれば爽やかな香りが広がる

ハイナンチキンライス(ライス・スープ付き)
レギュラー 1100円

店の看板メニュー。厳選の国産鶏肉はしっとり柔らかい。ソースは、ダークソイ、ショウガ、チリの3種。鶏の茹で汁で炊いたジャスミンライスと鶏肉に全部かけて食べるのがおすすめ

バクテー
1300円

オリジナルブレンドのスパイスで煮込んだ薬膳スープ。スペアリブは箸を入れればスッとほぐれるほど柔らかだ。八角の香りがフワッと漂い、滋味深い。飲みの〆にピッタリ

ラクサ ヌードル
1300円

濃厚なエビダシにココナッツミルクの風味がフワッと広がる。シンガポール直送の米粉麺はモチモチで、唐辛子ベースの調味料サンバルブラチャンソースを加えると辛みが増して美味

CLARK JACK PARLOR

■『CLARK JACK PARLOR』
[住所]東京都世田谷区太子堂4-27-5
[TEL]03-6450-8008
[営業時間]11時半〜15時(14時半LO)、18時〜23時半(22時LO)※土曜日・日曜日・祝日の夜は17時半~
[休日]木曜日
[アクセス]東急田園都市線ほか三軒茶屋駅三茶パティオ口から徒歩5分

電話番号 03-6450-8008
2016年4月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
威南記海南鶏飯(ウィーナムキー ハイナンチキンライス)はシンガポール政府御用達としても名高い店。チキンスープで炊いたご飯と、しっとりゆで上げた鶏肉からなる「スチームチキンライス」は現地でも随一の味と評判。 ※ランチタイム有
シンガポール ホリック ラクサは2015年10月31日オープンのラクサ専門店。※ランチタイム有 [交]明治神宮前駅3番出口から徒歩1分、原宿駅表参道口から徒歩2分
シンガポールの名店の日本上陸2号店。名物は鶏肉と鶏スープで炊いたライスを3種類のソースと食すハイナンチキンライス。王道は「スチームチキンライス」だが、皮がパリッと香ばしい「ローストチキンライス」も抜群の旨さ。威南記海南鶏飯(ウィーナムキー ハイナンチキンライス)[交]銀座駅A2徒歩2分 ※ランチタイム有
13年前、シンガポールで食べたチキンライスの旨さに衝撃を受けたという店主の松本さん。以来、研究に研究を重ねて作り上げたのが、このチキンライスだ。今も年数回、現地に赴き味を研究している。松記鶏飯 (SONG KEE JEE FAN)[交]丸の内線淡路町駅A4出口、都営新宿線小川町駅B6出口から徒歩3分 ※ランチタイム有
名古屋市昭和区にある『炭焼 うな富士』。地元では知らない人はいないうなぎの名店である。 全30席の店内は常に満席で、平日でも店の前に行列ができるほどの人気ぶり。 そんな『うな富士』が今年4月、新型コロナウイルスの影響もあり、出前とテイクアウト、そしてついに通販も開始した。
昭和47~48年頃、賄いでグラタンを食べたいという従業員のため、耐熱皿の代わりにトースト用食パンで作ったのが“グラパン”誕生のきっかけ。さらに1年ほど前、メニューにあったビーフシチューをグラパンにしたら美味しいのではないかと、土・日・祝限定で「デミグラスグラパン」を始めた。
「新虎通り」開通以前の2015年2月オープン。京の町家を思わせる外観が目を惹く。
週替わりでひと工夫された魅力的な惣菜が並ぶデリカテッセン。「デリボックス」はテイクアウトで1080円~(イートインは1350円~)。
新型コロナウィルスの蔓延防止のため、多くの飲食店が休業や営業自粛によって苦境に陥っている。そんな飲食店を応援しようという『さきめしSupported by SUNTORY』プロジェクトが始まっている。
149views F&D 最新情報

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt