MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
“先払い”チケットを利用!  実際に『さきめしSupported by SUNTORY』を使ってみた。

“先払い”チケットを利用! 実際に『さきめしSupported by SUNTORY』を使ってみた。

飲食店へ“先払い”する「さきめしチケット」と、さきめしに登録している飲食店全店へ均等に分配する「寄付」で応援するというプロジェクト「さきめしSupported by SUNTORY」。 その考えに賛同した、おとなの週末編集部がサービスを利用。購入した「さきめしチケット」をお店で使用した。

“先払い”チケットを利用! 『さきめしSupported by SUNTORY』を使ってみた。


飲食店へ“先払い”する「さきめしチケット」と、さきめしに登録している飲食店全店へ均等に分配する「寄付」で応援するというプロジェクト「さきめしSupported by SUNTORY」。

その考えに賛同した、おとなの週末編集部がサービスを利用。

購入した「さきめしチケット」をお店で使用した。

先払いで飲食店を応援する「さきめし」


コロナショックに苦しむ飲食店を先払いで応援するべく立ち上がった「さきめし」。

詳しいサービス内容は、前回の記事をご覧いただくとして、本記事では実際にお店で「さきめしチケット」を使った様子をお伝えする。

前回の記事は、こちら。
本誌掲載店を“先払い”で応援! 『さきめしSupported by SUNTORY』を使ってみた。

さきめしの取り組み内容について(https://www.sakimeshi.com/


今回うかがったのは、『築地もったいないプロジェクト 魚治』さん。

味は美味しいけど形が不ぞろいのため市場に出せない、その珍しさから中央市場で売れ残る地方の魚などにスポットを当てている、本誌でも2019年5月号で紹介した“三ツ星店”だ。


自粛期間中はランチ営業のみだったが、6月1日から夜の営業を再開。

ついにチケットを使うときがやってきた。

「さきめしチケット」は、お店でスタッフに画面を見せるだけ

丸の内にある『魚治』。
『おとなの週末』2019年5月号より 撮影/小島 昇


店内はソーシャルディスタンスにより、客席の間隔を空けている様子。

ちょっと寂しい気もするが、これはこれでゆったりと飲食ができるので悪くない(お店は客が入れられない分大変だが……)。

購入した「さきめしチケット」を使う前に、お通しでホンビノス貝の酒蒸しが登場。

貝が開く間に、生ビール(ザ・プレミアムモルツ)でカンパイ!

お通しの「ホンビノス貝の酒蒸し」


さあ、「さきめしチケット」を使うとしよう。

お店の方に画面を見せて、チケットで先行登録しておいたメニューを注文する。


「さきめし」の「さきめしチケット」画面(左)
お店の方に画面を見せながら
「このメニューを使用する」をタップした(右)


「さきめしチケット」の内容は「刺し盛り(7種)」。

その日のイチオシが入る、お店の看板メニューのひとつだ。

お店の方に画面を見せて
「オーダー確認ボタン」を押してもらう(左)
オーダー完了(右)


チケットには7種と記載されていたが、仕入れの都合でこの日は5種に。

コロナの影響がここにも!? 

無事注文が完了し、刺身がくるのに合わせて生ビールをおかわり。

万全の状態で約2週間前に注文した料理を迎える。


「刺身5種」(1人前680円)。写真は2人前


この日は、手前から本マグロ、コチ、スズキ、コウイカ、サーモン。

待ちに待った刺身は、鮮度抜群! 

自粛時に注文した料理を今こうしていただくのは、なんとも感慨深い。

そりゃ、お酒も進むというもの。


せっかく来たのだから、その他の料理も注文。

数量限定の獲れたて無添加の「塩水うに」は、そのまま食べてもよし、わさびをのっけて海苔で巻いてもよし。

臭みがなく、磯の香りを感じるフレッシュな旨さだった。

「塩水うに」(PC<パック> 2800円)


気づけば、お酒は生ビールからレモンサワー、日本酒へと移り、料理も魚からお肉へ……。

「豚肩ロース味噌漬け焼き」の味噌と豚肉の甘みある脂が、日本酒を進ませる。

ニクいぜ。


「豚肩ロース味噌漬け焼き」(780円)


めくるめく料理とお酒の旅も終着点。

締めに注文したのは、これまたお店の名物「豆富飯」。

魚の煮付けを調理した後の残り汁で煮た豆腐は、魚の旨みが凝縮。

食感がプルップルでご飯といっしょにかっこんでいる時間は、まさに至福。


これ以上ない口福が訪れた。

「豆富飯」(みそ汁付き500円)


やはりお店で飲むお酒と、美味しい食事は格別であった。


ちなみに、前回の記事でご紹介したさきめしのもうひとつの応援方法「寄付」は、予定通り5月31日で終了。

5月26日からの6日間で集まった寄付金は、サントリーからの拠出金も含め、4746万800円。

さきめし登録店に分配されるということで、少しでも飲食店の運営の一助になればと切に願う。


「さきめしチケット」は、まだまだ健在。

購入から6ヵ月有効なので、たとえば、自宅仕事が続いてる人が久々の会社への出勤の際仕事帰りによく行っていた店で使うとか、出張や帰省のたびに立ち寄っていた店へいつか訪れる日を夢見て買っておくなんてのもあり。

ぜひさきめしを利用して、贔屓の飲食店を応援いただきたい。

小さくカンパイしながら、みんなが安心して美味しい料理やお酒に舌鼓を打つ時間が訪れるのを楽しみに……。


おとなの週末編集部は、引き続き飲食店を応援します!


このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う自粛要請で、多大なるダメージを受けた飲食店の方々を応援したい……と、JTは、くるなびの「つなぐ食」に参画。そして、Rettyとの共同プロジェクト「サポ食」をスタートした。これらの取り組みに対して総額約1.2億円を拠出。継続的な飲食的支援を実施するという。どのような取り組みなのか、その概要を紹介しよう。
358views F&D 最新情報
東京で緊急事態宣言がなされて以降、飲食店は多大なるダメージを受けている。 そんな飲食店を応援すべく立ち上がったのが「さきめしSupported by SUNTORY」。 飲食店へ“先払い”する「さきめしチケット」と、さきめしに登録した飲食店全店へ均等に分配する「寄付」で応援するというプロジェクトだ。その考えに、おとなの週末編集部も賛同。実際に利用することで応援してみた。
591views F&D 最新情報
新型コロナウィルスの蔓延防止のため、多くの飲食店が休業や営業自粛によって苦境に陥っている。そんな飲食店を応援しようという『さきめしSupported by SUNTORY』プロジェクトが始まっている。
1080views F&D 最新情報
「今までにない梅との新しい出会い」を提案するというコンセプトで、梅酒カクテル専門BARが銀座にオープン。 本格梅酒「The CHOYA」を使用した梅酒カクテルや、日本ではここでしか飲めない免税店限定の、フレンチオーク樽熟成の梅酒などが楽しめる、『梅』専門のBARなのだ。
消費税が10%に上がり、仕事が終わってもまっすぐ帰宅。 家で飲むという方が増えたのではなかろうか。せっかくの家飲み、いつもより“いいお酒”でのんびりと過ごしたい。その思いに応えてくれるウイスキーが登場した。
2010views F&D 最新情報
自粛期間中、“日本中が、もーやってらんない”となった期間、私が最もやってらんない気分になったのは、スーパーでおやつ関係が品薄になっていたことである。 そんな私を支えてくれたのは、フルーツゼリー。近所のスーパーではフルーツゼリーが品薄になることはなかった(苦笑)。 そこで今回は、私が大好きなレモンゼリーについて語ろうと思う……!
2011年3月12日に博多駅~鹿児島中央駅間の、全区間で開業しました。 九州新幹線の開業で、終点鹿児島中央駅で買える駅弁も充実です。 もちろん、南九州らしいメニューです。 そしてもう一つ。 鹿児島に行ったら、ぜひ食べたいと思っていたのが白熊です。 もう、全国区になったカキ氷です。 鹿児島で有名なアーケード天文館にある名店むじゃきに向かいました……。
リンゴを食べて育つ「津軽どり」を使ったチキンカツは、甘みがありプリッとジューシー。自家製のタルタルとすりおろしたリンゴを入れて煮込まれた濃厚なソースを合わせているため、カツに負けない味わいの「胚芽入りパン・ド・ミ」をセレクトしている。
かつて、徳川将軍家の茶の湯に用いる良質な水を汲み上げていたことが「御茶ノ水」の地名の由来だとか。この地で1899年(明治32年)に創業した老舗ホテル『龍名館』が営むのが、まさに日本茶をテーマにしたレストランなのだ。
モツ好きでこの店の味に唸らない人はいまい。備長炭で焼く芳しい串に奥深き味噌味の煮込み、加えてワイワイ陽気な喧騒にハマったら最後、ヤエチカに通うことになる。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt