MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
BAL Bocca(肉料理/吉祥寺)|幻の希少種無角牛が味わえるお店!和牛の本当の旨さをぜひご堪能下さい☆

BAL Bocca(肉料理/吉祥寺)|幻の希少種無角牛が味わえるお店!和牛の本当の旨さをぜひご堪能下さい☆

市場にはほぼ出回らない、価値ある肉がある。それは山口県阿武郡だけで飼育されている「無角牛」。

perm_media 《画像ギャラリー》BAL Bocca(肉料理/吉祥寺)|幻の希少種無角牛が味わえるお店!和牛の本当の旨さをぜひご堪能下さい☆の画像をチェック! navigate_next

BAL Bocca(最寄駅:吉祥寺駅)

全国の肉好きに味わってほしい幻の希少種“無角牛”

牧草や稲わらを食べて健やかに育ち、肉質は脂肪の少ない深紅の赤身が中心だ。それゆえ霜降り肉の隆盛で需要が縮小し、現在は月3~4頭しか出荷されない“幻の牛”に……。しかし料理長の鈴木康一氏は「無角牛の健全な美味しさこそが、和牛の本当の味なんです」とキッパリ。いやあ、食べて納得。肉を鉄板にのせた瞬間、ぶわ~んと立ち上る甘い芳香。ロゼ色の赤身を噛みしめるたびに、「サラバ、霜降り信仰!」と叫びたくなった。人の体は正直だ。

無角和牛のグリル・ウチモモ (230g)
2990円(約2人前)

しっとり瑞々しいウチモモ肉の塊。低温で1時間かけて焼き、肉全体の旨みを活性化させる。「無角牛をひと言で表すなら“エレガント”」と語る料理長。ひと口目の上品な味わいの後に、深いコクの余韻が続く。たっぷりのフライドポテト付き

無角和牛コロッケ、エリンギのグリル
600円、600円

エリンギは日本最古の品種「とっとき1号」。肉厚で香り高い。無角牛の味が際立つシンプルなコロッケも必食だ

シャルキュトリー盛り合わせ
1500円

サラミや生ハムはすべて自家製。母体が肉卸問屋なだけあって、豚や鶏、ジビエなども、由緒正しい選りすぐりの肉だけを扱う

お店からの一言

店長 末久耕太さん

「牛肉本来の旨さが詰まった無角牛の魅力を多くの人に広めたい!」

BAL Boccaの店舗情報

[住所]東京都武蔵野市吉祥寺本町3-10-3 [TEL]0422-23-8560 [営業時間]17時~23時頃LO [休日]月、第3火 [席]カウンターあり、全16席/喫煙可/予約可/カード不可/サ・席料なし [交通アクセス]JR中央線ほか吉祥寺駅公園口から徒歩10分


電話番号 0422-23-8560

撮影/大西尚明 取材/林 匠子

2019年9月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
スペイン料理の代名詞といえば、やっぱりパエリア。こちらは何と、国際パエリアコンテストで優勝したパコ・ロドリゲス氏の専門店。
昨年オープンした丸ビルの新鋭は既存のスペインバルとは一線を画す。テーマは日本の中心地・東京ならではの洗練されたモダンスパニッシュだ。
カジュアルな雰囲気のスペインバル。看板商品のパエリアは全5種類。
おとなの週末「三ツ星プレミアムビールを満喫できる店」特集掲載店舗。スペイン&メキシコ料理の店。
錦糸町で日本人オーナーシェフが腕をふるうスペイン料理『バル ポルテーニョ』。アルゼンチン料理を目当てに向かった。
最新記事
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
みなさん、お正月におせちは召し上がっていますか? お重に詰まっているのは、一つひとつにその1年の幸せを込めた意味が付いた、日本の心であるお料理たち。大切に紡いでいきたい文化の一つです。そのおせち、デパートでは早くも来年の商品が予約開始。どうするか悩んでいる方、必読ですよ。
店主・本山さんが育った町名を冠した店のイチ押しは、郷里・北海道の白2種と赤1種をブレンドした味噌ラーメン。コクある甘みにラードで炒めたニンニクと玉ネギの香ばしさがふわり漂うスープは、濃厚そうな見た目とは裏腹に、実にやさしい味わいだ。
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。1970年代に「柳ジョージ&レイニーウッド」を結成し、「雨に泣いてる…」などのヒットで熱狂的な人気を誇ったロック歌手でギタリストの柳ジョージ(1948~2011年)の最終回。“夜聴き”にぴったりな世界の曲を集めた『レイト・ナイト・テイルズ』シリーズが人気です。海外の有名ミュージシャンが案内人となり、オススメの楽曲を選ぶコンピレーションアルバム。今回は、日本から柳ジョージの原点とも言うべき曲が収録されました。
get_app
ダウンロードする
キャンセル