MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
尾張屋(そば/浅草)万延元年(1860)創業の超老舗蕎麦店!蕎麦は勿論ツユも飲み干したくなる旨さ♪

尾張屋(そば/浅草)万延元年(1860)創業の超老舗蕎麦店!蕎麦は勿論ツユも飲み干したくなる旨さ♪

「永井荷風先生は毎日同じ時間にいらして、同じ席に座り、いつも『かしわ南ばん』を頼んで召し上がっていたそうです」と語るのは、万延元年(1860)創業の尾張屋・6代目で修業中の田中秀典さん。具は特注のごま油で炒めた鶏ムネ肉と、たっぷりのネギ。

perm_media 《画像ギャラリー》尾張屋(そば/浅草)万延元年(1860)創業の超老舗蕎麦店!蕎麦は勿論ツユも飲み干したくなる旨さ♪の画像をチェック! navigate_next

※コロナ禍で外食が自粛・縮小されている状況ではありますが、ぜひ知っておいて欲しい飲食店を、ご紹介しております。

尾張屋(最寄駅:浅草駅)

浅草を愛した荷風が毎日通い続けた蕎麦

永井が一滴も残さず飲み干していたという蕎麦つゆのダシは、3キロ以上ものカツオ節を長時間火にかけてとっているもの。毎日食べても飽きのこないよう、前に出すぎない味を保ち続けているという。地元のお客にも愛され続けている、滋養が体に行き渡るような一杯だ。

かしわ南ばん
1100円

のど越しのよい細打ちの二八蕎麦を使用

天ぷらそば
1600円

丼からはみ出す大きなエビ天。良質のごま油で揚げ、コクがありながらもさっぱりした衣でダシの風味と合う

お店からの一言

店主 田中秀典さん

「地元のお得意様に支えられて159年続いている味です」

尾張屋の店舗情報

[住所]東京都台東区浅草1-7-1 [TEL]03-3845-4500 [営業時間]11時半~20時半LO ※ランチタイム有 [休日]金 [席]全70席/全席禁煙/予約不可/カード不可 [交通アクセス]地下鉄銀座線ほか浅草駅1番出口から徒歩4分


電話番号 03-3845-4500

撮影/大西尚明 取材/赤谷まりえ

2019年10月号発売時点の情報です。

※全国での新型コロナウイルスの感染拡大等により、営業時間やメニュー等に変更が生じる可能性があるため、訪問の際は、事前に各お店に最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。また、各自治体の情報をご参照の上、充分な感染症対策を実施し、適切なご利用をお願いいたします。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
蕎麦屋を営んでいた父の背中を見て育ち、「物心がついた頃から蕎麦職人になりたかった」と話す店主の早川さん。大事にするのは、香り、旨み、甘み、色味など全体のバランスだ。
経営母体が“意外”といいますか、考えてみればしごく必然で真っ当なんだけど、でも意外と少ないパターンのお店を2軒!
まずは老舗蕎麦屋が営む立ち食い蕎麦。
立ち食いといえば駅蕎麦、駅蕎麦といえば立ち食いというくらい、駅と立ち食い蕎麦は切ってもきれない縁がある。だが日本のセントラルステーションたる東京駅の構内に今、立ち食い蕎麦屋はたった一軒しかなかった。
東京は上野で育った店主が目指したのは、自家製粉で打つ「二八蕎麦」。石臼の素材は熱を持ちにくい蟻巣石を採用し、丸抜きで仕入れた蕎麦の香りが飛んでしまわぬよう、細心の注意を払って製粉している。
自家製粉にこだわる、2代続く町の蕎麦屋さん。北は北海道から南は島根県まで、各地の蕎麦農家から収穫の出来や時期に合わせて仕入れ、そのときいちばん美味しい玄蕎麦を店で挽く。
最新記事
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。第1回は、国民的バンドとなったサザンオールスターズの桑田佳祐です。
活躍中のカメラマン・鵜澤昭彦氏による、美味なるマグロ探訪記。第3回は新宿山吹町にある、小料理屋『ぐり』の「天然生マグロづけ丼」。極上の「マグロ丼」は人と人との不思議な巡り会いで誕生した。
並のロースは税込800円。しかも羽釜で炊いたご飯と丼にたっぷりの豚汁付きでってところもうれしくなる。
小説『バスを待つ男』や、講談社の「好きな物語と出会えるサイト『tree』」で連載中のエッセイ『日和バス 徘徊作家のぶらぶらバス旅』など、作家生活25周年を迎えた西村健さんは、路線バスをテーマにした作品の書き手としても知られています。「おとなの週末Web」では、東京都内の路線バスを途中下車してふらり歩いた街の様子と、そこで出会った名店のグルメを紹介します。
「江戸っ子は屋台で寿司をつまんだ後、帰り際に暖簾で手を拭いて店を後にしたそうです。なので暖簾の汚れっぷりが、旨い店の判断基準だったとか」。と、話してくれたのは『挙母鮨』の星野店長。
get_app
ダウンロードする
キャンセル