MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
酒肴、お食事 いろは(和食/瑞江)|日本料理の美味しいお店☆やきご飯の和の旨みにハマる人続出!

酒肴、お食事 いろは(和食/瑞江)|日本料理の美味しいお店☆やきご飯の和の旨みにハマる人続出!

瑞江の駅前で22年、夫妻で切り盛りする和食店。「焼きごはん」は、しっとりと焼き上げて特製の和風醤油ダレの旨みを存分に活かす。

酒肴、お食事 いろは(最寄駅:瑞江駅)

鼻腔をくすぐる芳香と奥深い味わいに箸が止まらない

ガーリックライスから着想を得ており、ふんだんに使ったみじん切りのニンニクと、風味豊かなバターがインパクト抜群。それでいてくどさを感じないのは、さっぱりとしたシソがアクセントになっているから。多くのお客が〆にオーダーする、ヤミツキ間違いなしの人気メニューだ。

いろは特製 和風やきご飯
750円

具材は他にシイタケやニンジン、玉ネギとネギ。和の旨みが詰まった深い味わい

だし巻き玉子
600円

本枯れ節を贅沢に使い、丁寧に引いた濃厚な鰹ダシがたっぷり。ぷるふわな食感と滋味深い味わいに思わずほっこりするはず

刺身盛合せ
1人前2000円~※写真は2人前

厳しい目利きにより、豊洲で仕入れた鮮魚も納得のクオリティ。豊富に揃う地酒と合わせたい

お店からの一言

店主 千葉 敏さん

「「やきご飯」は中毒性があるとハマる方続出です」

酒肴、お食事 いろはの店舗情報

[住所]東京都江戸川区瑞江2-2-3 第二ストークビル3階 [TEL]03-5666-1683 [営業時間]17時~23時(22時LO) [休日]日 [席]カウンターあり、全25席/全席喫煙可/予約可/カード不可/サなし、お通し代300円別 [交通アクセス]都営新宿線瑞江駅南口からすぐ ※『いろは』のメニューの価格はすべて税抜きです。


電話番号 03-5666-1683

撮影/西﨑進也 取材/市村幸妙

2019年10月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
深川飯を出すお店が多い江東区エリアでも、抜群の“アサリ度”を誇る同店。「深川丼ぶり」は、アサリのダシが溶け込んだ味噌汁を白飯にかけたもの。
“明太子おかわり自由”そんなパワーワードに誘われて、東京のはずれまでやってきた。ここは福岡で創業から百余年続く「山口油屋福太郎」の関東唯一の直営店だ。
納豆が書物に登場したのが平安中期のこと。一説には弥生時代にはすでに食べられていたとも言われている。
そうめんと言えば夏の定番中の定番メニュー。普段は自宅で食べることが多いけど、わざわざ足を運びたくなるのがこちらの店。
創業から65年を迎える福島県の干物メーカーの旗艦店。今年から名物の干物を使った鍋がスタートした。
正直に白状すると、生卵の白身のどろり感がちょっと苦手な私。 生卵をなめらかに混ぜられてカラザもするりと取れる、卵を混ぜるために作られた『まぜ卵』なるものを発見! 「いや~な白身のどろり感がなくなるよ!」と、パッケージに書いてあったので、さっそく購入して、試してみました。
無類の海老好きにはタマらないお店がある。海老バル「orb福島(オーブ福島)」だ。このお店、難波などで何度か利用した経験があるのだが、まずは入り口に正面にあるこの水槽に誰もが目を奪われるはず。 実はここ、オマール海老のつかみ取りができるお店で有名なのだ。
天保元年創業。日本料理の老舗『なだ万』ときけば身構えてしまうが、こちらは気軽なランチ会もおひとり様も歓迎。
さっぱり風味のあんとコクのあるバター、その相性の良さは言うまでもないが、これにくるみパンをプラス。低温長時間発酵させた味わい深い生地に、食感も心地よいくるみの香ばしさ、あんバターの甘じょっぱさがあいまって、後を引く味に。
ランチや定食をやっている店に入ると、唐揚げ定食をデフォルトで頼んでしまう脂っぽいおっさん女子です。だが、もし店のメニューにあったら唐揚げにも目もくれず頼んでしまうのが、実はハムエッグ定食。 なぜか定食屋さんで食べるハムエッグにはテンションが爆上りなのである(苦笑)。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt