MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
カーブ・ド・オイスター(和食,洋食/東京)|世界に認められた牡蠣フライは絶対食べて欲しい逸品!

カーブ・ド・オイスター(和食,洋食/東京)|世界に認められた牡蠣フライは絶対食べて欲しい逸品!

牡蠣がますます美味しい季節。昼に白飯と合わせるならダンゼン牡蠣フライじゃありませんか? 

perm_media 《画像ギャラリー》カーブ・ド・オイスター(和食,洋食/東京)|世界に認められた牡蠣フライは絶対食べて欲しい逸品!の画像をチェック! navigate_next

※コロナ禍で外食が自粛・縮小されている状況ではありますが、ぜひ知っておいて欲しい飲食店を、ご紹介しております。

カーブ・ド・オイスター(最寄駅:東京駅)

冬はやっぱり牡蠣が旨い! 弾け飛ぶエキスをフライで満喫

想像してください。ぷっくり大粒、ピンと立ったサクサク衣の食感、これでもかと充満したミルキーエキスが炸裂する瞬間を。レモンをキュッと搾って爽やかに味わうもよし、タルタルソースで堪能するもよし。各地でオイスターバーを展開する強みを生かしたこの味わいが、昼はご膳スタイルでジャスト1000円なり。フライに適した品質を見極め、えぐみがなく身がしっかりした瀬戸内産を厳選している。とまあ書いたものの、パスタやグラタンで味わうのもこれまた旨いワケで。定番のペペロンチーノは牡蠣のダシを使った奥深い味。無論、昼から生牡蠣もOK。夜よりお安いサービス価格で味わえますよ~。

牡蠣フライ御膳
1000円

世界に認められた味。牡蠣フライとしては日本初だ。広島や岡山など瀬戸内産で、大ぶりでジューシー。衣は香ばしい。生牡蠣に使うのは全国の産地から届いたものを自社の海洋深層水の浄化システムで2日間以上浄化。季節により3~10産地を用意している

牡蠣とベーコンのペペロンチーノ
1000円

ベーコンとオクラの彩りも美しい。風味豊かな牡蠣のダシを味付けに使っている

お店からの一言

店長 原誠樹さん

「お店の牡蠣フライは「国際味覚審査機構」の優秀味覚賞に輝きました」

カーブ・ド・オイスターの店舗情報

[住所]東京駅 外堀地下1番通リ [TEL]03-3274-3455 [営業時間]11時~23時(ランチ15時LO、土・日・祝の夜は~22時)※ランチタイム有 [休日]施設に準ずる [席]カウンターあり、全100席/全席禁煙/予約可(平日昼以外)/カード可/サなし、夜はお通し代330円別 [交通アクセス]八重洲地下南口改札から徒歩4分


電話番号 03-3274-3455

撮影/小澤晶子 取材/肥田木奈々

2020年1月号発売時点の情報です。

※全国での新型コロナウイルスの感染拡大等により、営業時間やメニュー等に変更が生じる可能性があるため、訪問の際は、事前に各お店に最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。また、各自治体の情報をご参照の上、充分な感染症対策を実施し、適切なご利用をお願いいたします。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
仕上げに味噌ではなく、途中で加えて具材に味を染み込ませるために軽く煮込む「とん汁」。都内の定食屋を駆け巡って見つけた、これぞ! の一杯を紹介します。
生キクラゲやしめじ、トラマキダケなど6種類のキノコと豚バラ肉を具材にした特製の火鍋。スープには鶏ガラに花椒や丁字、八角、四川唐辛子など15種類ものスパイスがオリジナルブレンドで加えられ、体の奥をじんわりと温める旨辛さ。
フレンチのシェフを経て、海外の大使館でさまざまな料理を作っていた古川孝明さんが2018年4月にオープン。その腕を生かした高コスパのランチが日替わりで4~5種揃う。
むっちりした豚肉とご飯をわしわし交互に食べる。かじった途端スイッチが入る一心不乱の極上めし!
「この猪肉との出会いは衝撃的でした」と語るのが店長の林さん。それがきっかけとなり、5年前にやきとんの店からジビエの店へとシフトチェンジした。
最新記事
端正な蕎麦だけが蕎麦屋の魅力ではない。蕎麦だけでなく丼ものやカレーなんてのもしみじみ旨い懐の深さ。そんな肩肘はらず、定食屋使いができる町の蕎麦屋を集めてみました。ここではカツ丼が美味しいお店をご紹介します。
東京・表参道にある新潟県のアンテナショップで、食欲がそそられる一品を見つけました。老舗蒲鉾店「竹徳かまぼこ」の人気ナンバーワン「煮玉子しんじょう」です。丸いしんじょうをふたつに割ると、とろとろの半熟玉子が現れました。
人気店『マル・デ・クリスチアノ』がバカリャウ料理専門店に生まれ変わった! バカリャウとは、塩漬けの鱈の干物。
ライター・菜々山いく子が、くすんだ日常生活に彩りと潤いを与えるYouTubeの魅力を紹介する本記事。今回はついに海外へ。インドのストリートフードを伝えるYouTube動画をご紹介。ちょっと刺激的なハードボイルド映像の数々、心してご覧あれ。
その丼の中の小宇宙に一瞬で虜になってしまった。香味油がキラキラと反射する奥深き黄金の海。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル