MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
吉祥寺でチーズ食パンを爆食い、の件/おっさん女子の吉祥寺パトロール(167)

吉祥寺でチーズ食パンを爆食い、の件/おっさん女子の吉祥寺パトロール(167)

白いご飯と、鶏唐揚げと、チーズが大好きなおっさん女子とは私のこと。 しかし最近、食パンに対する愛も芽生えてきたので、適度に食パンも食べ散らかしているのですが、最近、吉祥寺のチーズ食パンが熱い!っていうかチーズ教信者の私だけが、熱いのかもしれない……。というワケで、今回は吉祥寺の美味しいチーズ食パンをご紹介したいと思います。

perm_media 《画像ギャラリー》吉祥寺でチーズ食パンを爆食い、の件/おっさん女子の吉祥寺パトロール(167)の画像をチェック! navigate_next

吉祥寺でチーズ食パンを爆食い、の件


白いご飯と、鶏唐揚げと、チーズが大好きなおっさん女子とは私のこと。

しかし最近、食パンに対する愛も芽生えてきたので、適度に食パンも食べ散らかしているのですが、最近、吉祥寺のチーズ食パンが熱い!っていうか、チーズ教信者(101回参照)の私だけが、熱いのかもしれない……。

というワケで、今回は吉祥寺の美味しいチーズ食パンをご紹介したいと思います。


まず、吉祥寺でねりねり食パンといえば、156回でご紹介の『Cベーカリー』ですよ。

ちなみに東急吉祥寺デパートの3Fにあります。

ここは動物パンも見逃せないのですが(96回)、今回はチーズ食パンです。

自慢の食パンにたぶん2種類のチーズを練り込んだ食パンが激ウマです。

柔らか目のチーズと硬めのチーズを練り込んであります。

私は食パンの耳トラウマがあるので、耳が薄いのもナイス! 

本体はしっとり系で、パンの上側にはカリカリに焼けたチーズが乗っかっていて最高です。

ちなみに『Cベーカリー』は、フルーツ系のねりねり食パンにクリームチーズをカマす、という上級技を繰り出すパン屋なんですよ。

ブルーベリーとクリームチーズとか、瀬戸内レモンジャムとクリームチーズとか、もはや食パンっていうより、スイーツレベル。

トーストして食べるのがおすすめですけど、もはやねりねり系は『Cベーカリー』の独走だな。

イラスト/小豆だるま


しかしそんな『Cベーカリー』が一人勝ちしている“吉祥寺ねりねり市場”に殴り込みをかけてきたパン屋があります。

コピス吉祥寺の地下にある『L』です。

ここは、私の食パントラウマを癒した神生食パンの店(129回参照)。

なんとこの夏『チーズ生食パン』を新発売! 

1斤780円(税込)ですよ。

高いけど、許す。

チェダーチーズ、プロセスチーズ、パルメザンチーズの3種類を練り込んであります。

しかも生で食べるワケですが、しっとりした生地にチーズの香りがすごくいい! 

そして耳がウマい! 

世の中にある食パンに、これ以上の耳が存在するのでしょうか? 

いや、おっさん女子的には存在しない! 

『L』のパンを切るために購入したパンナイフが唸るぜ。

しかも食パンの断面がキレイ。

基本的に生推奨ですけど、チーズ生食パンは、トーストすると香ばしくてヤバイ。

しかもこのパンの別名は『トパーズ』ですよ。

黄金色の宝石だよ。

しかも数量限定だから、早い時間に買いに行かなくては! 

そして「おひとり様1本まで!」に焦るおっさん女子であった(苦笑)。








天野七月/あまのななつき
ライター&ときどきエディター。吉祥寺在住、ざっくり30年くらい。基本おっさん女子、たま~に乙女マインド。いつも吉祥寺をふらふらしています。ちなみに無芸大食。




小豆だるま
高校の国語教員を経てイラストレーター・漫画家になる。ギャグとシリアスを行ったり来たりする作風で雑誌・書籍・webなどで活躍中。著書は「日々ズレズレ」(小学館)その他。好物はタイ料理と辛いもの。






※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
天野七月@おとなの週末

吉祥寺に住んで、ざっくり30年。基本「おっさん女子」の筆者が、たまに乙女マインドをチラつかせながら、地元民目線で食事情を語る。

関連するキーワード
関連記事
なんと今回は、牛乳です。 ある日、三鷹のパン屋さんで『パン好きの牛乳』という200mlのパック牛乳を発見し、ハマってしまった次第。 ほかにも。美味しい牛乳があった気が……、ということで吉祥寺のスペシャルな牛乳をご紹介したいと思います。
今までの吉祥寺の和風のカフェ、喫茶店、甘味処は、比較的年配のマダムたちの需要が多かった吉祥寺である。しかし最近、けっこう若い女子向けのカジュアルな和風がキテるんじゃないでしょうか? ということで、今回は2020年にオープンした2軒ご紹介してみようと思います。
新型コロナウイルスのせいで、吉祥寺の飲食店は満身創痍という感じな今日この頃……。 メニューの見直し、店舗のリニューアルなどをする店も多いように感じます。 そこで今回は、吉祥寺でのサバイバルのために積極的にリニューアルを続けている定食屋を2軒ご紹介しようと思います。
小学校以来の食パントラウマを生食パンで癒し、食パンを食べ散らかしているおっさん女子ですが、最近は、あん食(144回)の暴力的なカロリーと美味しさにハマリ、あんこトーストを自宅で自作しているおっさん女子である。 そこで今回は、あんこトーストのお手本にしたい吉祥寺のお店をご紹介だ!
食べ物屋なら何でもある街、吉祥寺ですが、その時々で流行の“食べ物バブル”が登場します。 新しい食べ物バブルの萌芽を感じたので、ここでご紹介しようと思います。 はい、それはケバブだ!  ケバブバブル……。呪文のようです……。
最新記事
写真のランチセットのサラダを見てほしい。つい笑みが出てしまうであろう、豪快な盛りだがこれで普通サイズ。
最近“進化系”が急増中の「サバ缶」。前回の「バターチキン風サバカレー缶」に続き、今回は明太子との夢の競演。しかも手掛けるのは、日本で初めて明太子を売り出した福岡県の老舗店。一体どんな缶詰なのか、どんな味なのか! サバジェンヌが実食レポートです。
ロシア人の祖母から母に受け注がれた、ボルシチやペリメニといった家庭の味に加え、アヒージョ、コンフィといった他国の家庭料理をアレンジした一品も提供。ワインだけでなくウォッカも10数種と充実しているので、気軽に本場の魅力を満喫できると人気を呼んでいる。
9月中旬、東京・目黒の祐天寺前にちょっと異色のフード&リカーショップがオープンした。「Longfellows TOKYO」は、大阪でオーストラリアやニュージーランドのワイン、ハードリカー、食材の輸入業を営む唄淳二(ばい・しゅんじ)さんが「自分が本当においしいと思うものを売る」食のセレクトショップだ。
インドの高級レストランで研鑽を重ねたダスさんが、2011年に開店。以来、気軽に楽しめる本格インド料理店として近隣の人に愛され続けている。
get_app
ダウンロードする
キャンセル