MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
吉祥寺グルメ情報_吉祥寺の動物パンを思いっきり食べ散らかしました、の件/おっさん女子の吉祥寺パトロール(96)

吉祥寺グルメ情報_吉祥寺の動物パンを思いっきり食べ散らかしました、の件/おっさん女子の吉祥寺パトロール(96)

白飯至上主義であるため、パンにさして愛情もなく、パン屋のキャラ立ちと&やりすぎが大好物なおっさん女子です。 そんな私も、この連載のネタを探すためにパン屋にも足を踏み入れるようになったのですが、そのときに必ずチェックしてしまうパンがあります。 はい、それは動物パン……。

perm_media 《画像ギャラリー》吉祥寺グルメ情報_吉祥寺の動物パンを思いっきり食べ散らかしました、の件/おっさん女子の吉祥寺パトロール(96) の画像をチェック! navigate_next

吉祥寺の動物パンを思いっきり食べ散らかしました、の件


白飯至上主義であるため、パンにさして愛情もなく、パン屋のキャラ立ちと&やりすぎが大好物なおっさん女子です。

そんな私も、この連載のネタを探すためにパン屋にも足を踏み入れるようになったのですが、そのときに必ずチェックしてしまうパンがあります。

はい、それは動物パン……。

ちなみに、動物の形のものは容赦なく耳から食べるおっさん女子ですが、動物パンと目が合うとつい買ってしまう……。

家で動物を飼うこともなく、動物の顔のついたヌルグルミ、キャラ関係グッズなどは一切興味がないので、部屋にはひとつもありません(苦笑)。

でも、なぜか動物パンに弱い……。

すこぶる弱い……。

だって、やつらは私に「買って♪」と囁くのです……。

イラスト/スタジヲワンツー


今回は、そんな私がおすすめする動物パンをご紹介だ! 

なんか、ちょっとかわいいぞ(苦笑)。

おっさん女子だけど……。

通称「デパサン」にあるパン屋「Cベーカリー」のパンダパンが、私的には大本命だ!


まず動物パン大本命は、吉祥寺東急デパートの3F、通称デパサンにあるパン屋『Cベーカリー』です。

デパサンについては連載68回参照ね! 

『Cベーカリー』は食パンで有名なお店のようですが、私は意識高い系の食パンにまったく興味がないので(連載70参照)、迷わず、動物パンチェックだ! 

ここの動物パンは、大人仕様です。

ラインナップは結構入れ替わっていますが、だいたいいつも2種類くらいは、店頭にあります。


そして私のイチオシは『パンダ』! 

チョコレートクリームが入っていて、パンの生地も噛み応えがあって美味しいです。

冷静に見ると顔がちょっと怖いんだけど……。

『かえる』も、チョコレートクリームですよ。

あと『わんこ』はバニラクリームパンね。


『リス』は、一見リスに見えないんですけど……(笑)。

クルミを手で抱えるマニアックポーズよ! 

それで中身は粒あんですよ。

意表をついて、アンパンですよ!

中身の具にもかなりこだわっていて、動物パンといえども侮れない!

あと店頭で「えっ? ツチノコ??」と思ったら『ダックスフンド』でした……。

心が汚れ切っている自分を反省。

しかも、反省している間に最後の1個を他のお客さんに買われてしまって、味は未確認だ(涙)。

ソーセージが入ってるっぽかったけどね。

あれ以来、ダックスフンドを見かけないんだけど……。


ちなみに動物パンは夕方に行ってもほぼないので、午後イチにはゲットしておきたいですね。

吉祥寺の動物パンの伏兵は、井の頭通りを三鷹方面にずんずん歩いた先『K』の「やりすぎ系」パン!



そして実は、吉祥寺の動物パンの伏兵は、井の頭通りを三鷹方面にずんずん歩いて、成蹊通りとぶつかったちょっと先の小路を入ったところにある『K』です。

場所が駅から遠く、若干複雑なうえに住宅街なので、地元民とインスタ映え大好きの女子以外には縁がないような場所にあります(関係者の方、すみません)。

個人宅を改装したような店構えですが、素材にもこだわっているようなのと、火・金・土と週に3回しか営業しておりません。

さらに2018年は8月が1ヵ月丸々休みでした……。

なんか、マイペースで羨ましいぞ(笑)。

ここの動物パンは、形やディテールにこだわった職人魂を感じる系です。

お店はシンプルで、基本的に意識高い系パンだと思いますけど、動物パンは私の中ではやりすぎ系カテゴリーです。

だって『中身の黒い猫』ですよ! 

どんなパンだよ! 

チョコレートパンですけどね……。


『イ――――ヌ』は2018年の干支パン。

長いんだよ。

ダックスフンドです。

こちらの犬は、ツチノコには見えませんでした(笑)。

ちゃんと犬でした。

2019年の干支パンは『亥元気』。

ちくわとチーズが入っとりました。

そして次に会うのは12年後……。

やっぱ干支パンは食べとかないとダメだな。

あと『鬼パン』は、節分前に店頭に出てたね。

『りゅうゴン』とか、もう動物パンの形状を超えています……。

架空の生き物じゃん!


しかし一番人気は、『飛べ!くまパン』だと思う。

くまが飛んでいるポーズですよ。

お尻の部分がすごい可愛いの……(苦笑)。

おっさん女子的に、個人営業的パン屋は店がこじんまりしていて圧迫感があり、“お客1人VS店の人”みたいな雰囲気があって苦手なんですが(笑)、『K』には心を鬼にして行っています……。


いや、そこまでして動物パンを食べなくてもいい気が、密かにしているんですけど……。


でも、やつらが耳元で『来て♪』って、囁くのよ……(涙)。








天野七月/あまのななつき
ライター&ときどきエディター。吉祥寺在住、ざっくり30年くらい。基本おっさん女子、たま~に乙女マインド。いつも吉祥寺をふらふらしています。ちなみに無芸大食。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
天野七月@おとなの週末

吉祥寺に住んで、ざっくり30年。基本「おっさん女子」の筆者が、たまに乙女マインドをチラつかせながら、地元民目線で食事情を語る。

関連するキーワード
関連記事
なんと今回は、牛乳です。 ある日、三鷹のパン屋さんで『パン好きの牛乳』という200mlのパック牛乳を発見し、ハマってしまった次第。 ほかにも。美味しい牛乳があった気が……、ということで吉祥寺のスペシャルな牛乳をご紹介したいと思います。
今までの吉祥寺の和風のカフェ、喫茶店、甘味処は、比較的年配のマダムたちの需要が多かった吉祥寺である。しかし最近、けっこう若い女子向けのカジュアルな和風がキテるんじゃないでしょうか? ということで、今回は2020年にオープンした2軒ご紹介してみようと思います。
新型コロナウイルスのせいで、吉祥寺の飲食店は満身創痍という感じな今日この頃……。 メニューの見直し、店舗のリニューアルなどをする店も多いように感じます。 そこで今回は、吉祥寺でのサバイバルのために積極的にリニューアルを続けている定食屋を2軒ご紹介しようと思います。
白いご飯と、鶏唐揚げと、チーズが大好きなおっさん女子とは私のこと。 しかし最近、食パンに対する愛も芽生えてきたので、適度に食パンも食べ散らかしているのですが、最近、吉祥寺のチーズ食パンが熱い!っていうかチーズ教信者の私だけが、熱いのかもしれない……。というワケで、今回は吉祥寺の美味しいチーズ食パンをご紹介したいと思います。
小学校以来の食パントラウマを生食パンで癒し、食パンを食べ散らかしているおっさん女子ですが、最近は、あん食(144回)の暴力的なカロリーと美味しさにハマリ、あんこトーストを自宅で自作しているおっさん女子である。 そこで今回は、あんこトーストのお手本にしたい吉祥寺のお店をご紹介だ!
最新記事
香ばしくローストした国産鶏のガラやモミジでとった塩スープのラーメン&つけ麺が看板。餃子類は2人前をテイクアウトすると1人前がサービスになる。
焼きとんを楽しむうえで、安く手軽なチェーン店もまた選択肢のひとつ。ここでは関東で人気の焼きとんチェーン3つを徹底比較。調査の結果、それぞれの色が見えてきました。
サラリーマンで賑わう新橋の駅ビル地下街にあって、店の風貌もいかにもザ・居酒屋。なのに、日本ワインの専門店というギャップがイイ!
焼きとんの店は数あれど、ホントに美味しい店はどこにあるのか。都内各地のやきとんが食べられるお店を調査。安くて美味しい、コスパ抜群の間違いない名店を集めました!
「マッコリがすすむ韓国のおつまみ」をテーマに、「チェユッ(茹で豚)」や「チャルラ(牛ホルモンやスジ)」など現地の居酒屋の定番が揃う。韓国の食文化を受け継ぐ「ジャン 焼肉の生だれ」でおなじみの『モランボン』が展開する。
get_app
ダウンロードする
キャンセル