MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
吉祥寺グルメ情報_吉祥寺の動物パンを思いっきり食べ散らかしました、の件/おっさん女子の吉祥寺パトロール(96)

吉祥寺グルメ情報_吉祥寺の動物パンを思いっきり食べ散らかしました、の件/おっさん女子の吉祥寺パトロール(96)

白飯至上主義であるため、パンにさして愛情もなく、パン屋のキャラ立ちと&やりすぎが大好物なおっさん女子です。 そんな私も、この連載のネタを探すためにパン屋にも足を踏み入れるようになったのですが、そのときに必ずチェックしてしまうパンがあります。 はい、それは動物パン……。

吉祥寺の動物パンを思いっきり食べ散らかしました、の件


白飯至上主義であるため、パンにさして愛情もなく、パン屋のキャラ立ちと&やりすぎが大好物なおっさん女子です。

そんな私も、この連載のネタを探すためにパン屋にも足を踏み入れるようになったのですが、そのときに必ずチェックしてしまうパンがあります。

はい、それは動物パン……。

ちなみに、動物の形のものは容赦なく耳から食べるおっさん女子ですが、動物パンと目が合うとつい買ってしまう……。

家で動物を飼うこともなく、動物の顔のついたヌルグルミ、キャラ関係グッズなどは一切興味がないので、部屋にはひとつもありません(苦笑)。

でも、なぜか動物パンに弱い……。

すこぶる弱い……。

だって、やつらは私に「買って♪」と囁くのです……。

イラスト/スタジヲワンツー


今回は、そんな私がおすすめする動物パンをご紹介だ! 

なんか、ちょっとかわいいぞ(苦笑)。

おっさん女子だけど……。

通称「デパサン」にあるパン屋「Cベーカリー」のパンダパンが、私的には大本命だ!


まず動物パン大本命は、吉祥寺東急デパートの3F、通称デパサンにあるパン屋『Cベーカリー』です。

デパサンについては連載68回参照ね! 

『Cベーカリー』は食パンで有名なお店のようですが、私は意識高い系の食パンにまったく興味がないので(連載70参照)、迷わず、動物パンチェックだ! 

ここの動物パンは、大人仕様です。

ラインナップは結構入れ替わっていますが、だいたいいつも2種類くらいは、店頭にあります。


そして私のイチオシは『パンダ』! 

チョコレートクリームが入っていて、パンの生地も噛み応えがあって美味しいです。

冷静に見ると顔がちょっと怖いんだけど……。

『かえる』も、チョコレートクリームですよ。

あと『わんこ』はバニラクリームパンね。


『リス』は、一見リスに見えないんですけど……(笑)。

クルミを手で抱えるマニアックポーズよ! 

それで中身は粒あんですよ。

意表をついて、アンパンですよ!

中身の具にもかなりこだわっていて、動物パンといえども侮れない!

あと店頭で「えっ? ツチノコ??」と思ったら『ダックスフンド』でした……。

心が汚れ切っている自分を反省。

しかも、反省している間に最後の1個を他のお客さんに買われてしまって、味は未確認だ(涙)。

ソーセージが入ってるっぽかったけどね。

あれ以来、ダックスフンドを見かけないんだけど……。


ちなみに動物パンは夕方に行ってもほぼないので、午後イチにはゲットしておきたいですね。

吉祥寺の動物パンの伏兵は、井の頭通りを三鷹方面にずんずん歩いた先『K』の「やりすぎ系」パン!



そして実は、吉祥寺の動物パンの伏兵は、井の頭通りを三鷹方面にずんずん歩いて、成蹊通りとぶつかったちょっと先の小路を入ったところにある『K』です。

場所が駅から遠く、若干複雑なうえに住宅街なので、地元民とインスタ映え大好きの女子以外には縁がないような場所にあります(関係者の方、すみません)。

個人宅を改装したような店構えですが、素材にもこだわっているようなのと、火・金・土と週に3回しか営業しておりません。

さらに2018年は8月が1ヵ月丸々休みでした……。

なんか、マイペースで羨ましいぞ(笑)。

ここの動物パンは、形やディテールにこだわった職人魂を感じる系です。

お店はシンプルで、基本的に意識高い系パンだと思いますけど、動物パンは私の中ではやりすぎ系カテゴリーです。

だって『中身の黒い猫』ですよ! 

どんなパンだよ! 

チョコレートパンですけどね……。


『イ――――ヌ』は2018年の干支パン。

長いんだよ。

ダックスフンドです。

こちらの犬は、ツチノコには見えませんでした(笑)。

ちゃんと犬でした。

2019年の干支パンは『亥元気』。

ちくわとチーズが入っとりました。

そして次に会うのは12年後……。

やっぱ干支パンは食べとかないとダメだな。

あと『鬼パン』は、節分前に店頭に出てたね。

『りゅうゴン』とか、もう動物パンの形状を超えています……。

架空の生き物じゃん!


しかし一番人気は、『飛べ!くまパン』だと思う。

くまが飛んでいるポーズですよ。

お尻の部分がすごい可愛いの……(苦笑)。

おっさん女子的に、個人営業的パン屋は店がこじんまりしていて圧迫感があり、“お客1人VS店の人”みたいな雰囲気があって苦手なんですが(笑)、『K』には心を鬼にして行っています……。


いや、そこまでして動物パンを食べなくてもいい気が、密かにしているんですけど……。


でも、やつらが耳元で『来て♪』って、囁くのよ……(涙)。








天野七月/あまのななつき
ライター&ときどきエディター。吉祥寺在住、ざっくり30年くらい。基本おっさん女子、たま~に乙女マインド。いつも吉祥寺をふらふらしています。ちなみに無芸大食。

このグルメ記事のライター
天野七月@まとメシ

吉祥寺に住んで、ざっくり30年。基本「おっさん女子」の筆者が、たまに乙女マインドをチラつかせながら、地元民目線で食事情を語る。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連するキーワード
関連記事
ステイホーム期間中に限らず、おっさん女子的に、三鷹周辺は“おにぎりの街”だと思っています。おにぎりといえば、テイクアウトグルメの王道。 私が白飯至上主義なのもありますが、いい機会なので、三鷹のおにぎりの店を皆さんに覚えてほしいです……。
吉祥寺は飲食に関しては何でもある街と思われているが、実は意外にないものがある。今回は、意外にないもののひとつ、仕事帰りのおひとり様女子(乗り換えでいったん吉祥寺に降り立つ女子も含む)を癒す店をご紹介だ。
なんだかんだいって、地方名産品界のスターは、北海道だよね。 実は私は、北海道名産をどーんと集めたアンテナショップ『Dさんこプラザ』のヘビーユーザー……。 北海道のおやつは、美味しいものがありすぎて絞るのが大変なんだけど、おっさん女子的に最も愛する“北海道のじゃがいも”のおやつランキングを作ってみたよ。
世の中&吉祥寺も食パンブーム。 食パンに、野菜や果物、そのほか食材を練り込んで焼き上げた練り込み系食パン、ぶどうパンなんかが、スタンダードだけど、最近いろいろ増えてきてるよね。 私も調子に乗って、練り込み系食パンも食べ散らかしたので、その結果をご報告だ。
私は、ついつい鶏唐揚げ定食をデフォルトで選んでしまいがちな、脂っぽいおっさん女子。だが私にも魚が食べたいときがある(苦笑)。そして私は白飯至上主義。 今回は、基本脂っぽいおっさん女子がふと食べたくなる、海鮮丼系どんぶりが充実した居酒屋ランチを紹介してみるよ。
ステイホーム期間中に限らず、おっさん女子的に、三鷹周辺は“おにぎりの街”だと思っています。おにぎりといえば、テイクアウトグルメの王道。 私が白飯至上主義なのもありますが、いい機会なので、三鷹のおにぎりの店を皆さんに覚えてほしいです……。
名古屋市東区東桜にある料亭『神楽家』。 昭和初期の建物をリノベーションした、都心とは思えない落ち着いた雰囲気の中で食事が楽しめる。 この神楽家も、GW前から店の前で「ドライブ&ウォーク・スルー」というスタイルでランチボックスを販売。早くもリピーターが続出しているという。
パスワードを入れるタイプのWi-Fiなので、高い安全性がうれしい。コンセントは5席あるカウンターにあり、タイミングによっては高い競争率になることも。
徳島県・吉野川に沿う山間部にある、大歩危・小歩危(おおぼけ・こぼけ)。歩危マートで売られている岩豆腐を使った、硬くて濃厚な豆腐料理をご紹介。 吉野川沿いの渓谷の景色といっしょに、満喫いたしました……。
あんぱんで有名な『銀座木村家』の知る人ぞ知るメニューが、2階の喫茶で提供されている「小海老のカツレツサンド」だ。軽くふわっと付けられた衣はサクサクで、ぎっしり詰まったエビは絶妙な火加減でプリップリ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt