MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
おっさん女子の吉祥寺パトロール(70) 食パンブームの吉祥寺! でもあえてカルトな食パンを推すよ! の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(70) 食パンブームの吉祥寺! でもあえてカルトな食パンを推すよ! の件

吉祥寺はパン屋ブームである。 2018年も、新しいパン屋がオープンしまくっているよ。しかも空前の食パン無双……。食パン過多である……。みんなそんなに食パン食べてるの?と思う、白いご飯至上主義のおっさん女子とは、私のこと……。

perm_media 《画像ギャラリー》おっさん女子の吉祥寺パトロール(70) 食パンブームの吉祥寺! でもあえてカルトな食パンを推すよ! の件の画像をチェック! navigate_next

食パンブームの吉祥寺! でもあえてカルトな食パンを推すよ! の件


吉祥寺はパン屋ブームである。

2018年も、新しいパン屋がオープンしまくっているよ。

しかも空前の食パン無双……。

食パン過多である……。

みんなそんなに食パン食べてるの? と思う、白いご飯至上主義のおっさん女子とは、私のこと。


しかし、10月に吉祥寺東急デパートの催事場でやっていた『KICHIJOJIパンフェスタ』はすごかった……。

日本全国、約30軒のパン屋が大集結してたんだけど、もう開店前からデパートの入り口に整然と100人くらい並んでたよ……。

尋常じゃない盛り上がりで怖かった……。

しかも、パンのお供コーヒーで、中道通りの自家焙煎珈琲店『B』の店主(連載52回参照)も出店していて、イベント自体は他のスタッフに任せていたようだが……。

盛況すぎて、営業中に店を閉めて、コーヒーポットを持って現場に駆け付けようとしている瞬間を目撃した、おっさん女子であった……。


イラスト/スタジヲワンツー



ちなみに吉祥寺のパン屋をざっくり分類してみると……。

1:吉祥寺にしかないオシャレ系パン屋

2:街のパン屋(中規模チェーン店)

3:個人経営のこだわりの小さなパン屋(販売個数&営業日が少ない)

4:他の地域で成功し、吉祥寺に新規参入したパン屋

5:全国チェーン展開のパン屋

という感じなんですが、ちなみに2018年にオープンしたパン屋を挙げておきましょう。

吉祥寺東急デパートのデパサンの『Cベーカリー』は、パン屋分類の4ですね。

府中市で成功して、吉祥寺に上陸。

さらにフランス・パリからやってきたオシャレパン屋は西三条通りの『L』。

カフェ併設で超オシャレです。まあパリだからね(笑)。

でも、吉祥寺にパリ……(笑)。

そして五日市街道沿いのパン屋『L』と、住所は練馬だけど、吉祥寺通り沿いの『Sベーカリー』は分類3ね。

どちらも、ほっこり系の外観です。

まだまだある! 食パンブームに燃える、吉祥寺の注目パン屋さん!


ちなみに、連載39回で紹介したコッペパン専門店『吉祥寺C』も2018年オープン。

これは分類2だな。

パン屋オープンしすぎだろっ! と思うワケなんですが、さらになぜかどこも食パン押しなんだよね。


そして、ほかのパン屋も、もう、店頭が食パンだらけ……。

ちなみに、私が愛するやりすぎパン屋『A』(連載66回参照)も、食パンのラインナップは常時10種類前後あるんだよ。

石窯食パン、ヘルシー食パン、季節の食パンなどなど。

だって基本、やりすぎなんだもん、ここ。

もちろん、食パンもやりすぎだ! 

でもそこが好きだー!

さらに今、吉祥寺の行列食パンは、吉祥寺アトレに入っている洋服&雑貨&カフェ『サロンA』で売っている「あん食」である。

これは、あんこが食パンに練り込んである食べ物です。

販売する曜日が決まっているので、超行列しています。

美味しそうだけど、私は並びません(キッパリ)。

地元民は並ばないわよ、冗談じゃないわよ、もう!

私的に、吉祥寺の食パンでイチオシは「インスタ映え(本意ではないが……)」する食パン!


そんななか、食パンにさして愛がない私が押すのは、カルトな食パンである。

まず、連載12回で紹介した、あらいぐまラスカルのパン屋『R』。

ここの食パンは、ラスカルの顔のフォルムをかたどっているんだよ。

ちょっぴりしもぶくれフェイスね。

このパンですが、食パン以上でも以下でもない、という普通のパンです。

形がラスカルの顔! 

それが最大の特徴だ! 

ちなみにトースト推奨です。

大きさも普通の食パンより小さめだし、けっこうライトな食感かな。

開店当時は、狂ったような行列でしたが、今は平和で地元民もゆっくりパンが買えます。

ちなみに2Fのカフェも整理券がなくても入れる状況に! 

もちろんラスカル食パンを使ったカフェメニューもあるよ。

おっさん女子が言うのもなんだけど、可愛いよ(苦笑)。


そして、第一ホテルに入っている『パテスリーA』。

ホテル内のパン屋さんですが、ここにはなんと、猫食パンがあるんですよ。

「いろねこ食パン」っていうんだけど。

ちなみに1日10食。

おひとりさま1個まで。

焼き上がりは、14時と15時。

ここは大行列とか、並ぶとか、そういうレベルじゃなくて、その日、その場にいた人が秒殺で買っていきます……。

耳がピンと立って可愛い猫の顔フォルム。

普通の白い食パンのほか、茶とよもぎの3種類。

ちなみにトーストしても、しなくても美味しいです。

ふんわり&もっちり系だ。

よく知らないけど、すごくこだわった製法な気がする美味しさ。


私は食パン通でもなく、インスタ映えとか、食パンにお絵描き、という趣味は一切ありません(キッパリ)。

しかし、ラスカルと猫ちゃんに、まあ若干はウキウキしたかもしれません。

でも、おっさん女子が食パンにウキウキしてもさぁ……(苦笑)。

おっさん女子的に食パンは、面白ければいい&ネタになればいい。


以上です。








天野七月/あまのななつき
ライター&ときどきエディター。吉祥寺在住、ざっくり30年くらい。基本おっさん女子、たま~に乙女マインド。いつも吉祥寺をふらふらしています。ちなみに無芸大食。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
天野七月@おとなの週末

吉祥寺に住んで、ざっくり30年。基本「おっさん女子」の筆者が、たまに乙女マインドをチラつかせながら、地元民目線で食事情を語る。

関連記事
なんと今回は、牛乳です。 ある日、三鷹のパン屋さんで『パン好きの牛乳』という200mlのパック牛乳を発見し、ハマってしまった次第。 ほかにも。美味しい牛乳があった気が……、ということで吉祥寺のスペシャルな牛乳をご紹介したいと思います。
今までの吉祥寺の和風のカフェ、喫茶店、甘味処は、比較的年配のマダムたちの需要が多かった吉祥寺である。しかし最近、けっこう若い女子向けのカジュアルな和風がキテるんじゃないでしょうか? ということで、今回は2020年にオープンした2軒ご紹介してみようと思います。
新型コロナウイルスのせいで、吉祥寺の飲食店は満身創痍という感じな今日この頃……。 メニューの見直し、店舗のリニューアルなどをする店も多いように感じます。 そこで今回は、吉祥寺でのサバイバルのために積極的にリニューアルを続けている定食屋を2軒ご紹介しようと思います。
白いご飯と、鶏唐揚げと、チーズが大好きなおっさん女子とは私のこと。 しかし最近、食パンに対する愛も芽生えてきたので、適度に食パンも食べ散らかしているのですが、最近、吉祥寺のチーズ食パンが熱い!っていうかチーズ教信者の私だけが、熱いのかもしれない……。というワケで、今回は吉祥寺の美味しいチーズ食パンをご紹介したいと思います。
小学校以来の食パントラウマを生食パンで癒し、食パンを食べ散らかしているおっさん女子ですが、最近は、あん食(144回)の暴力的なカロリーと美味しさにハマリ、あんこトーストを自宅で自作しているおっさん女子である。 そこで今回は、あんこトーストのお手本にしたい吉祥寺のお店をご紹介だ!
最新記事
“肉系さぬき”を謳う大門にある人気店の2店舗目がこちら。ここで肉好きが避けて通れないのが「スペシャル」だ。
9カ月にわたりシーズンが続く女子プロゴルファー。身体が資本のアスリートですが、個人競技のため食生活の管理は完全に個々に任せられています。旅から旅への遠征が基本で外食も多いため、食事の時間は心身どちらにも大切です。そんな心と身体を解きほぐす“ハートめし“を、女子プロの皆さんが教えてくれます。今回登場するのは”れいちぇる“こと臼井麗香さん。先日も、スタンレーレディスゴルフトーナメント(10月8日~10日、東名CC)で初日に首位に立つなど好調なプレーが目立ちます。れいちぇるが推す地元・栃木県鹿沼市のとっておきのお店を紹介します。
人気貝料理店でありながら、1日100食売れる弁当はバリバリの台湾料理! 系列店が台湾にあるため、本場仕込みの「ルーロー飯」(豚角煮飯)と「ジーロー飯」(鶏肉飯)を日本人の口にも合うように、丁寧に拵えてある。
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
今も昔も製麺所を営み、麺類の美味しさは中華街でも指折り。当然“冷やし”でもその旨さを堪能できる。
get_app
ダウンロードする
キャンセル