MENU
覆面調査で見つけた本当に旨い店が載る「元気が出る食の情報誌」
おっさん女子の吉祥寺パトロール(70) 食パンブームの吉祥寺! でもあえてカルトな食パンを推すよ! の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(70) 食パンブームの吉祥寺! でもあえてカルトな食パンを推すよ! の件

吉祥寺はパン屋ブームである。 2018年も、新しいパン屋がオープンしまくっているよ。しかも空前の食パン無双……。食パン過多である……。みんなそんなに食パン食べてるの?と思う、白いご飯至上主義のおっさん女子とは、私のこと……。

食パンブームの吉祥寺! でもあえてカルトな食パンを推すよ! の件


吉祥寺はパン屋ブームである。

2018年も、新しいパン屋がオープンしまくっているよ。

しかも空前の食パン無双……。

食パン過多である……。

みんなそんなに食パン食べてるの? と思う、白いご飯至上主義のおっさん女子とは、私のこと。


しかし、10月に吉祥寺東急デパートの催事場でやっていた『KICHIJOJIパンフェスタ』はすごかった……。

日本全国、約30軒のパン屋が大集結してたんだけど、もう開店前からデパートの入り口に整然と100人くらい並んでたよ……。

尋常じゃない盛り上がりで怖かった……。

しかも、パンのお供コーヒーで、中道通りの自家焙煎珈琲店『B』の店主(連載52回参照)も出店していて、イベント自体は他のスタッフに任せていたようだが……。

盛況すぎて、営業中に店を閉めて、コーヒーポットを持って現場に駆け付けようとしている瞬間を目撃した、おっさん女子であった……。


イラスト/スタジヲワンツー



ちなみに吉祥寺のパン屋をざっくり分類してみると……。

1:吉祥寺にしかないオシャレ系パン屋

2:街のパン屋(中規模チェーン店)

3:個人経営のこだわりの小さなパン屋(販売個数&営業日が少ない)

4:他の地域で成功し、吉祥寺に新規参入したパン屋

5:全国チェーン展開のパン屋

という感じなんですが、ちなみに2018年にオープンしたパン屋を挙げておきましょう。

吉祥寺東急デパートのデパサンの『Cベーカリー』は、パン屋分類の4ですね。

府中市で成功して、吉祥寺に上陸。

さらにフランス・パリからやってきたオシャレパン屋は西三条通りの『L』。

カフェ併設で超オシャレです。まあパリだからね(笑)。

でも、吉祥寺にパリ……(笑)。

そして五日市街道沿いのパン屋『L』と、住所は練馬だけど、吉祥寺通り沿いの『Sベーカリー』は分類3ね。

どちらも、ほっこり系の外観です。

まだまだある! 食パンブームに燃える、吉祥寺の注目パン屋さん!


ちなみに、連載39回で紹介したコッペパン専門店『吉祥寺C』も2018年オープン。

これは分類2だな。

パン屋オープンしすぎだろっ! と思うワケなんですが、さらになぜかどこも食パン押しなんだよね。


そして、ほかのパン屋も、もう、店頭が食パンだらけ……。

ちなみに、私が愛するやりすぎパン屋『A』(連載66回参照)も、食パンのラインナップは常時10種類前後あるんだよ。

石窯食パン、ヘルシー食パン、季節の食パンなどなど。

だって基本、やりすぎなんだもん、ここ。

もちろん、食パンもやりすぎだ! 

でもそこが好きだー!

さらに今、吉祥寺の行列食パンは、吉祥寺アトレに入っている洋服&雑貨&カフェ『サロンA』で売っている「あん食」である。

これは、あんこが食パンに練り込んである食べ物です。

販売する曜日が決まっているので、超行列しています。

美味しそうだけど、私は並びません(キッパリ)。

地元民は並ばないわよ、冗談じゃないわよ、もう!

私的に、吉祥寺の食パンでイチオシは「インスタ映え(本意ではないが……)」する食パン!


そんななか、食パンにさして愛がない私が押すのは、カルトな食パンである。

まず、連載12回で紹介した、あらいぐまラスカルのパン屋『R』。

ここの食パンは、ラスカルの顔のフォルムをかたどっているんだよ。

ちょっぴりしもぶくれフェイスね。

このパンですが、食パン以上でも以下でもない、という普通のパンです。

形がラスカルの顔! 

それが最大の特徴だ! 

ちなみにトースト推奨です。

大きさも普通の食パンより小さめだし、けっこうライトな食感かな。

開店当時は、狂ったような行列でしたが、今は平和で地元民もゆっくりパンが買えます。

ちなみに2Fのカフェも整理券がなくても入れる状況に! 

もちろんラスカル食パンを使ったカフェメニューもあるよ。

おっさん女子が言うのもなんだけど、可愛いよ(苦笑)。


そして、第一ホテルに入っている『パテスリーA』。

ホテル内のパン屋さんですが、ここにはなんと、猫食パンがあるんですよ。

「いろねこ食パン」っていうんだけど。

ちなみに1日10食。

おひとりさま1個まで。

焼き上がりは、14時と15時。

ここは大行列とか、並ぶとか、そういうレベルじゃなくて、その日、その場にいた人が秒殺で買っていきます……。

耳がピンと立って可愛い猫の顔フォルム。

普通の白い食パンのほか、茶とよもぎの3種類。

ちなみにトーストしても、しなくても美味しいです。

ふんわり&もっちり系だ。

よく知らないけど、すごくこだわった製法な気がする美味しさ。


私は食パン通でもなく、インスタ映えとか、食パンにお絵描き、という趣味は一切ありません(キッパリ)。

しかし、ラスカルと猫ちゃんに、まあ若干はウキウキしたかもしれません。

でも、おっさん女子が食パンにウキウキしてもさぁ……(苦笑)。

おっさん女子的に食パンは、面白ければいい&ネタになればいい。


以上です。








天野七月/あまのななつき
ライター&ときどきエディター。吉祥寺在住、ざっくり30年くらい。基本おっさん女子、たま~に乙女マインド。いつも吉祥寺をふらふらしています。ちなみに無芸大食。

このグルメ記事のライター
天野七月@まとメシ

吉祥寺に住んで、ざっくり30年。基本「おっさん女子」の筆者が、たまに乙女マインドをチラつかせながら、地元民目線で食事情を語る。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
吉祥寺のお花見シーズンに、毎年警告を出しているおっさん女子。 というのも、後を絶たないのが、井の頭公園にお花見に来てお店に入れず、路頭に迷う人々。 そこで吉祥寺に並ばずに、しかも美味しいテイクアウトができる店をご紹介しましょう!
最近、吉祥寺で新しい店がオープンすると、それはコンビニか、タピオカティーか、ドラッグストアである。あと飲食店はチェーン店ね……。 やっぱり「吉祥寺ならでは」っていうのがほしいよね、と思っているおっさん女子は、いい感じに勢力を拡大している『M食堂』が気になっているのである……。
フリーランスの間で、仕事時のBGMの話になることがあります。 ちなみに私は、作業をするときは「無音」派です(苦笑)。 今回はそんな私が、吉祥寺でBGMがおすすめの飲食店をご紹介してみようと思います……。
最近、間借りスイーツ&カフェ系&その他も増えてきた印象である。 間借りの勢いがすごいよ。やっぱり吉祥寺は地代が高いからねー、店も工夫が必要なんだね〜、という感じだ。 というわけで今回は、吉祥寺の「曜日限定」テイクアウト系スイーツをご紹介だ!
吉祥寺飲み&家飲みをしないおっさん女子だったが、最近では吉祥寺昼飲みを解禁した。 理由は“もーやってらんない”自分を、さらに甘やかすため。 休日の昼飲みは、居酒屋系のおっさん女子ですが、平日はオシャレ系です。しかもビールを飲んどります! 
店主の高崎さんには日本酒への愛が詰まっている。日本ワインを扱うのも、温度が上がっても美味しいことから「お燗に通じる」と思ったからとか。
全国にたくさんあるローカル私鉄、そのなかでもローカル指数一番!といえば銚子電鉄でしょう。 銚子駅から関東の東端の岬、犬吠埼(いぬぼうさき)の近くを通って終点の外川駅まで、全長6.4Kmの小さな路線。 決してラクではないといわれる銚子電鉄の経営難を支えているのが「おいしくて楽しいもの」……なんです。
調味料などのビンについている、樹脂キャップ。このキャップがなかなか外せないので、ゴミを捨てるときにいつも困っていたところで、ダイソーの『キャップはずし』を発見! 表示通り「スパッと外せる」なら便利やけん、さっそく使い心地を試してみたばい……。
蔵造りの町並みから少し入った、緑豊かな350坪の敷地内に、10席のみのカウンター席に、テーブル席、広々とした風情あふれる個室と3つの様式の客席を持つ。カウンター席では、お好み握りや写真のコースが注文できる。
皿によそられ出てきたときの興奮度は半端ない。魚介と野菜の色あざやかなルックス。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt