MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
おっさん女子の吉祥寺パトロール(66) なぜか吉祥寺のカレーパンが激熱だよ、の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(66) なぜか吉祥寺のカレーパンが激熱だよ、の件

もうみんな忘れかけているかもしれないが、今年の夏は異常気象で、尋常じゃない暑さだった。そしてこの夏、気温以外で、吉祥寺で熱かったものがある。それはカレーパンである。もはや「カレーパンや、夢の跡……」という感じで初秋になったけど。そこで冷静になったおっさん女子が、吉祥寺のカレーパンについて独断で語ってみようと思う。

perm_media 《画像ギャラリー》おっさん女子の吉祥寺パトロール(66) なぜか吉祥寺のカレーパンが激熱だよ、の件の画像をチェック! navigate_next

なぜか吉祥寺のカレーパンが激熱だよ、の件


もうみんな忘れかけているかもしれないが、今年の夏は異常気象で、尋常じゃない暑さだった。

そしてこの夏、気温以外で、吉祥寺で熱かったものがある。

それはカレーパンである。もはや「カレーパンや、夢の跡……」という感じで初秋になったけど。

そこで冷静になったおっさん女子が、吉祥寺のカレーパンについて独断で語ってみようと思う。

っていうか、いつも独断だよ! ごめんね!


吉祥寺のカレーパンが、今年激熱だったのは、駅ビルのカレーパン抗争のせいである。

アトレ吉祥寺の『A』VS.キラリナの『L』の一騎打ちである。

アトレの『A』は、おっさん女子が大好きな、“やりすぎなパン屋”である(連載39回参照)。

一方キラリナの『L』は、子どもが喜びそうな、はな子パンがイチオシね(連載45回参照)。


この2店舗が、この夏、ものすごいカレーパン押しだったのである。

イラスト/スタジヲワンツー


まず先制したのは『L』であった。

そもそも「洋食屋のカレーパン」という小ぶりで奥ゆかしいルックスの人気カレーパンと、「吉祥寺カレーパン」というチーズが入っているカレーパンが定番なのよ。

しかし、6月のカレーパンフェア第1弾から、断続的に夏の間、カレーパンの新作&限定を出しまくっていたのである。

「鹿児島黒豚とゆで卵の具沢山カレーパン」「ウインナーチーズカレーパン」「北海道じゃがいものカレーコロッケコッペ」。

雰囲気的にカレーパンっていうか、カレー押しだな。

さらに、第2弾7月は「三元豚カツカレーパン」「スパイシーカレーパン」である。

スパイシーカレーパンが美味しかったよ。

第3弾は8月で「ザクザク!!カレーパン」「チーズキーマカレーパン」「ゆでたまカレー」だ。もう定番とあいまって、売り場は超カレー過多! 夏の間、カレーパンが常時5~6種類店頭にあるという、なかなかのインパクトであったよ……。

やりすぎだろ! 

しかしやりすぎは、『A』の専売特許(おっさん女子的独断です)。



そして、本家やりすぎパン屋の『A』も、7月についに立ち上がった。

いやその前に5月に「フライ・ド・麻婆豆腐」という、ざっくりいうと中身が麻婆豆腐という揚げパンをリリースしていたのである。

お味のほうも、かなりやりすぎ感あるパンであった。

ちなみに『A』は「あっぱれカレー」が不動のレギュラーなのよ。

そもそも、これはデカイんだよ、吉祥寺のどこの店のカレーパンより、デカイよ、あっぱれカレー……! 

それで、野菜&卵の具沢山。

食べた感ハンパない。

あと、翌日食べても美味しいの。

脂っぽくならないんだよ。

その『A』が本格的にカレーパンに着手したのは7月。

2週間に1回、限定の新作を出し、人気№1をレギュラーに昇格させる(かも)というフレコミ。

「ツナカレー(中辛)」「ポークカレー(甘口)」「大人のキーマカレー(辛口)」という順番でリリース。

素材、甘さ、テイストなどは、かなり計算されている印象だったよ。

そして8月末に「大人のキーマカレー」がカレーパン売り上げ№1を獲得。

しかも限定カレーパンと「あっぱれカレー」を2個セットで売っていた、商売上手な『A』……(笑)。

もちろん私はセットで購入です……。


とにかく私は、夏の間カレーパンを食べまくった……。

その結論だけど、『A』は定番の「あっぱれカレー」が美味しいよ……。

残念だが、限定新作は、あっぱれを超えてなかった……。

『L』のほうは「ざくざく!! カレーパン」が外側が超カリカリで、具はスタンダードで美味しかった。

これが定番になるといいなぁ、と思ったおっさん女子。

両店ともカレーパンらしいカレーパンの勝利っていう感じ(苦笑)。

あんまりひねりは必要ありませんでしたね……。


しかし、『A』と『L』のカレーパン抗争(を食べまくる日々)に疲れた私。

実はアトレ吉祥寺の2Fにある『L』という、店舗小さめのオシャレパン屋の定番「ひよこまめのカレーパン」で箸休めをしていたのである(苦笑)。

パン生地自体に甘みがあって、中身のひよこまめのカレーも癒し系。

さらに、ひよこまめを薄くスライスして、生地の外側にまぶして揚げているので、サクサクの食感もいいのよ、これが。

ほかのパン屋にはないテイストのカレーパンで、おすすめです。

名前もかわいいいし、女子ウケカレーパンだよね(笑)。



結論そこかよ!っていう感じで、すみません……。







天野七月/あまのななつき
ライター&ときどきエディター。吉祥寺在住、ざっくり30年くらい。基本おっさん女子、たま~に乙女マインド。いつも吉祥寺をふらふらしています。ちなみに無芸大食。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
天野七月@おとなの週末

吉祥寺に住んで、ざっくり30年。基本「おっさん女子」の筆者が、たまに乙女マインドをチラつかせながら、地元民目線で食事情を語る。

関連記事
なんと今回は、牛乳です。 ある日、三鷹のパン屋さんで『パン好きの牛乳』という200mlのパック牛乳を発見し、ハマってしまった次第。 ほかにも。美味しい牛乳があった気が……、ということで吉祥寺のスペシャルな牛乳をご紹介したいと思います。
今までの吉祥寺の和風のカフェ、喫茶店、甘味処は、比較的年配のマダムたちの需要が多かった吉祥寺である。しかし最近、けっこう若い女子向けのカジュアルな和風がキテるんじゃないでしょうか? ということで、今回は2020年にオープンした2軒ご紹介してみようと思います。
新型コロナウイルスのせいで、吉祥寺の飲食店は満身創痍という感じな今日この頃……。 メニューの見直し、店舗のリニューアルなどをする店も多いように感じます。 そこで今回は、吉祥寺でのサバイバルのために積極的にリニューアルを続けている定食屋を2軒ご紹介しようと思います。
白いご飯と、鶏唐揚げと、チーズが大好きなおっさん女子とは私のこと。 しかし最近、食パンに対する愛も芽生えてきたので、適度に食パンも食べ散らかしているのですが、最近、吉祥寺のチーズ食パンが熱い!っていうかチーズ教信者の私だけが、熱いのかもしれない……。というワケで、今回は吉祥寺の美味しいチーズ食パンをご紹介したいと思います。
小学校以来の食パントラウマを生食パンで癒し、食パンを食べ散らかしているおっさん女子ですが、最近は、あん食(144回)の暴力的なカロリーと美味しさにハマリ、あんこトーストを自宅で自作しているおっさん女子である。 そこで今回は、あんこトーストのお手本にしたい吉祥寺のお店をご紹介だ!
最新記事
“肉系さぬき”を謳う大門にある人気店の2店舗目がこちら。ここで肉好きが避けて通れないのが「スペシャル」だ。
9カ月にわたりシーズンが続く女子プロゴルファー。身体が資本のアスリートですが、個人競技のため食生活の管理は完全に個々に任せられています。旅から旅への遠征が基本で外食も多いため、食事の時間は心身どちらにも大切です。そんな心と身体を解きほぐす“ハートめし“を、女子プロの皆さんが教えてくれます。今回登場するのは”れいちぇる“こと臼井麗香さん。先日も、スタンレーレディスゴルフトーナメント(10月8日~10日、東名CC)で初日に首位に立つなど好調なプレーが目立ちます。れいちぇるが推す地元・栃木県鹿沼市のとっておきのお店を紹介します。
人気貝料理店でありながら、1日100食売れる弁当はバリバリの台湾料理! 系列店が台湾にあるため、本場仕込みの「ルーロー飯」(豚角煮飯)と「ジーロー飯」(鶏肉飯)を日本人の口にも合うように、丁寧に拵えてある。
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
今も昔も製麺所を営み、麺類の美味しさは中華街でも指折り。当然“冷やし”でもその旨さを堪能できる。
get_app
ダウンロードする
キャンセル