MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
大阪穴場グルメ_著名人も並ぶ幻のハンバーグを食べに、本町の「四ツ橋カフェ」に初潜入/大阪ローカル穴場メシ情報[97]

大阪穴場グルメ_著名人も並ぶ幻のハンバーグを食べに、本町の「四ツ橋カフェ」に初潜入/大阪ローカル穴場メシ情報[97]

あまり人には教えたくないお店って誰もが一つや二つあるハズ。今回、紹介する飲食店はまさに“通”を気取れるお店だ。 知る人ぞ知る、四ツ橋の名店「四ツ橋カフェ」である。 屋号にカフェが入っていると名物はスイーツとか、カフェオレなんて女子色が強いメニューを想像するけど、実はココ。名物はハンバ~グなのだ!

perm_media 《画像ギャラリー》大阪穴場グルメ_著名人も並ぶ幻のハンバーグを食べに、本町の「四ツ橋カフェ」に初潜入/大阪ローカル穴場メシ情報[97] の画像をチェック! navigate_next

土日は閉店まで長蛇の列! 著名人も並ぶ幻のハンバーグを食べに本町の「四ツ橋カフェ」に初潜入


あまり人には教えたくないお店って、誰もが1つや2つあるハズ。

今回、紹介する飲食店はまさに“通”を気取れるお店だ。

知る人ぞ知る、四ツ橋の名店「四ツ橋カフェ」である。

屋号にカフェが入っていると、名物はスイーツとか、カフェオレなんて女子色が強いメニューを想像するけど、実はココの名物はハンバ~グなのだ!

繁盛する今だからこそ過去を振り返られるが、店主は家族含めて非常に苦労したという。

「今から15年前です。当時、不動産業で就職したんですが、どうしても自分でお店をやりたいと思って脱サラ。
このお店を始めたのが約8年前です。最初はカフェバーで私たち夫婦とパートさんで営んでいたんです。
でも、なんせ喫茶店の時間帯はお客さんの滞留も長くて、恥ずかしい話、生活もカツカツやったんですね……。
近隣の店舗さんを見ると、いろいろとされていて、うちも何かに特化せんとアカンと正直思っていたんです。
ランチで出していたハンバーグを売りにしたらどうだろう? 
そう思い立って今のスタイルに変更しました」(店主)


実際、当時からハンバーグランチは評判を呼ぶほど人気メニューだった。

こうして方向性をガラリと変えたのが今から約1年と半年前のことだ。


今の時代、話題を呼ぶとそのスピード感たるや実に展開が早い。

SNSで拡散。

テレビも取材に訪れた。

「企業秘密なので言えませんがハンバーグを独自アレンジ。
さらに、うちは家族経営で娘も手伝ってくれています。
安く提供しようと思うと、利益を薄くさせるしかないんですね。
だから、自分たちの人件費を削ってなるべく安価に設定しています」

こうして今のスタイルが定着。

土日は開店から閉店まで人が途絶えることがない飲食店になった。

「ダラダラ続けるよりは時間を決めて集中して働こうと考えたので、11時から16時のお店にしたんです」


しかも、予約不可。

誰もが知るあの女優から俳優、そしてスポーツ選手も例外なく並ぶ。

特別扱いは一切ナシ。

食べたけりゃ、並ぶしかないのだ!


平日のランチ時、行列はできるが時間帯を外せば待たずに入れる場合もある。

11時過ぎに訪れると、待ち時間ナシで実際に入れた。

「佐賀牛A5ランクハンバーグ」(200g・1480円税込)を注文。


ソースは「オニオン」「おろし」「デミグラス」の中からデミをセレクト。

まずはスープから。


野菜の角が取れた円やかな味わい。

スープを飲みながら待っていると、パチパチパチとハンバーグをこねる音が……。

このお店のハンバーグ、なにが違うか? といえば圧倒的な肉質の柔らかさ。

行列ができようと、店主はハンバーグを焼く直前までこねる。


ジュワ~とこぼれる肉汁に加えて、唇で噛み切れるほど柔らかくてふわふわっ。

かつて経験のない、この柔らかさを食べると体感できる。

名店のハンバーグとも一線を画す、驚きの柔らかさなのだ。


しかも、有り難いことにハンバーグ弁当も提供する。

「弁当は消費税8%をいただいています。
ちなみに平日は内税。
土日はメニューすべてに10%の消費税がかかります」


消費税分は箱代である。

かなり豪勢で、差し入れとしても使えそう。


弁当では醤油ベースのオニオン。

ちなみに6時間後に食してもハンバーグは微塵も硬くなっていなかった。

心斎橋や本町からだと少し歩くが、ぜひ足を伸ばしてでも食べたいお店。


人気の店には、秘密なんてない。


旨いからなのだ。

四ツ橋カフェ
[住所]大阪市西区新町1丁目9-17 ジェイ四ツ橋ビル1F
[TEL]06-6543-2088
[営業時間]11:00~16:00
[定休日]火曜







加藤 慶(かとうけい)
大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
加藤慶@おとなの週末

加藤慶(かとうけい) 大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。

関連記事
生野区の今里には無数の韓国料理店がある。 そのなかで、韓国人からも日本人からも最も評判が良いお店がココ「麦」だ。 驚嘆のレベルの海鮮チヂミや、女子にも人気のスンドゥブなど、韓国料理の醍醐味が味わえる店なのだ。
松阪牛で有名な三重県松阪市で、実は鶏焼肉がスタンダードで人気だという。 「松阪市に親族がいまして、そこで鶏焼肉を食べたらむちゃくちゃハマった。それで鶏焼肉専門にして朝から飲めるスタイルのスタンドを西成で始めたんです」 とは、「スタンド八とり」の店主工藤光一さん。オープンして1年半。西成ですでに有名店だ。
とにかく魚への鮮度にこだわる! 桶売りやイカの生簀まで店内に設置して、他所では出せない魚のクオリティを細部まで突き詰め、高知から関西に進出。破竹の勢いで店舗を増やしたのが「寅八商店」である。 こだわったこの新鮮な食材と、料理への情熱。こんな大変な時期でも「客数が増加した」と聞いて、まさしく納得の店なのだ。
2020年1月、尻無川のほとりに飲食店をメインとした複合施設「TUGBOAT TAISHO(タグボート大正)」がオープン。徐々にではあるが、名が浸透して新名所として活気づき始めている。 このタグボート大正、1階フロアの大半はフードホールで、約10店舗の飲食店が出店し、食を楽しむ人たちにも人気なのだ。
地下鉄メトロの心斎橋駅を歓楽街とは反対側の北方向に歩いて約5分。 平日だとスーツ姿の人が行きかうオフィス街に、“挑戦的な価格”でランチを提供する焼肉店があるという。 それが、10月5日にオープンしたばかりのホルモン・焼肉座「ちからや心斎橋店」。 端的にいえば、とにかく肉が安くて旨い店。だからこそ、ランチもお手ごろ価格なのだ。
最新記事
「東京ディズニーリゾート」の魅力は、人気アトラクションや華やかなショーだけではありません。パーク内のレストランなどで提供される料理の数々も、多くの人を惹きつけてやまない大きなポイントのひとつです。東京ディズニーリゾート初の公式レシピ本『Disney おうちでごはん 東京ディズニーリゾート公式レシピ集』(講談社)が刊行されました。本書では、東京ディズニーランド開園初期や東京ディズニーシー20周年記念のメニューまで、数万点の料理の中からパークの超一流シェフ6人が推す計62のレシピを紹介。パークの代表的なスイーツ「チュロス」ももちろん載っています。『おとなの週末Web』では、その中から3品を厳選。3回に分けてお届けします。
約20年前、世界各地を放浪していた私は、カンボジアの首都プノンペンをひとり歩いていたところ、全速力で走ってきた見知らぬおばちゃんに抱きつかれ……。カンボジアとベトナムを股にかけたインドシナの夜を前編・後編に分けてお届けします。
なんだかんだ言って、ジャンクで高カロリーなものって美味しいですよね。でも食べたあとに後悔することもあるわけで……。そんな罪悪感とは無縁かつヘルシーで美味しいものが東京・八重洲地下街の『2foods』でいただけるというお話しです。
ピスタチオ、フランボワーズ、ミルク、チョコ。それぞれの濃厚な味わいが舌の上で主張したあと、スッと消えていくようなあっさりとした食後感が印象的だ。
get_app
ダウンロードする
キャンセル