MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
大阪穴場グルメ_安くて旨いが当然の新店が心斎橋にオープン! ルモン・焼肉座「ちからや」で食い倒れの巻/大阪ローカル穴場メシ情報[98]

大阪穴場グルメ_安くて旨いが当然の新店が心斎橋にオープン! ルモン・焼肉座「ちからや」で食い倒れの巻/大阪ローカル穴場メシ情報[98]

地下鉄メトロの心斎橋駅を歓楽街とは反対側の北方向に歩いて約5分。 平日だとスーツ姿の人が行きかうオフィス街に、“挑戦的な価格”でランチを提供する焼肉店があるという。 それが、10月5日にオープンしたばかりのホルモン・焼肉座「ちからや心斎橋店」。 端的にいえば、とにかく肉が安くて旨い店。だからこそ、ランチもお手ごろ価格なのだ。

perm_media 《画像ギャラリー》大阪穴場グルメ_安くて旨いが当然の新店が心斎橋にオープン! ルモン・焼肉座「ちからや」で食い倒れの巻/大阪ローカル穴場メシ情報[98] の画像をチェック! navigate_next

安くて旨いが当然の新店が心斎橋にオープン! ホルモン・焼肉座「ちからや」で食い倒れの巻


地下鉄メトロの心斎橋駅を、歓楽街とは反対側の北方向に歩いて約5分。

このエリアは平日だとスーツ姿の人が行きかうオフィス街で、その隙間を縫うようにランチ必須の飲食店が乱立する。

この場所に“挑戦的な価格”でランチを提供する焼肉店があるという。

10月5日にオープンしたばかりのホルモン・焼肉座「ちからや心斎橋店」だ。

端的にいえば、とにかく肉が安くて旨い店。

だからこそ、ランチもお手ごろ価格なのだ。

「お肉150gがついて780円です」

肝心のお肉はリブカルビやサムギョプサルなどから選べてご飯とスープがつく。

そりゃ、オフィス街でも人気店になるわ~。

さて、この日はディナーに呼ばれて、まずは「生センマイ」と「キムチ」(300円)からスタート。


シャキっとした生センマイに、辛味系のタレで味わう。

ネギを上からまぶすとさらに風味が引き立つ。

味もそうだが、380円という価格を知って、2度驚いた。


キムチは日本風。

クセもなく、甘味も強め。

辛いのがダメな人でも食べやすいと思う。

お待ちかねのお肉は「リブカルビ」(480円)と「牛ハラミ」(780円)に加えて、豚と鶏も各1種類。



もちろん、ホルモン類も外せない。

良心的な値段で「赤セン」「牛レバー」などは380円。

「上ミノ」で580円だった。


この艶を見れば、「質」がわかるってもの。


キモの鮮度が高くて香ばしい旨さ。

さらに「コリコリネギタン先」も380円と破格値だ。


胃袋の中に次々と放り込まれて、「プレミアムモルツ」(500円)の次は「角ハイボール」(380円)へ……。



たらふく食べたら、最後は「クッパ」(480)でシメた。


今回食したメニュー、実は「得々ミックスコース」(紹介は一部)だった。

料金はたったの1980円(写真は2人前)なのだ。

「生センマイ」「キムチ」「リブカルビ」「ハラミ」「国産鶏もも」「豚カルビ」「サンチュ」「コリコリタン先」「カルビタン」「赤セン」「ネギ塩ハツ」「豚小腸」「クッパ」「本日のシャーベット」がセット(一部変更)でこの値段。

正直安すぎですねん!


てか、「旨くて安い」で王道を行く焼肉屋。


仕事で心斎橋へ。

そんなとき、昼夜問わずに活用できそうだ。

ホルモン・焼肉座「ちからや心斎橋店」
[住所]大阪市中央区博労町3-3-15
[TEL]06-4708-6156
[営業時間]11:30~14:30
      17:30~23:00
[定休日]不定







加藤 慶(かとうけい)
大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。

このグルメ記事のライター
加藤慶@おとなの週末

加藤慶(かとうけい) 大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
生野区の今里には無数の韓国料理店がある。 そのなかで、韓国人からも日本人からも最も評判が良いお店がココ「麦」だ。 驚嘆のレベルの海鮮チヂミや、女子にも人気のスンドゥブなど、韓国料理の醍醐味が味わえる店なのだ。
松阪牛で有名な三重県松阪市で、実は鶏焼肉がスタンダードで人気だという。 「松阪市に親族がいまして、そこで鶏焼肉を食べたらむちゃくちゃハマった。それで鶏焼肉専門にして朝から飲めるスタイルのスタンドを西成で始めたんです」 とは、「スタンド八とり」の店主工藤光一さん。オープンして1年半。西成ですでに有名店だ。
とにかく魚への鮮度にこだわる! 桶売りやイカの生簀まで店内に設置して、他所では出せない魚のクオリティを細部まで突き詰め、高知から関西に進出。破竹の勢いで店舗を増やしたのが「寅八商店」である。 こだわったこの新鮮な食材と、料理への情熱。こんな大変な時期でも「客数が増加した」と聞いて、まさしく納得の店なのだ。
2020年1月、尻無川のほとりに飲食店をメインとした複合施設「TUGBOAT TAISHO(タグボート大正)」がオープン。徐々にではあるが、名が浸透して新名所として活気づき始めている。 このタグボート大正、1階フロアの大半はフードホールで、約10店舗の飲食店が出店し、食を楽しむ人たちにも人気なのだ。
あまり人には教えたくないお店って誰もが一つや二つあるハズ。今回、紹介する飲食店はまさに“通”を気取れるお店だ。 知る人ぞ知る、四ツ橋の名店「四ツ橋カフェ」である。 屋号にカフェが入っていると名物はスイーツとか、カフェオレなんて女子色が強いメニューを想像するけど、実はココ。名物はハンバ~グなのだ!
ライター・菜々山いく子が、くすんだ日常生活に彩りと潤いを与えるYouTubeの魅力を紹介する本記事。様々なYouTuberがいますが、今回紹介する方はおっさんサラリーマン! その名も大西 祐次郎。ダジャレを炸裂しつつも、実は料理を美味しそ〜うに撮る実力者なのです。
大坂の陣における真田丸は最強の砦だったが、こちらの看板地鶏「真田丸」は言わば最高の食材。「力強い歯応えと脂のコクが串焼きに最適」と社長が惚れ込み、生産者から直で仕入れている。
お小遣いの少ない飲み助にとって、家呑み用ツマミとして自由に買えるナンバー1は駄菓子なのではないか! とはいえ、そのまま食べるのも大人としていかがなものか!! ライター・カーツさとうが駄菓子を使った一品料理を考案。レシピ、動画付きでお届けします。
南インド料理の人気店『ダクシン』のビリヤニはチェティナード風。チェティナードとは南インドの地方名で、リゾート地として知られる。
「酒」の提灯、その奥に垣間見える楽し気なカウンターに、まずノックアウトだ。しかし、ここ『洒落者』の本領は、そのカウンター奥から次々と繰り出される、「ほんとにこの値段?」と思わせる素晴らしいつまみの数々だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル