MENU
ログイン
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
大阪穴場グルメ_安くて旨いが当然の新店が心斎橋にオープン! ルモン・焼肉座「ちからや」で食い倒れの巻/大阪ローカル穴場メシ情報[98]

大阪穴場グルメ_安くて旨いが当然の新店が心斎橋にオープン! ルモン・焼肉座「ちからや」で食い倒れの巻/大阪ローカル穴場メシ情報[98]

地下鉄メトロの心斎橋駅を歓楽街とは反対側の北方向に歩いて約5分。 平日だとスーツ姿の人が行きかうオフィス街に、“挑戦的な価格”でランチを提供する焼肉店があるという。 それが、10月5日にオープンしたばかりのホルモン・焼肉座「ちからや心斎橋店」。 端的にいえば、とにかく肉が安くて旨い店。だからこそ、ランチもお手ごろ価格なのだ。

安くて旨いが当然の新店が心斎橋にオープン! ホルモン・焼肉座「ちからや」で食い倒れの巻


地下鉄メトロの心斎橋駅を、歓楽街とは反対側の北方向に歩いて約5分。

このエリアは平日だとスーツ姿の人が行きかうオフィス街で、その隙間を縫うようにランチ必須の飲食店が乱立する。

この場所に“挑戦的な価格”でランチを提供する焼肉店があるという。

10月5日にオープンしたばかりのホルモン・焼肉座「ちからや心斎橋店」だ。

端的にいえば、とにかく肉が安くて旨い店。

だからこそ、ランチもお手ごろ価格なのだ。

「お肉150gがついて780円です」

肝心のお肉はリブカルビやサムギョプサルなどから選べてご飯とスープがつく。

そりゃ、オフィス街でも人気店になるわ~。

さて、この日はディナーに呼ばれて、まずは「生センマイ」と「キムチ」(300円)からスタート。


シャキっとした生センマイに、辛味系のタレで味わう。

ネギを上からまぶすとさらに風味が引き立つ。

味もそうだが、380円という価格を知って、2度驚いた。


キムチは日本風。

クセもなく、甘味も強め。

辛いのがダメな人でも食べやすいと思う。

お待ちかねのお肉は「リブカルビ」(480円)と「牛ハラミ」(780円)に加えて、豚と鶏も各1種類。



もちろん、ホルモン類も外せない。

良心的な値段で「赤セン」「牛レバー」などは380円。

「上ミノ」で580円だった。


この艶を見れば、「質」がわかるってもの。


キモの鮮度が高くて香ばしい旨さ。

さらに「コリコリネギタン先」も380円と破格値だ。


胃袋の中に次々と放り込まれて、「プレミアムモルツ」(500円)の次は「角ハイボール」(380円)へ……。



たらふく食べたら、最後は「クッパ」(480)でシメた。


今回食したメニュー、実は「得々ミックスコース」(紹介は一部)だった。

料金はたったの1980円(写真は2人前)なのだ。

「生センマイ」「キムチ」「リブカルビ」「ハラミ」「国産鶏もも」「豚カルビ」「サンチュ」「コリコリタン先」「カルビタン」「赤セン」「ネギ塩ハツ」「豚小腸」「クッパ」「本日のシャーベット」がセット(一部変更)でこの値段。

正直安すぎですねん!


てか、「旨くて安い」で王道を行く焼肉屋。


仕事で心斎橋へ。

そんなとき、昼夜問わずに活用できそうだ。

ホルモン・焼肉座「ちからや心斎橋店」
[住所]大阪市中央区博労町3-3-15
[TEL]06-4708-6156
[営業時間]11:30~14:30
      17:30~23:00
[定休日]不定







加藤 慶(かとうけい)
大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。

このグルメ記事のライター
加藤慶@まとメシ

加藤慶(かとうけい) 大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
あまり人には教えたくないお店って誰もが一つや二つあるハズ。今回、紹介する飲食店はまさに“通”を気取れるお店だ。 知る人ぞ知る、四ツ橋の名店「四ツ橋カフェ」である。 屋号にカフェが入っていると名物はスイーツとか、カフェオレなんて女子色が強いメニューを想像するけど、実はココ。名物はハンバ~グなのだ!
屋号の「輪」は、縁という意味だけでなく、能登の輪島市からの由来もある。 実はこの店、石川県の能登にルーツを持つ調味料や食材を多数取りそろえ、一品料理を食せるお店にするという。 ラーメン店なのに、能登輪島の純米酒「おれの酒」(650円)まである。こだわりの強さがここからも感じられるはずだ。
靴を脱いでコの字型のカウンターでお酒を傾けてリラックス。一人酒でもちょうどええ、気取らないこの雰囲気。好きっきやわ~。 場所は新大阪駅東口から徒歩10分。もしくは東三国駅から徒歩数分と絶好のロケーションにある呑み処「紋」は、つい先日8月27日にオープンしたばかりだ。
「本町はランチ激戦区。認識してもらうだけでも非常に苦労します」 こう話すのは呑み処「なばちゃん」の店主である那波輝一さん(48)だ。同店は和歌山の勝浦直送のマグロや干物が人気の居酒屋。メニューの「もちまぐろ中落ち」が380円と激安だったりと新鮮な魚介類がウリだ。
無類の海老好きにはタマらないお店がある。海老バル「orb福島(オーブ福島)」だ。このお店、難波などで何度か利用した経験があるのだが、まずは入り口に正面にあるこの水槽に誰もが目を奪われるはず。 実はここ、オマール海老のつかみ取りができるお店で有名なのだ。
スパイシーなんだけどそれだけじゃない。エビならエビ、マトンキーマならマトンの風味がしっかり広がり、サクサクとスプーンが進む。
極太で真っ黒な見た目がインパクト大! 北海道で最も人口が少ない街、音威子府村で今からおよそ90年も前から親しまれてきた、なんとも荒々しい風情の蕎麦だ。
なんと今回は、牛乳です。 ある日、三鷹のパン屋さんで『パン好きの牛乳』という200mlのパック牛乳を発見し、ハマってしまった次第。 ほかにも。美味しい牛乳があった気が……、ということで吉祥寺のスペシャルな牛乳をご紹介したいと思います。
江戸時代から同じ場所で五代続く店のばらちらし。醤油をささずにすみ、時間が経ってもしっとり酢の頃合いがよいままなので、かつて料亭や置屋があった頃から芸者や商いのお客に好まれたという。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル