MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
ロス・タコス・アスーレス(洋食(その他)/三軒茶屋)|日本食材で作るモダンなタコスを堪能!日本酒にも◎

ロス・タコス・アスーレス(洋食(その他)/三軒茶屋)|日本食材で作るモダンなタコスを堪能!日本酒にも◎

まるでシャリにこだわる寿司屋のように、トルティーヤに情熱を傾けるメキシカンが三軒茶屋の路地裏にある。注文が入るたび、店主のマルコさんが希少なブルーコーンを挽き、こねて一枚ずつトルティーヤを手焼きする。

perm_media 《画像ギャラリー》ロス・タコス・アスーレス(洋食(その他)/三軒茶屋)|日本食材で作るモダンなタコスを堪能!日本酒にも◎の画像をチェック! navigate_next

※コロナ禍で外食が自粛・縮小されている状況ではありますが、ぜひ知っておいて欲しい飲食店を、ご紹介しております。

ロス・タコス・アスーレス(最寄駅:三軒茶屋駅)

伝統的で革新的!幻のブルーコーンのトルティーヤで作るタコスの新世界

それにのせるのは旬を迎えた日本の食材だ。「メキシコでも今や大量生産のトルティーヤが主流。でも、本当に滋味深い、昔ながらの味を伝えたかった」とマルコさん。トウモロコシの風味を損ねないよう、過剰な味付けはなし。食材の味とともに、繊細なコーンの香ばしさが口に広がる同店のタコスは、メスカルはもちろん、厳選された日本酒にもぴたりと合う。

アカヤガラとポブラーノのタコス「タコスおまかせ」コース
7600円より

三重県産アカヤガラをメキシコの唐辛子・ポプラーノとともに

芝海老から揚げのタコス

からりと揚がった芝海老とトルティーヤは好相性

ボラの白子のケサディーヤ サルサベルデ添え

ねっとりとしたボラの白子を包んで揚げたケサディーヤ

メスカルや日本ワイン、日本酒も豊富に揃う。こちらはオアハカ産のメスカル「アモーレス」

お店からの一言

店主 マルコ・ガルシアさん

「日本の食材で作る滋味深いタコスをぜひ体験してください」

ロス・タコス・アスーレスの店舗情報

[住所]東京都世田谷区上馬1-17-9 [TEL]03-5787-6990 [営業時間]水~土18時~23時(要予約)、土・日は9時~15時でアラカルトのみの「朝タコス」営業あり(予約不可) [休日]月・火 [席]カウンターあり、全19席/全席禁煙/予約可/カード可/サ・お通し代なし [交通アクセス]東急田園都市線三軒茶屋駅南口B出口から徒歩8分


電話番号 03-5787-6990

撮影/西﨑進也 取材/カイトモオ

2020年2月号発売時点の情報です。

※全国での新型コロナウイルスの感染拡大等により、営業時間やメニュー等に変更が生じる可能性があるため、訪問の際は、事前に各お店に最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。また、各自治体の情報をご参照の上、充分な感染症対策を実施し、適切なご利用をお願いいたします。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
戦後まもなく屋台の飴屋からスタートし、洋食に転向しておよそ半世紀。大塚っ子に愛される味は気取らず変わらず健在だ。
わずか6席のカウンター空間は店主の三浦さんが繰り広げる舞台だ。磨き上げられた厨房が美味の時間を予感させる。
洋食屋さんのカツレツはいつだって優しくてあったかい。それは単なる料理の温もりだけじゃない。
昔懐かしいサンプルケースや、歴史を感じる窓の木枠が、ザ・洋食屋らしい佇まい。昭和11年から守り続けるきちんとした仕事は、ポークカツレツの端正な姿を見れば一目瞭然。
もうもうと立ち上る煙の下に現れるはドカンと一枚肉の「特大生姜焼」。腕まくりで挑めばド直球の旨さにハッとする。
最新記事
席につくと、まず出てくるのはお豆腐。「お待たせしちゃ悪いから」と、いつの頃からか始まった気遣いだ。
新型コロナウイルスの感染拡大で、3密を避けたアウトドアライフが注目を浴びています。 週末に楽しむバーベキューなどのキャンプ料理で、「肉」にスポットを当てました。第3回は、焚き火で作るワイルドな“ローストビーフ”の紹介です。
1964(昭和39)年に東京・新宿で創業した元祖サラサラカレーの店『モンスナック』。ビルの耐震補強工事のため、2021年7月15日で一時休業になる。SNSをはじめ惜別の声が多数あがり、お昼時や週末を中心に行列ができている。ライター市村もしばしの別れを惜しむらく、お店へ向かった。
本誌でも! おと週WEBでも! 美味しいニュースで“日本を元気にします”宣言! 美味しいニュースを発信する「おとなの週末WEB」の注目度が高まっています。コロナ禍でも元気に過ごせるよう、ステイホームを楽しむためのステキなプレゼントをご用意! ふるってご応募ください。
『おとなの週末Web』を運営する講談社ビーシーは、編集スタッフを募集します。
get_app
ダウンロードする
キャンセル