MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
Island Burgers|看板バーガーは具だくさんが嬉しい(ハンバーガー/四谷三丁目)

Island Burgers|看板バーガーは具だくさんが嬉しい(ハンバーガー/四谷三丁目)

「ヤシの木の形のピックを刺したバーガーが島のように見えることから店名に」と代表の名坂さん。[交]地下鉄丸ノ内線四谷三丁目駅3番出口から徒歩2分 ※ランチタイム有

perm_media 《画像ギャラリー》Island Burgers|看板バーガーは具だくさんが嬉しい(ハンバーガー/四谷三丁目)の画像をチェック! navigate_next

Island Burgers |アイランドバーガーズ(最寄駅:四谷三丁目駅)

「アイデアを形にしたい」と脱サラしてバーガー店で経験と独学を重ね、満を持して開業したのは約2年前。その実力は看板の「THE アイランドバーガー」を味わえば明白だ。

 パティはオーストラリア産の赤身に和牛の脂を加えてコクを出し、毎日手ごね。ふっくらしたバンズは酒種酵母を使う特注で、10日かけて仕込む自家製ベーコンとフライドエッグなどを挟んでいる。多彩な具材が織り成す美味のハーモニーはお見事。

THEアイランドバーガー
1690円

スモーキーな自家製ベーコンの風味豊かな看板バーガー。パティは冷凍肉を使わず、食感を良くするよう二度挽きした粗挽き肉を使用。ミディアムレアに焼いている。具材はオニオンリング、エッグ、野菜と盛りだくさん。自家製ベーコンを使うのはこのバーガーのみだ

店のインテリアは海沿いのカフェをイメージ

Island Burgers

[住所]東京都新宿区四谷3-1 須賀ビル1階 [TEL]03-5315-4190 [営業時間]11時~21時45分(21時LO) [休日]月(月が祝の場合は営業で翌平日が休) [席]カウンター3席、テーブル21席、テラス3席、計27席/店内禁煙/予約可/カード可(VISA・MASTERのみ)/サなし [交通アクセス]地下鉄丸ノ内線四谷三丁目駅3番出口から徒歩2分

※2016年4月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
タイにマグロに、ヒラメにアジ。 これらは寿司ではなく、ぜ~んぶバンズに挟むハンバーガーの“ネタ”。2021年1月4日、代々木公園にできた『Pescarico(ペスカリコ)』は、フィッシュバーガーのお店なんです。
第一印象からインパクト大。下側が分厚いバンズは白くてもっちりだし、超粗挽きで肉感を残したパティは上質なステーキのよう。ペラペラでなくブロック状のベーコンだって存在感バッチリだ。
西秋葉原『BURGER & MILKSHAKE CRANE』|キリッと美しいハンバーガーである。ふっかりしたバンズにジューシーなパテ、トマト、レタス、オニオン、マヨネーズ。
マンチズ バーガー シャック|あのトランプ大統領が舌鼓を打ったハンバーガーとは一体どんな味なのか──。トランプ氏が食べた翌日、みんな気になったのか、定休日だった本店ではなく、虎ノ門の支店にお客さんが集中。開店から3時間半足らずで完売したそう。
黒船襲来!アメリカ西海岸のダイナーのような活気ある雰囲気の店内で味わえるのは、豪快なグリル料理をはじめとしたカリフォルニア・キュイジーヌ。なかでもそのビジュアルも圧巻なのが「グラムズチーズバーガー」だ。
最新記事
昔懐かしいサンプルケースや、歴史を感じる窓の木枠が、ザ・洋食屋らしい佇まい。昭和11年から守り続けるきちんとした仕事は、ポークカツレツの端正な姿を見れば一目瞭然。
思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えする本記事。レタスの続編です!
昨年末にオープンしたばかりのお店。春の新作のこちらは、クリームチーズのムースをベースにしたタルトに季節のフルーツと色鮮やかなゼリーを重ねたもの。
コロナ禍でなかなか温泉にも行けない状況です。せめて、記事の中だけでも行った気分になりませんか? 本誌で料理写真を撮影しているカメラマン・鵜澤昭彦氏による温泉コラム。温泉好きに馴染み深い3つの格言にあてはまらない会津若松の極上の温泉宿をご紹介します。
みなさま、野菜食べてますか? 本誌の調査内容によって、思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えします。今回は「萵苣」!
get_app
ダウンロードする
キャンセル