MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
BLACOWS(ハンバーガー/恵比寿)|黒毛和牛の各部位を職人が見極めて配合

BLACOWS(ハンバーガー/恵比寿)|黒毛和牛の各部位を職人が見極めて配合

黒毛和牛の各部位を職人が見極めて配合。精肉卸『ヤザワミート』が手掛けるバーガーの行列店。黒毛和牛バーガーBLACOWS(ブラッカウズ)[交]JR線ほか恵比寿駅西口から徒歩5分 ※ランチタイム有

perm_media 《画像ギャラリー》BLACOWS(ハンバーガー/恵比寿)|黒毛和牛の各部位を職人が見極めて配合の画像をチェック! navigate_next

黒毛和牛バーガーBLACOWS(最寄駅:恵比寿駅)

緻密に計算したバランスのバーガー
専門だけに肉質の良さが強みなのはもちろん、バーガーを「口の中で味わいが完成される料理」と捉え、「主役はパティではなくバランスが最も重要」との姿勢を貫く。そのため一つひとつの食材にこだわり抜いている。例えばパティは黒毛和牛のサーロインやフィレなど8種ほどの部位を職人が配合、バンズは『メゾンカイザー』とコラボしたオリジナル、野菜の旨みを凝縮したソースなど緻密に研究。具材を積み重ねただけじゃない、グルメバーガーの底知れぬ魅力を堪能できる。

ベーコンチーズエッグバーガー
1944円

パティは黒毛和牛の各部位を使った粗挽き。オリジナルバンズは毎朝焼きたてを工房から運んでくる。

焼き蒸しにしてジューシーに
最高級黒毛和牛100%のパティは高温の鉄板で両面を焼いて肉汁を閉じ込めた後、スチームコンベクションで10分ほど焼き蒸す。すると味わい深くジューシーに仕上がる

BLACOWSの関連記事

黒毛和牛バーガーBLACOWS

■『黒毛和牛バーガーBLACOWS』(ブラッカウズ)
[住所]東京都渋谷区恵比寿西2-11-9 東光ホワイトビル1階
[TEL]03-3477-2914
[営業時間]11時半~15時LO、18時~22時LO
[休日]火曜日
[座席]テーブル席、計50席/全席禁煙/予約不可/カード可/サなし
[アクセス]JR線ほか恵比寿駅西口から徒歩5分

※2016年4月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
秋葉原のヨドバシAkibaの1階に『ハイカラ・フライドチキン』が2021年10月25日にグランドオープン。唐揚げの名店として知られる新小岩の居酒屋『からあげバル ハイカラ』が、チキンバーガー市場に参戦したのだ。どんなチキンバーガーに仕上げてきたのか!?
タイにマグロに、ヒラメにアジ。 これらは寿司ではなく、ぜ~んぶバンズに挟むハンバーガーの“ネタ”。2021年1月4日、代々木公園にできた『Pescarico(ペスカリコ)』は、フィッシュバーガーのお店なんです。
第一印象からインパクト大。下側が分厚いバンズは白くてもっちりだし、超粗挽きで肉感を残したパティは上質なステーキのよう。ペラペラでなくブロック状のベーコンだって存在感バッチリだ。
西秋葉原『BURGER & MILKSHAKE CRANE』|キリッと美しいハンバーガーである。ふっかりしたバンズにジューシーなパテ、トマト、レタス、オニオン、マヨネーズ。
マンチズ バーガー シャック|あのトランプ大統領が舌鼓を打ったハンバーガーとは一体どんな味なのか──。トランプ氏が食べた翌日、みんな気になったのか、定休日だった本店ではなく、虎ノ門の支店にお客さんが集中。開店から3時間半足らずで完売したそう。
最新記事
最近“進化系”が急増中の「サバ缶」。前回の「バターチキン風サバカレー缶」に続き、今回は明太子との夢の競演。しかも手掛けるのは、日本で初めて明太子を売り出した福岡県の老舗店。一体どんな缶詰なのか、どんな味なのか! サバジェンヌが実食レポートです。
ロシア人の祖母から母に受け注がれた、ボルシチやペリメニといった家庭の味に加え、アヒージョ、コンフィといった他国の家庭料理をアレンジした一品も提供。ワインだけでなくウォッカも10数種と充実しているので、気軽に本場の魅力を満喫できると人気を呼んでいる。
9月中旬、東京・目黒の祐天寺前にちょっと異色のフード&リカーショップがオープンした。「Longfellows TOKYO」は、大阪でオーストラリアやニュージーランドのワイン、ハードリカー、食材の輸入業を営む唄淳二(ばい・しゅんじ)さんが「自分が本当においしいと思うものを売る」食のセレクトショップだ。
インドの高級レストランで研鑽を重ねたダスさんが、2011年に開店。以来、気軽に楽しめる本格インド料理店として近隣の人に愛され続けている。
秋葉原のヨドバシAkibaの1階に『ハイカラ・フライドチキン』が2021年10月25日にグランドオープン。唐揚げの名店として知られる新小岩の居酒屋『からあげバル ハイカラ』が、チキンバーガー市場に参戦したのだ。どんなチキンバーガーに仕上げてきたのか!?
get_app
ダウンロードする
キャンセル