MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
実は焼売天国!! 新横浜駅のシューマイ全8件を食べ比べてみた

実は焼売天国!! 新横浜駅のシューマイ全8件を食べ比べてみた

新幹線が止まるターミナル駅ながら、駅ビルにビックカメラや高島屋があるなど、実は生活に密着し、機能的な新横浜。そこで、横浜土産といえば、やっぱりコレ! なテイクアウトできる全焼売を食べ比べてみた。

perm_media 《画像ギャラリー》実は焼売天国!! 新横浜駅のシューマイ全8件を食べ比べてみたの画像をチェック! navigate_next

市民に安心を与える利用しやすい駅・新横浜

新横浜駅周辺といえば、新幹線開通後も、かなり長いこと、「なぁ~んもない!」一帯。

横浜市民としてはお恥ずかしい話だったと思うのですが、バブル期あたりからオフィスビルに横浜アリーナ、サッカーとラクビーの両W杯決勝が行われた横浜国際総合競技場が次々完成。とどめに駅ビルたる「キュービックプラザ」が2008年に開業。横浜市民もやっとひと安心したのが今の状態!

それに開発が遅めだった分、無計画な部分がなく、利用しやすい駅になっているし。「キュービックプラザ」内の飲食店は、有名店の支店などが多く、安心して利用できるしね。

そして横浜といえば焼売! 駅ビル内で探したところ、8種発見! 「聘珍樓」「萬珍樓」「華正樓」と横浜中華街の老舗御三家が揃い踏みしているのが、手土産にもぴったりでありがたい。

華正楼
キュービックプラザ3階

焼売 10個(1728円)

甜麺醤のようなほのかな甘みが生み出す濃厚な味わいがクセになる大粒焼売

レンジではなく蒸して温めてから食べることを推奨。1個約40g。

[場所]キュービックプラザ3階 タカシマヤフードメゾン内
[営業時間]9時~20時

銀だこ酒場
キュービックプラザ3階

黒ぶたしゅうまい 8個(780円)

あの有名たこ焼きチェーンが、なんと焼売も作っていた。

黒豚の風味がダイレクトに感じられる肉塊ゴロゴロ系。加熱済み。1個約25g

[場所]キュービックプラザ3階
[営業時間]10時~21時

皇朝
キュービックプラザ3階

横浜焼売 1個(120円)

肉まんで有名な中華街の店が作る、このページで取り上げた中で最大の1個約55gを誇る焼売

練ったすり身のようなソフトな食感。加熱済み。

[場所]キュービックプラザ3階 タカシマヤフードメゾン内
[営業時間]9時~20時

崎陽軒
新横浜駅構内外に数軒

昔ながらのシウマイ 15個入り(620円)

もはや説明不要な浜っ子のソウルフードとも言っていい“シウマイ”。

そのまま食べられ、さらに冷えてもパクパクいける。1個約18g

[場所]新横浜駅構内郊外に数カ所ある
[営業時間]6時半~21時半(キュービックプラザ2階店)

重慶飯店
キュービックプラザ2階

蝦仁焼売 6個(1080円)

中華街の四川の名店が作る焼売は、ドーンと上に乗ったエビ、さらに餡の中のエビ、そして豚肉が一心同体となった複合美味!

1個約36g。

[場所]キュービックプラザ2階 グランドキヨスク新横浜
[営業時間]5時40分~22時

聘珍樓
キュービックプラザ2階

シュウマイ 8個(1026円)

現存する日本最古の中華料理店。豚肉の旨さを充分に引きだしジューシーに仕上げた、これぞ横浜中華街正統派の焼売

要加熱。1個約31g。

[場所]キュービックプラザ2階 グランドキヨスク新横浜
[営業時間]5時40分~22時

萬珍樓
キュービックプラザ2階

二色焼売 豚肉5個、海鮮蝦5個(1680円)

王道の豚肉焼売。そして巨大なザク切り状態のエビがプリンプリンで皮に詰め込まれた海鮮蝦焼売には驚嘆必至。

要加熱。1個約36g。

[場所]キュービックプラザ2階 グランドキヨスク新横浜
[営業時間]5時40分~22時

梅蘭
キュービックプラザ10階

梅蘭の「冷凍」焼売 20個(1800円)

餡と麺が上下逆転した斬新な焼麺で名高い中華街の店の新横浜支店で、冷凍焼売も販売。

焼売は斬新と言うより伝統的味わい。要加熱。1個約33g

[場所]キュービックプラザ10階
[営業時間]11時~23時

食べ比べてみると、それぞれに個性が浮かび上がってくる焼売。

横浜アリーナに国際競技場とイベントのある時はとにかく人が増えるこの駅周辺ですが、コロナでイベントも少ないので、今が買い時か!?


撮影・取材/カーツさとう

※店のデータは、2021年1月号発売時点の情報です。新型コロナウイルス感染拡大の影響で営業時間などが異なる場合があります。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
丼の中にあったかいスープ、上には野菜がどっさり。それをどけて持ち上げた麺からは湯気がふわ~っ。ハフハフしながら食べるタンメンは、どこか昭和を感じさせます。そんなノスタルジックな気持ちにさせてくれる5杯をお届けします。
そもそも「焼飯」とは何か、チャーハンと何が違うのかという話がありますが、メニューに「焼飯」と書かれた料理は数少なく……。その上、「ソース焼飯」ときた。この謎のメニューを追跡。実態を調べてみました。
横浜といえば、焼売。多くの店で食べられます。崎陽軒をはじめ、お土産としても名高いです。そんなハマの焼売がいつから愛されてきたのか。そのルーツをもとめて“シウマイ”の店を巡りました。
飯田橋の四川料理店「芊品香 別館」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真のページ。餃子は皮を極限まで薄くするなど、試行錯誤を重ねて現在の味にたどり着いた、店主渾身の餃子。三元豚の挽肉をオイスターソースや胡椒などの調味料で旨みを引き出し、ジューシーに仕上げた餡が絶品だ。[住所]東京都千代田区富士見1-7-6
「中華街のエビ・カニ大調査」特集掲載店、「新錦江」は四川と広東の家庭料理が楽しめる。約115種類のメニューが揃うなか、エビのイチオシは「殻つき海老唐揚げ」。[アクセス]元町・中華街駅2番出口から徒歩7分、石川町駅北口から徒歩5分 ※ランチタイム有
最新記事
席につくと、まず出てくるのはお豆腐。「お待たせしちゃ悪いから」と、いつの頃からか始まった気遣いだ。
新型コロナウイルスの感染拡大で、3密を避けたアウトドアライフが注目を浴びています。 週末に楽しむバーベキューなどのキャンプ料理で、「肉」にスポットを当てました。第3回は、焚き火で作るワイルドな“ローストビーフ”の紹介です。
1964(昭和39)年に東京・新宿で創業した元祖サラサラカレーの店『モンスナック』。ビルの耐震補強工事のため、2021年7月15日で一時休業になる。SNSをはじめ惜別の声が多数あがり、お昼時や週末を中心に行列ができている。ライター市村もしばしの別れを惜しむらく、お店へ向かった。
本誌でも! おと週WEBでも! 美味しいニュースで“日本を元気にします”宣言! 美味しいニュースを発信する「おとなの週末WEB」の注目度が高まっています。コロナ禍でも元気に過ごせるよう、ステイホームを楽しむためのステキなプレゼントをご用意! ふるってご応募ください。
『おとなの週末Web』を運営する講談社ビーシーは、編集スタッフを募集します。
get_app
ダウンロードする
キャンセル