MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
自然豊かな山陰の幸を自宅で堪能! “鳥取の旨い!”をお取り寄せ

自然豊かな山陰の幸を自宅で堪能! “鳥取の旨い!”をお取り寄せ

中国地方最高峰の大山をはじめ、豊かな山林と美しい日本海に恵まれた鳥取県。この環境が育む、上質な海の幸と山の幸をお取り寄せで堪能できます。なかなか旅行に行けない今、鳥取のカニや牛肉などを食べて、おうちで旅気分を楽しみましょう!

perm_media 《画像ギャラリー》自然豊かな山陰の幸を自宅で堪能! “鳥取の旨い!”をお取り寄せの画像をチェック! navigate_next

美味しい鳥取を満喫!!

中国地方最高峰の大山をはじめ、豊かな山林と美しい日本海に恵まれた鳥取県。この環境が上質な海の幸と山の幸を育んでいる。鳥取といえば水揚げ量日本一を誇る松葉がにが有名だが、実は和牛も逸品。鳥取系と言われる和牛の血統は口溶けを左右するオレイン酸を多く含むのが特長で、その味わいは極上だ。

また山で獲れるジビエも有名で、その品質の良さから東京のレストランにも出荷されるほど。そんな美味しい鳥取を満喫できるお取り寄せ商品をご紹介したい。

【海のごちそう】

上品な甘みと旨みを味わえる「松葉がに」獲れたてを茹であげるから鮮度抜群!

冷凍松葉がに 1枚

冷凍松葉がに 1枚(10500円/税込・送料込)

冬の味覚の王者といわれる松葉がには上品で繊細な味わいが最大の魅力。水揚げされた松葉がにを新鮮なまま地元で茹であげているので、獲れたてそのままの美味しさだ。

通称赤タグと呼ばれる因州和紙のタグは甲羅幅11センチ以上の高品質な松葉がにを証明するもの。

『髙島屋オンラインストア』でカニ商品をお取り寄せできる「蟹取県ウェブカニ キャンペーン」を開催中!(2021年2月28日まで)

[内容量]1杯(約500g)
[消費期限]製造日より冷凍で90日間
[取り扱い先]JU米子髙島屋
[URL]https://www.takashimaya.co.jp/shopping/special/FA16796/

松葉がに水揚げ日本一を誇る境港から直送で届く、豪快な「カニ鍋セット」

M12 境港産松葉がに 鍋用セット(カット調理済)

M12 境港産松葉がに 鍋用セット(カット調理済) 12000円(税込・送料込)

冬の鍋料理の王者といえばカニ。それも旨みのあるダシを楽しめる松葉がには最高の食材だ。カニの水揚げ日本一という、鳥取県・境港の『かにの渡辺』では、目利きが厳選した松葉がにを産地から直送してくれる。

鍋用セットはそのまま調理できるように加工されているので食べやすいのも魅力。箱の中には約2杯分の松葉がにがぎっしりで、たっぷりのカニみそは途中で鍋のダシに溶き入れたい。

[内容量]約2杯(約800g)
[賞味期限]冷凍で60日間
[電話]0859-47-2111(9時~17時、水曜定休)
[FAX]0859-47-2112
[取り扱い先]かにの渡辺
[URL]https://www.kaninowatanabe.co.jp/products/detail/86

門外不出の製法で手作りする百年の歴史が生んだ最高の「鯖鮓」

米吾 吾左衛門鮓 極上鯖

米吾 吾左衛門鮓 極上鯖(2900円/税込・送料別)

鳥取藩を支えた廻船問屋から始まった『米吾』。廻船問屋の船子たちが食べていた、お弁当から生まれたのが吾左衛門鮓だ。

その製法は昔ながらの手仕事で、例えば鯖鮓を包む昆布は、熟練した職人が大釜で丹念に炊き上げるが、味付けの調合は限られた者のみが行い、門外不出という。

晩秋から冬にかけて獲れる寒鯖の中でも特に大ぶりなものを厳選。身が引き締まり、とろけるような旨みを堪能できる逸品で、酒にも合う。

[内容量]1本(1~2人前分・530g)
[消費期限]製造日より常温で3日間
(開封後は早めにお召し上がり下さい)
[電話]0120-535-474(9時~18時、無休)
[FAX]0120-535-475
[取り扱い先](株)米吾
[URL]https://gozaemon.stores.jp/
(米吾通販サイト【米吾ショップ】)

【山のごちそう】

オレイン酸をたっぷり持つ「鳥取和牛」は口の中でとろけるような味わいが決め手

鳥取和牛 オレイン55 ももスライス

鳥取和牛 オレイン55 ももスライス(7500円/税込・送料込)

きめ細かなサシが入るのが和牛の特長だが、その脂にオリーブオイルの主成分であるオレイン酸を多く含む和牛がいる。鳥取系とよばれる和牛の血統がそのひとつ。

中でもオレイン酸を55%以上含んだ最上級の肉は『鳥取和牛オレイン55』というブランドになっているほど。オレイン酸を多く含む牛肉は脂が軽く、食べた時の口溶けも非常にいい。脂のキレがいいので、後味もさっぱりして、より赤身の旨みを感じさせるのだ。

[内容量]500g
[消費期限]冷蔵で2日間
[電話]0858-26-5529(9時~17時、日休)
[FAX]0858-26-2983
[取り扱い先]ミートハウス しょうじ
[URL]http://www.meat-shoji.jp/html/shopping_06.html

鳥取のきれいな空気の中で育った、きめ細かな肉質が特長の「鳥取牛」

鳥取牛 ヒレステーキ 3枚

鳥取牛 ヒレステーキ 3枚(6200円/税込・送料別)

鳥取県の牛肉は極上の食材としても知られている。鳥取県内で肥育されたホルスタイン種の鳥取牛は、中国山地のきれいな水と空気の中でのびのび育つ。

このステーキ用ヒレ肉は、鳥取県畜産農業協同組合が徹底した品質管理の下に厳選した商品。脂が少なくさっぱりしているものの、赤身は柔らかく、噛みしめると脂肉の旨みとほのかな脂の甘みを感じさせる。さっと焼いて、シンプルに塩やおろしポン酢でいただきたい。

[内容量]390g
[消費期限]冷蔵で加工日含む4日間
[取り扱い先]とっとり市
(鳥取県畜産農業協同組合)
[URL]https://tottori-ichi.jp/item_view.php?id=53306

猪だけにこだわってきた老舗が手がける、ジューシーで臭みのない「猪肉」

鳥取県産 天然猪焼肉用 ミックススライスセット

鳥取県産 天然猪焼肉用 ミックススライスセット(2600円/税込・送料別)

東京の有名レストランでも扱うシェフが増え、近年ますます注目が集まっているとっとりジビエ。中でも日本猪牧場は60年前から猪だけにこだわってきた精肉直売店だ。

鳥取県産天然猪の焼肉用ミックススライスセットは、ロース、バラ、モモ、ウデの4つの部位が入り、焼肉にぴったりな少し厚めのスライス。炭火のBBQで余分な脂を落とし、シンプルに塩、胡椒の味付けがおすすめ。臭みがなく、猪本来の旨みを堪能できる。

[内容量]500g
[賞味期限]冷蔵で2〜3日
[電話]0858-29-7729(8時~17時、不定休)
[FAX]0858-29-7729
[取り扱い先]日本猪牧場
[URL]https://item.rakuten.co.jp/inosisi29/10000004/
※入荷が不定期のため、注文後に時間がかかる場合もあります。可能な限り、電話以外での注文をお願いします

「鹿肉」の旨みをとじ込めた「スモーク」ほのかな燻香がお酒にもぴったり

鹿肉スモーク

鹿肉スモーク(1000円/税込・送料別)

解凍してそのまま食べられる鹿スモーク。上質な鹿肉のみを使っているのでクセがなく食べやすい

柔らかな燻香はビールやワインなど酒のおつまみに最適で、サラダのトッピングやフルーツにのせても◎。

[内容量]100g
[賞味期限]冷凍で約4週間
[電話]0858-85-5331(9時~19時、無休)
[取り扱い先]とっとり市(道の駅清流茶屋かわはら)
[URL]https://tottori-ichi.jp/item_view.php?id=51560

オレイン酸豊富な脂が持つ「コンビーフ」は、クリームのような口溶けにうっとり

鳥取和牛コンビーフ

鳥取和牛コンビーフ(2700円/税込・送料別)

鳥取和牛のA5ランク、オレイン酸55%以上の牛肉を使ったコンビーフ。

熱々の白いごはんにトッピングするのがおすすめだ。口中でふわりと消える極上の脂と、しっかりとした赤身の風味で箸が止まらない。

[内容量]160g
[賞味期限]冷凍で約2~3週間
[電話]0858-26-1129(9時~18時、日休)
[FAX]0858-26-2129
[取り扱い先]あかまる牛肉店
[URL]https://akamaru-shop.shop-pro.jp/?pid=130925587

以上、鳥取が誇る“うまいもん”厳選8品をご紹介しました。いつもの食卓を豪勢にしてくれる良質な食材・逸品です。ぜひお試しください!!

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
伝統的な和風のお重のほかにも、洋風や海鮮などバラエティに富んだ2022年のおせち料理を、おとなの週末が厳選しました。有名店や老舗料亭・高級ホテル監修など、こだわりの食材を使った納得の味わいのものが揃っています。
そろそろ本格的な冬支度。お世話になった方への贈り物や自分へのご褒美グルメにもぴったりの美味競演なウインターギフトを豊富に取り揃えました。
自宅のテーブルがレストランに変身!そんなスペシャルなお取り寄せはいかが?ミシュラン星付きの人気店シェフ特製の味わいや有名シェフ監修の味をさまざまに取り揃えました。ギフトにもおすすめです。
いよいよ新米の恋しいこの時期は相性ぴったりな“おとも”がマストアイテム。そしてご飯のおともは、日本酒やビールなどお酒のアテにも最高なんです。そんなどちらにもイケちゃう美味を、お取り寄せ。
魚屋の女将でもあり、オリジナリティあふれるメニュー開発で人気の料理家・栗原 友さん。その栗原さんが築地で営む、鮮魚とお惣菜の店「クリトモ商店」から、今回は厳選お取り寄せメニューをご紹介します!
最新記事
1985年、名バーテンダー高橋弘行さんが開業した九州きっての名門バー。鹿児島の旬の柑橘やフルーツを使ったカクテルが人気で、嘉之助蒸溜所のニューボーンも様々な飲み方を提案する。
美味しいのに、単体だと不思議と軽視されがちな気がするワンタン。なんだか妙にいじらしいその味わいを求め、街を徘徊してみました。
代表兼ソムリエの岡田壮右さんは、オーストリアのワイン大使の肩書を持つスペシャリスト。その実力は、ワインと鮨の著書も手掛けるほど。
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。細野晴臣の第2回も、「YMO以前」の状況がつづられます。美術家・横尾忠則の要望で、オール・キーボードのアルバムを制作することになり……。
ドイツの年末の風物詩が横浜で楽しめます。クリスマスまであと1カ月。恒例行事となった横浜赤レンガ倉庫のクリスマスマーケット『Christmas Market in 横浜赤レンガ倉庫』(11月26日~12月25日)が始まります。12回目となる2021年は「ギフト」をテーマとして、日本初上陸のグッズ販売に加えスノードームの手作り体験やファーストクラスの機内食の出店など、普段はなかなか体験できない、思い出に残るスペシャルな催しが盛りだくさんです。
get_app
ダウンロードする
キャンセル