MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
ポジティブな発展・繁栄の気に乗るには 麺類が効く!|2021年3月の開運メシ

ポジティブな発展・繁栄の気に乗るには 麺類が効く!|2021年3月の開運メシ

一陣の風とともに春の気配を感じ始めた今日この頃。3月を司るのは、そんな季節にぴったりな「風」や「自然」という象意を持つ「四緑木星」。草木が勢いよく成長し繁茂するように、人にも「発展」「繁栄」のエネルギーが強く働きます。この時期に「発展」させたいものは何ですか? そしてその気に乗るために必要なこととは……?

perm_media 《画像ギャラリー》ポジティブな発展・繁栄の気に乗るには 麺類が効く!|2021年3月の開運メシの画像をチェック! navigate_next

まず知っておきたい! 2021年3月の全体運

2021年も2ヶ月が過ぎ、そろそろ今年の目標が定まりつつある3月。

「発展」「繁栄」のエネルギーを持つ四緑木星が司り、良いことも悪いことも「グンと伸び始める」とき。これまで温めてきたものが急速に成長を始めたり、思いもかけないところから芽が飛び出すことも!

ビジネスを軌道に乗せたり、人間関係を良くしたり、ポジティブな発展の気に乗るためには、まず「自分自身を整える」ことから始めよう!

穏やかでバランスの良い心と健やかな体を目指し、朝起きたら丹田に力を入れて3回深呼吸を!

ポジティブな発展・繁栄の気に乗るには

「うどん」「そば」「ラーメン」の麺類が効く!

3月をサポートする「開運めし」はズバリ「麺類」!

世の中の「長いもの」は四緑木星の象意。食物においても四緑木星の質を受け継ぐのは「長い食べ物」ということで、3月は「麺類」推しで!

九星気学では「怒りがすべてを破壊する」というフレーズをよく使いますが、現実社会のビジネスの場でも人間関係においても、感情的な行動はマイナスにしか作用しません。短気になったり、ちょっとしたことでイライラするのは自分自身の「気」が乱れているから。

物事を良い方向へ発展・繁栄させたいなら、まずは自分の「気」の乱れを整える=心と体を整えることが大前提! 細長い麺類を食べながら心と体を整え、発展・繁栄の気をゲットしよう!

3月に食べるべき、オススメの開運メシをチェック!

いわしや

ツルンとした喉越しの極上の一杯は、注文してから完成まで10分弱。この待ち時間を使って静かに心のリセットを!

そば

引っ越し蕎麦、年越し蕎麦……3月には雛蕎麦というお雛様にお供えする蕎麦もあるそう。
縁起を担いで「発展」の気に乗ろう!

ラーメン

四緑木星の「気」を存分にいただくにはピッタリなラーメン!
今月はメタボやダイエットを忘れてぜひ召し上がれ!!

九星別 3月の運勢


「九星気学」とは、世の中に流れる「気」を9つの質や象意に分類し、運勢を読み解いていく学問です。

「運命は自ら切り拓く」という考えのもと、「気」の流れをとらえ、今が「攻め」なのか「待ち」なのか? 「動」なのか「静」なのか?

行動の指針として活用できます。

個人の九星は「生まれた年」により「本命星」として決まっています。

まずは下の本命星一覧表から生まれ年を元に自分の「本命星」を調べ、今月の運勢を見てみましょう。


※九星気学では2月4日〜翌年2月3日を1年としているため、1月1日〜2月3日生まれの人は前年生まれとなります。
例)1966年1月15日生まれ → 1965年生まれ=八白土星



運気が回復へ向かう3月は、発する言葉がポイントに。
あえてプラスの言葉を使うことで、気持ちもグンとアガるはず。
「よし! ここから」と自分に発破をかけ、
持ち前の粘り強さで前進していこう!
新しい情報もいろいろ耳に入ってくると同時に、
初体験の世界にも興味を持つとき。
臆せずどんどんトライするのがオススメ!
また、今月は老若男女問わず人からの相談が増えそう。
笑顔で聞いてあげるだけでも喜ばれるはず!

慎重派の二黒土星が、考える暇もないほど
活発に動き回ることになりそうな3月。
コロナ禍においても、人からの依頼を受けて
飛行機に乗り遠くまで足を運ぶことが増えるかも。
万全の対策を講じた上で、ぜひ積極的に動いていこう!
人の縁がグンと広がりさらに発展していく予感。
中でも大切なことは人の忠告をしっかり受け止めること。
さりげない言葉の中にあなたに必要なメッセージが
隠れているので聞き逃さないように!

運気絶好調の3月は、
もともとアクティブな三碧木星が一気に走り出す。
ただ、勢いづくと周囲が見えなくなるのが玉にきず。
調子の良い時こそ、落とし穴にハマらないよう要注意!
自分自身に悪いところがなくても、
人の「嫉妬」や「恨み」を買いやすいので気をつけて!
そこから悪評が立ちすべてが台無しになることも。
情熱を持てるものが見つかっても、
猪突猛進するのではなく、
ゆっくり丁寧に関わることを心がけよう!

夢中で登った山の山頂で、ひと休みするイメージの3月。
頂上から見渡す景色に「あれ?」と思うことが出てきそう。
たとえば、これまでがんばってやってきたことに、
軌道修正や方向転換が必要になったり、
予想以上の期待にプレッシャーを感じることもありそう。
どんなことがあっても、今月はどっしりと構え、
じっくりと取り組む勇気を持つことが大切。
超えられない壁や試練はありません。
広い視野と大らかな心で解決を!

ワクワクな気分になれそうな3月!
コミュニケーションが活発になり人間関係も華やかに。
楽しいお誘いも増えるとき。
コロナ禍なので、リモートなどで工夫をしながら、
「食べる」「喋る」という場へはぜひ参加してみよう!
また、やってきたことの成果や結果など、
何かうれしい収穫を得られそう。
感情を表現するのが苦手な五黄土星も、
その悦びを周囲と分かち合うことで、
さらなる悦びが生まれるはず! 笑顔を忘れずに!

調子は悪くないが、突如目の前に
何か立ちはだかるものが出てくる予感の3月。
それは小さな、あるいは大きな変化の前触れかも。
たとえそれがトラブルだったり、自分の思惑と違うことでも、
新しい目標や目的を掲げるチャンスだと思って対応を!
ただし、積極的に進むことばかりが良いとは限らない。
状況に振り回されず、まずは一歩引いて俯瞰することが大切!
タイミングが来たとき、サッと行動できるようしっかり準備を!

転居や転職などをはじめ、環境や生活に変化が起きやすい3月。
とくに七赤金星は、思考や価値観など、
自分の内側にも変化が起きそうだ。
中には人生を変えるような大きな決断を迫られる人がいるかも。
人は安定を好むから、変わることに不安を抱くが、
自分を信じ、アグレッシブに乗っていくと運気アップへ!
何か専門的なことを学び始めるのもオススメ!
新しい世界の扉が開くきっかけに。
目上の人のアドバイスも参考に。

良くも悪くも何かと目立ってしまう3月。
あなたの一挙手一投足が見られていることを意識し、
「できる人ほど謙虚」を心がけて行動を!
もともとどっしり構えている八白土星だが、
今月は、感情を揺さぶられることが起こりやすい。
でもこれが、今の自分を見直し、
新たな自分を発見するいいチャンスに!
また、困った時は無理やガマンをせず、周囲に頼ること。
「お願いします」「ありがとう」という言葉がピンチを救うよ!

やる気がイマイチ、なんとなく体調が悪い、
孤独感に襲われるなどテンション低めの3月。
周囲の元気な人たちを見て、
気持ちばかり焦る九紫火星もいるかもしれない。
でもこれは、大きくジャンプする時に膝を曲げて沈み込むように、
運気がアップする前の沈み込みだと思って、
まずは1人でゆっくり過ごす時間を大切に!
外側に向けた行動より、
今は自分の心に栄養を与えること、
自分のベースをしっかりつくることに目を向けて!

このグルメ記事のライター
鈴木彩夏

しゃべること、食べること、飲むこと大好きの七赤金星。 「九星気学」読み解きのおもしろさにハマり、ただいま絶賛開運中!!

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
新年度や新学期がスタートする4月。背筋がシャキッと伸び、心が引き締まる一方で、これから出会う新しい何かにワクワクドキドキする人も多いはず。そんな4月を司るのは、九星の中でも一番やんちゃで明るい「三碧木星」。今月はとにかく「陽気に明るく」、「無邪気に楽しむ」ことが開運のカギになる!
九星気学に基づいてお届けする開運メシ。2月は二十四節気では1年のはじまり。自身の運勢を照らし合わせながら、節目のときだからこそ食べたい料理をチェック!!
2021年がスタート!  トップバッターで運勢を司る星は「六白金星」。「六白金星」は1月だけでなく、2021年という1年を司る星でもある。ということで、実は1月に起こる出来事や事象を見ることで2021年の傾向がわかるというわけ。良いことにも悪いことにも、肝心なのは「どう向き合い、どう対応するか?」。 さあ、お楽しみのはじまりはじまり〜!
2020年は、すべての人が「仕事」「お金」「人間関係」などを通じて、自分の人生と真剣に向き合う1年となったに違いない。 12月はそんな1年を司ってきた七赤金星が支配するので、2020年を振り返る総決算の月として、特に自分にとっての「人生の悦び」と、もう一度向き合いたい。やり残したことはないか? あるならそれをきちんとやりきる1ヵ月にしよう!
「あっという間に今年も終わっちゃいますね」という声が、聞こえてきそうな11月。 しかし油断するなかれ! このままでは終わらない! 11月には、180度価値観がひっくり返るような体験をする人、家や仕事が変わったりする人などなど、いったいなにが飛び出すのか? というほどの、今年いちばんの「変化」が待ち構えている暗示。 そんな「変化」の波に乗るには……!
最新記事
端正な蕎麦だけが蕎麦屋の魅力ではない。蕎麦だけでなく丼ものやカレーなんてのもしみじみ旨い懐の深さ。そんな肩肘はらず、定食屋使いができる町の蕎麦屋を集めてみました。ここではカレーが美味しいお店をご紹介します。
創業昭和25年の老舗。メニューにレシピはなく、先代の仕事ぶりを見て覚えた味を提供している。
「鯖街道」を有する福井県若狭地方で新たなブランドサバが誕生していました。こだわりと愛情がたっぷり詰まった「よっぱらいサバ」に出合うため、サバジェンヌが福井県までやってきました。
端正な蕎麦だけが蕎麦屋の魅力ではない。蕎麦だけでなく丼ものやカレーなんてのもしみじみ旨い懐の深さ。そんな肩肘はらず、定食屋使いができる町の蕎麦屋を集めてみました。ここではカツ丼が美味しいお店をご紹介します。
東京・表参道にある新潟県のアンテナショップで、食欲がそそられる一品を見つけました。老舗蒲鉾店「竹徳かまぼこ」の人気ナンバーワン「煮玉子しんじょう」です。丸いしんじょうをふたつに割ると、とろとろの半熟玉子が現れました。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル