MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
green glass(そば/中井)|産地で変わる蕎麦を利き、酒と料理を味わう

green glass(そば/中井)|産地で変わる蕎麦を利き、酒と料理を味わう

中井エリアのそば屋「green glass(グリーングラス)」のおすすめメニューのグルメ記事と写真のページ。店主の関根さんは名店「眠庵」で腕を磨き、産地の違う蕎麦の個性を引き出す技を学んだ。その違いを食べ比べる2種盛りはそば通も納得の味わいだ。[交通アクセス]地下鉄大江戸線ほか中井駅A1出口から徒歩4分

perm_media 《画像ギャラリー》green glass(そば/中井)|産地で変わる蕎麦を利き、酒と料理を味わうの画像をチェック! navigate_next

green glass(最寄駅:中井駅)

蕎麦前のハイライトは関根さんの出身地・静岡の郷土料理「静岡おでん」。一見素朴な料理に見えるがその実、滋味がこぼれる黒はんぺん、ちくわ、こんにゃくなどすべて混ぜ物のない種を吟味している。日本酒のほか、静岡のベアードビールや食後用に関根さんが集めたヴィンテージウイスキーもあるので興味があれば尋ねてみたい。

もりそば
900円

蕎麦はふたつの産地を用意。取材時はソフトな風味の北海道産と香りも味もしっかりとした福井産

静岡おでん おまかせ盛り合わせ
1350円

魚粉を振りかけるのもお約束。日替わりのおでん種も

白エビオイル漬け
730円

自家製のオイル漬けは季節で内容が変わる

タラコオイル漬け
680円

左から「志太泉純米吟醸ラヂオ正宗」(860円)、「君盃責め取り純米酒」(896円)、「金明強酸味」(896円)

お店からの一言

店主 関根美徳さん

「飲んで食べるなら気軽なコースもおすすめです」

green glassの店舗情報

[住所]東京都新宿区上落合3-28-9 [TEL]03-6908-9259 [営業時間]火~木、土12時~14時、月~土17時半~23時(21時以降は要連絡)※ランチタイム有 [休日]月・金の昼、日 [席]12席/全席禁煙/予約可/カード不可/サ・お通し代なし [交通アクセス]地下鉄大江戸線ほか中井駅A1出口から徒歩4分

電話番号 03-6908-9259
2017年12月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
自家製粉にこだわる、2代続く町の蕎麦屋さん。北は北海道から南は島根県まで、各地の蕎麦農家から収穫の出来や時期に合わせて仕入れ、そのときいちばん美味しい玄蕎麦を店で挽く。
立ち食い蕎麦、そしてセルフサービスのチェーン系蕎麦店。そんな気軽に味わえる蕎麦屋が今、どんな蕎麦屋よりもおもしろ美味しく大繁盛中なのだ!! 東京、神奈川にあるお店11軒をドドンとご紹介!
天然や地物にこだわり季節感を大切にしている。当日、何が出てくるかは暖簾をくぐってみなければ分からない。
立ち食い蕎麦のトッピングの王様といえば、これはもう天ぷらである。
 そんな天ぷらが白眉の店が、本郷三丁目の『そば処 はるな』。
端正な蕎麦だけが蕎麦屋の魅力ではない。蕎麦だけでなく丼ものやカレーなんてのもしみじみ旨い懐の深さ。そんな肩肘はらず、定食屋使いができる町の蕎麦屋を集めてみました。ここではカレーが美味しいお店をご紹介します。
最新記事
洋食屋さんのカツレツはいつだって優しくてあったかい。それは単なる料理の温もりだけじゃない。
コロナ禍でも続々とオープンしているラーメン店。その中でも食べて納得の醤油ラーメンを提供する店を調査。今回は神奈川編。スープを飲み、麺を啜れば、ほっこり落ち着ける至福の一杯が楽しめるのはココだ!
ライター・菜々山いく子が、くすんだ日常生活に彩りと潤いを与えるYouTubeの魅力を紹介する本記事。今回紹介するのは「日本食冒険記」。これなんぞ?と思うでしょう。出演者は、訪日&在日外国人。飲食店で食事しながら日本食に対する思いを語っているのです。
コロナ禍でも続々とオープンしているラーメン店。その中でも食べて納得の醤油ラーメンを提供する店を調査。今回は東京編。スープを飲み、麺を啜れば、ほっこり落ち着ける至福の一杯が楽しめるのはココだ!
「素直に美味しいと思える野菜を扱いたい」と八百屋を開いた小松さん。小さな生産者から無農薬で化学肥料を使わない野菜を仕入れている。
get_app
ダウンロードする
キャンセル