×

気になるキーワードを入力してください

SNSで最新情報をチェック

icon-gallery

蕎麦屋の営業は、休憩なしで夜は早めに閉まる—。それも今は昔。通し営業が珍しくなりつつある。昼から一杯、遅めの昼食、どんなニーズにもピタッとハマるありがたきお店の中から厳選の3軒をご紹介します。

icon-gallery

【11時〜20時半】『能登治(のとじ)』@新橋

丁寧に本物を受け継ぐ老舗ながらの味わい

ご主人の七尾信昭さんが6代目、落ち着いた昔ながらの蕎麦屋の佇まいはやはりいい。昔から変えてないという蕎麦ツユはカツオ節に醤油、みりん、砂糖だけを使う。心持ち甘めなのは新橋がかつて花町だった名残りだとか。風味の飛ばない胴搗(どうづき)という製法で挽かれた北海道産の蕎麦はのど越しのいい二八だ。

通しで営業できるのは「家族でひとつの仕事をしているから」とご主人。何十年来というお客さんも多い中、ちゃんと手の入った仕事がされた料理には温かみがある。

鴨とじそば 1670円

『能登治(のとじ)』鴨とじそば 1670円 国産の合鴨に千住ネギ、奥久慈の地卵を使用。鴨は噛み締めると旨みがジュワッと染み出してくる

自慢のひとつは、近くの鳥肉問屋から新鮮なまま仕入れる国産の合鴨を使った蕎麦や料理。鴨とじの鴨にはムネ肉もモモ肉も入り、噛み締めるほどにジュワジュワ〜。一緒にすする蕎麦がたまらない。

『能登治(のとじ)』

[住所]東京都港区新橋3-7-5
[電話]03-3591-3584
[営業時間]11時〜20時半(20時LO)※土・祝は〜15時半(15時LO ※月の祝日は休み)
[休日]日・祝
[交通]JR山手線ほか新橋駅烏森口から徒歩5分

【7時〜15時】『長生庵(ちょうせいあん)』@築地

圧倒的な旬のバラエティ 築地で朝から満喫!

築地で今年で52年。旨いものを知ってる市場関係者の舌とわがままを支えてきた実力は伊達じゃない。7時から15時までは通し営業。朝から一杯やる人、朝飯や昼飯、昼酒……いろんな客がいる中でその全部に応えるべく増えたメニューに心意気が伝わる

朝定食 1000円〜(平日朝7時〜 数量限定)

『長生庵(ちょうせいあん)』朝定食 1000円〜(平日朝7時〜 数量限定) 平日朝7時からは数量限定の朝定食(日替わり)も。週イチで登場する「9種のおかずの朝定食」はご飯とかけそば付きも好評 ※朝定食は12月は繁忙期につきお休み

北海道産の粉をベースにした二八に近い蕎麦は昔の出前の名残もあり、伸びにくく、のど越しよし。バランスのいいツユとともに〆にするっと食べるもよし。料理は刺身あり、天ぷらあり。

築地ならではの本マグロはじめ、新鮮な魚介や季節の食材を使ったものが入れ替わり立ち替わり。人気の海鮮10色丼とのセットをはじめ、蕎麦はセットや季節の限定ものも次々。どれも旨いとなれば選ぶのが悩ましい。

『長生庵(ちょうせいあん)』

[住所]東京都中央区築地4-14-1 モンテベルデ1階
[電話]03-3541-8308
[営業時間]7時(水のみ11時)〜15時(14時半LO)、土:7時〜15時半(15時LO)※夜はコース予約のみ17時〜20時
[休日]日
[交通]地下鉄日比谷線築地駅1番出口から徒歩5分

次のページ
【12時〜20時】『驀仙坊(ばくざんぼう)』@中目黒...
icon-next-galary
1 2 3icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

関連キーワード

この記事のライター

おとなの週末Web編集部
おとなの週末Web編集部

おとなの週末Web編集部

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。2月15日発売の3月号では、「サクッと“とん活…